スタッフコラム

「不安」に対処する姿勢、あなたは気分本位?目的本位?うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の準備に!

投稿日:2017年7月27日

リファイン就労支援センターでは、うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、ご利用者様同士のグループワークでコミュニケーション能力を発揮するプログラムを日々行い、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたは、気分本位と目的本位という言葉を聞いたことがありますか?

気分本位とは、気分を重視した行動姿勢のことを言います。例えば、次の授業までに宿題を指示されて、やらなくてはいけないと考えつつもも、気分が乗らない。そしてついに授業が翌日にせまって焦ってしまうような状態。
気分本位とは、「やる気が出てきたらやる」というように、自分の気分に任せて行動をしてしまうことです。

逆に目的本位とは気分に捕らわれず目的を果たすことを第一に考える態度のことを言います。
「気分が乗らない」とか「怖い」などの感情に流されるのではなく、いま目の前にあるやるべきことをとにかく行います。目的本位とは、自分の思い通りになる行動を重視する態度のことをいいます。宿題をやり始めたらその間の気分は問題ではありません。気分が良かろうか悪かろうが、宿題が終わらなければ目的は達成できず、宿題が完成すれば目的達成とします。

今回のプログラムは、「不安のセルフチェックシート」にチェックをして、自分の行動姿勢が気分本位か?、目的本位か? 行動傾向をモニタリングして、今少しでも「不安」を解消する為に、どんなに小さなことでも自分で出来る行動策を考えてみました。

あなたも、リファインプログラムを経験して、メンタルヘルス不調からの社会復帰を目指してみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ