スタッフコラム

~ポジティブチェンジ 言葉の影響~うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等のメンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の力に!

投稿日:2017年8月2日

リファイン就労支援センターでは、うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、ご利用者様同士のグループワークでコミュニケーション能力を発揮するプログラムを日々行い、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたの使う普段の言葉は、ポジティブですか?それともネガティブですか?

今回のプログラムは、認知と行動のプログラムの一環として、「ポジテイブチェンジ」、~否定的な言葉を肯定的な言葉に変える~を行いました。
言葉は私たちに大きな影響を与えるものであり、人生をプラスにもマイナスにもしてしまうインパクトがあると言われます。
ポジティブな言葉は、より良い雰囲気を引き寄せ、人生をより豊かなものに導いてくれます。
反対にネガティブな言葉を使うと、・可能性が見えなくなる ・建設的な話が出来ない ・過去の結果、過去の自分に囚われてしまうなど、
人生に悪影響を与え、負の連鎖の現実をも引き寄せる可能性があります。

本日のプログラムは、ご利用者様毎に自分が普段使っているネガティブワードをポジティブワードに記入して頂き、グループワークでシェアを行いました。

あなたもリファインプログラムを受講して、生き生きと豊かな人生の再設計を行いませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ