スタッフコラム

「職業興味検査」で自分を知る!うつ病・適応障害等メンタルヘルス不全からの回復と社会復帰の準備に!

投稿日:2018年5月10日

うつ病やパニック障害・適応障害等のメンタル不全からの回復・改善と、
就職・再就職等の社会復帰をサポートするリファイン就労支援センターでは、
再発の防止だけではなく、以前よりも活躍して頂くことを願ってプログラムを行っています。

今回のワークは、リファイン就労支援センターで、通所を始めた皆さんに受験して頂いてる「VPI職業興味検査」を基に、キャリア開発のワークを行いました。VPIはアメリカの心理学者ジョン・L・ホランドによって開発されたものです。

この検査は6種の職業興味に対する個人の興味・関心の強さを測定するとともに、個人の心理的傾向を5つの領域について把握でき、自分の特長と分類と結びつけて考えていけるようになり、自分と親和性がある職業を知ることができるので、就職する際の職業選びの指針として役立てることができます。

今日は6種の職業タイプに分類しました。

R現実的 I研究的 S社会 A芸術的  E 企業的 C習慣的

そしてグループ毎に、何故選択したかを共有することで、様々な職業理解や選択理由があることで更に自身の理解も深まります。

そして3位までのタイプを組み合わせて興味に合った職業を出していきます。

どういったタイプの職業に興味があるのか、どういった考え方の傾向があるのか、自分でも知らなかった一面や気付きの機会に繋がったようです。

利用者様の声を一部紹介します。

・自分の色んな可能性を知ることができた。

・通所当初と結果が異なり、自己理解が進んでることを実感できた。

・今回の結果が自己分析にとても役立っていい指標になる。

リファインでは様々な気づきを実感できるワークを日々行っています。あなたもこれからの人生を少しでも快で過ごすために、リファインプログラムを受講してみませんか!

 

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ