スタッフコラム

コミュニケーションのギャップに気づく!うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰後の力に!

投稿日:2018年8月2日

リファイン就労支援センターでは、うつ病や適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいる
ビジネスパーソンの方に、回復・改善と就職支援、職場復帰に向けて、認知行動療法を
ベースにしたプログラムやビジネスシーンで役立つスキルを知る・解るから出来るようになる様、
実践的プログラムを行い、これからの人生をより豊かにしていく為に「生き方のビジョンの再構築」のお手伝いをしております

同じ出来事に一緒に遭遇したとすると、大抵の人は考えている事や感じていることは同じだと思い込んでいませんか? 私たちの脳は。受け取った全ての五感情報をそのまま処理せず、個々のフィルターで「一般化」「削除(省略)」「歪曲」をしているのです。

今回のプログラムは脳のフィルターを原因として起きている、コミュニケーションギャップについて考えを深めてみました。

個々で感じた「わかってもらえない、なぜか話が行き違ってる?理解してもらえなかった、」そんな体験をグループワークを通して話すことで、言葉一つ一つの捉え方にも一人一人異なることがわかりました。

「相手の言っている事を、わかったつもりにならないこと」「思考の制限を自覚し、選択の可能性や幅を広げること」こうした考え方を持っておくことで、多くのコミュニケーションギャップを解消することができることに気づくことができました。

あなたも、リファインプログラムで様々な気づきを体験しにきませんか?

 

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ