スタッフコラム

雑談の力を試してみる!うつ病・適応障害等メンタルヘルス不調の克服と社会復帰の準備に!

投稿日:2018年10月12日

リファイン就労支援センターでは、自己理解・他者理解を深めるプログラム、より良い人間関係構築の為に必要なコミニュケーション能力開発プログラムでうつ病や適応障害などメンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスマン・サラリーマンの方の社会復帰、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

本日は雑談を楽しむ「茶話会」をご利用さま全員で行いました。
リファイン就労支援センターでは、定期的に「茶話会」を開催しています。
お菓子、飲み物を楽しみながら、ご利用者の皆さまで交流し、親睦を深めることを目的としたプログラムです。

「自分が言いたいことを話し、なんの実りもないのが世間話。それに対し、会話のなかで相手の情報を得ながら距離を縮め、信頼関係を築くのが雑談です」

雑談力を磨くことで、人とのコミュニケーションがスムーズになり、仕事やプライベートに、さまざまな利点がおきます。
「初めはどんな話題から話をしたらよいのか?」と迷う人も多いかと思います。
自分から話を始める話題としては、天気の話や最近関心を持った出来事、通勤途中の話や地元の好きなお店の話など身近な話でも、自分から情報開示をすると、相手も質問しやすく、心を開きやすいと言われています。
そして相手の話を傾聴すること、相手から話を聞き出すことに意識を向け、相手の気持ち(感情)に共感を示すだけでも、間接的に相手を認めることにも繋がります。

「茶話会」でのテーマやルールは特別ありませんが、いわゆる「雑談力」を試し、日々行っているコミュニケーションプログラム、自己理解、他者理解をより深める良い機会でもあるとリファイン就労支援センターでは考えています。

本日の「茶話会」はご利用者様の朗らかな笑顔と途切れない会話で和やかな雰囲気の午後の「茶話会」となりました。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ