スタッフコラム

〜あなたの聞き方は?〜うつ病などメンタルヘルス不全の回復と社会復帰のための力に!

投稿日:2016年11月28日

リファイン就労支援センターでは、うつ病や適応障害などメンタルヘルス不全で苦しんでいるビジネスマン・サラリーマンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、ご利用者様同士のグループワークでコミュニケーション能力を高めるプログラムを日々行い、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたは自分の「聞き方」の特徴を理解していますか?

本日のプログラムは、コミニュケーションワークの一環として「上手な聞き方チェック」を行いました。
様々な職業分野の人を調査した結果、人は目覚めているときの約70%が何らかのコミュニケーションに費やされているそうです。
その内訳は、・書く事9%・読む事16%・話す事30%・聞く事45%1日の約半分を聞くことに費やしていると言えます。
聞くポイントとしては、➀うなづきや、あいづちを打つ ➁話の邪魔はしない➂オウム返し たとえば、話し手「~ってことがあって、悲しかったんだ」、聞き手「そうだったんだ、悲しかったんだね」➃否定しない➄視線の向け方について、レクチャーを行い、個人作業として聞き方チェックシートで現状を分析して、自分の聞き方の得手、不得手、特徴、その背景と自分で伸ばしたい聞き方のポイントを記入頂き、グループワークでシェアを行い、自己開示、他者理解、自己理解を深め相互にアドバイスを頂くことができた有意義なワークとなりました。

メンタルヘルス不全を克服して、社会復帰した際には職場でのラポール(信頼関係)構築が不可欠になります。そこでは自ら「聞く」ことが求められると思います。
あなたもリファインプログラムで、社会復帰への実践的なスキルを身に着けませんか?

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ