スタッフコラム

「印象の交換」自分が思う自分と他人が見た自分をしる!うつ・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の力に!

投稿日:2019年1月21日

リファイン就労支援センターでは、うつ・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、これからの人生を再設計して、以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

自分の印象を他者に聞いてみることはありますか?
人から言われて、えっ?実は違うんだけどな・・・と感じることありませんか?
でも、その印象は他人から見たあなたの印象なので、正しいのです。

人が人に与える印象は、出会ったその瞬間で8割以上も決まってしまうと言われています。その出会った瞬間に、目から入ってくる視覚情報というのは、外見(身だしなみや表情)と態度(挨拶や姿勢)です。
人に与える印象は、(特に第一印象は)その後の関係性を決定するとても大切なものと言えます。

今回のコミュニケーションワークは、「印象の交換」を行いました。
四人程度のチームを組んで、雑談をしていただきます。そしてワークシートに並べられた、沢山の形容詞の中から、その人に合った言葉を選び、その理由のフィードバックを行います。
自分でも知らなかった自分の印象や、他人から見られてる印象、同じ形容詞でも人によって捉え方が異なります。
他人があなたに持つ印象は、その人の価値観にも気づくことができるワークとなりました。

あなたも実践的なリファインプログラムを体験してみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ