スタッフコラム

うつ病やパニック障害・適応障害からの就職・復職!(自分のやりたいことを書き出してみる!)

投稿日:2014年8月20日

「やりたいことはありますか?」

と聞かれたときに、すぐに思い浮かぶものがある方は少ないかもしれません。

体調がしんどいときは特に、「何かやりたい」ということよりも、

「まずは休みたい」、「体の調子を整えたい」

という気持ちが優先されます。

うつ病やパニック障害・適応障害などを発症して、苦しまれた方が、

再就職や就職・転職・復職を目指す上では、「やりたいこと」を整理して、回復・改善していくことは大切なことです。

リファイン就労支援センターに通われるご利用者様の、回復状態もひとりひとり違う為、

やりたいことがたくさん出てくる方もいれば、

それほど多くはない方もいらっしゃいます。

たくさんやりたいことがあることが、必ずしもいいわけではないので、

今の自分の状態を知るきっかけになったようです。

やりたいことを整理するカテゴリーとしては、

「お金」「所有物」「無形のモノに対する欲求」「体験」「仕事」「健康」「人間関係」「家族」「自己実現」

の9つのカテゴリーごとに、やりたいことを書いていきました。

夢と言うと構えてしまいがちですが、

カテゴリーを分けて、やりたいことを書き出してみると、

普段は考えていないことも少しずつ出てきます。

現実を見るのは大切ですが、夢見る力を失ってしまっては、

活力が減ってしまいます。

今の自分の「やりたい」を整理して、どんなやりたいがあるかを自分で認識することで、

自分の大切にしていることや、自分の価値観を発見できていきます。

一人で考えて書き出した後に、グループで発表をすることで、

周りの人との違いから、自分を知るきっかけになりました。

すぐに全部をやるわけではありませんが、

自分の大切にしたい価値観に基づいて、小さな一歩を踏み出す行動を起こすと、

自分への自信や、自己肯定感が増していきます。

うつ病やパニック障害・適応障害などを克服して、再就職や就職・転職あるいは復職に近づいていきます。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ