社会復帰された方の声

K.Y.さん(20代:女性)

2016年の2月に休職し、同年7月に退職。翌年の2月から約1年リファイン就労支援センターに通いました。

休職からリファインに通うまでは1人で病気と戦い、孤独で不安な日々を過ごしていました。

体調が若干安定した頃、医師の勧めでこちらに通うことになりましたが、初めは何も期待していませんでした。

しかし、同じ苦しみを知る利用者の方達の温かさや、スタッフの方々のサポートを通して次第に

「ここで自分を立て直したい」と思うようになりました。

それからは充実した毎日を送ることができました。

ワークでは自分の苦手とする場面への対処方法を考えたり、心理テストで得た自己分析の結果からストレスコーピングを見つけたりと、たくさんの学びがありました。

暖かい季節にはみんなで課外散策に出かけて四季を肌で感じ、リフレッシュすることもありました。

そうした充実した毎日を送っているうちに、自分がどんどん回復していることを実感しました。毎日プログラムを受けて信頼できる仲間と交流しているうちに、社会復帰に耐えうる体力と気力を取り戻すことができたのです。

就職活動では、リファインの就職支援のおかげで複数の内定を獲得することが出来ました。

そして、その中から第一志望の会社を選びました。

就活を終えた今、一人で取り組むよりはるかに納得がいく活動ができたと思っています。

リファインは卒業して終わりではなく、定着支援として社会に出た後もサポートして下さいます。

万が一また不調が起きたとしても助けを求められる場所があることで、安心して社会に出ることが出来ます。

今後はここで学んだことを活かして、豊かな人生を歩んで行きたいと思います。

リファインでお世話になった全ての方に感謝いたします。本当にありがとうございました。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ