卒業生の声

A.A.さん(40代:女性)

会社でのトラブルでメンタルダウンし自宅療養していたところ、
主治医に勧められたリファイン。
「少しでも弱点を解消できれば」と通所を始めると、私の中にいくつもの大きな変化が現れました。
たとえば、前を向いて歩けるようになったこと。
かつての私はずっとうつむいて歩いていました。
自分でもよくない癖だとわかっていましたが、他人と関わりたくない気持ちや他人の視線の恐怖から、どうしても顔を上げることができなかったのです。それが通所1カ月ほどで前を向いて歩くことができるようになり、同時に文字通り「前向き」な感情が自然と浮かんでくることが増えてきました。
また、対人面もガラッと変わりました。コミュニケーションに苦手意識があり、人づきあいを避けがちだった私が、リファインでのワークを通して苦手意識を克服したばかりか、本来は他人と関わっている方が快の状態でいられるということに気づいたのです。

そして、いきいきと自分らしく働くために転職しようと決断するに至りました。多くの場合、転職活動は不安がつきまとうもの。メンタルダウンからの社会復帰となればなおさらです。ですが、上記のような変化を経た私は、転職にあたっても「何とかなるだろう」と考えていました。
「自分取扱説明書」や日頃のワークで見つめ直した自分の強みや価値観、それらをアサーティブに伝える力は、面接の場では大きなアドバンテージとなるからです。また、「リファインがついていてくれる」という安心感は心の余裕につながり、落ち着いて転職活動に取り組むことができましたし、ときに専門家を交えながら、多くのサポートをいただきました。
その結果、40歳代、初めての転職、未経験業界で待遇アップという、独りでは困難な転職を叶えることができました。

私にとって、リファインは弱点を解消する場所というより、強みを手に入れる場所でした。ここでの貴重な経験は、今後も豊かな人生の大きな支えになってくれると思っています。