卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

T.Tさん(30代:男性)

私は、2015年1月中旬から正式利用を開始し、およそ9ヶ月間リファイン就労支援センターを利用しました。目的は、認知行動療法で再発しない術を身につけることと自分自信の性格に合った就職先を見つけることです。
9ヶ月間は長いようで短い時間でした。そのように感じることが出来ているのも、素晴らしいスタッフ、そして素晴らしい利用者と共に充実した時間を過ごしたからだと思います。
いくら感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

私は、2006年6月頃にうつ病を発症し、休職と復職を繰り返しつつも2008年8月頃に寛解しました。しかし、2011年12月頃再燃しました。この時も休職と復職を繰り返しました。最終的に仕事が自分に合っていないと判断し、2013年9月に退職しました。

年が明けてアルバイトを始めながら就職活動をし、2014年6月に前職とは異なる職種に就きました。しかし、入社してみると面接の時に聞いていたよりも残業が格段に多く、また、職務内容の難しさから結局は病気を悪化させ、12月に退職しました。

そして身内から心理カウンセリングを勧められ受けた結果、育ってきた環境などからストレス耐性が弱いとわかりました。また、症状としては軽いのですが治っているようで治っていない状態で、病気が慢性化しており、何かのストレスがかかるとすぐにうつ症状に陥りやすくなっていると言われました。
対処方法としては、認知行動療法が最適だろうとアドバイスをいただき、主治医に相談したところリファインを紹介されました。

「自分取り扱い説明書」なる物を作成するという所に興味が湧き、すぐに電話をかけて予約を取り、体験に行きました。
いざ行ってみると、そこは本当に福祉事業所なのかな?と勘違いするくらい闊達な意見交換が行われる場でした。体験期間を終えて、家族と相談し、リファインに通所することが社会復帰への一番の近道と結論付け正式に利用することにしました。

ワークは、心理カウンセリング、客観的な物事の捉え方、自己表現の方法、コミュニケーションの取り方、毎日の感情日記など認知行動療法の主だったプログラムの他にも視覚機能トレーニング、ラジオ体操、ヨガ、散策などフィジカル面の取り組みもあり、心身ともに健康に戻すための内容でした。
個人的に、心と体は互いに影響しあっているという考えを持っているため、そういった面でも非常に相性が良かったと思います。

また、プロのキャリアカウンセラーと共にキャリアの棚卸しを行い、今後の方針をじっくりと話し合うこともでき、就職面でも安心して活動できました。

私がリファインでの目的を達成するためには、認知行動療法のスキルを身につけるのは当然ですが、そもそもなぜメンタルヘルス不全になってしまったのか根本原因を追究しなければなりませんでした。
そのためには、日々のワークを通じて自分を見つめなおす必要がありました。自分自身を客観的に見つめなおすことは容易ではなく、楽しいことも辛いことも思い出さなければなりませんでした。ですが、同じ悩みを抱える仲間と共に励ましあいながら過ごし、多くの気付きを得て自分取り扱い説明書を完成させることができました。そして社会へ復帰することがかないました。

体験のときに「新年の抱負」というプログラムがありました。その時、私はこう言いました。

 「自分自身を見つめなおし、年内中に再就職します」

この目標は達成できましたが、まだスタートラインに立ったというだけのことです。リファインで学んだことを実践し、再発しないように生きていくことこそがこれからの目標です。

スタッフの皆様、そして利用者の皆様、心より感謝いたします。
改めて御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

N.Yさん(40代:男性)

あの頃の私はこんなに素敵な“普通の毎日”がまた訪れることを想像できずにいました。
大勢の方々の力をお借りして社会復帰を果たすことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

今の私はあの苦しかった日々には戻りたくないので、再発しないように日々努力しています。
私にはうつで悩み苦しむ方々の気持ちが分かります。とっても苦しい状況にあるかと思いますが、安心して下さい。大丈夫です。

まず、リファイン就労支援センターの扉を開けて下さい。扉を開いた先には頼れる大勢の人達があなたのことを助けてくれます。

もしも気が向いたら、もう少しだけ“私の声”を読んでみて下さい。社会復帰までの“みちのり”を書き起こしました。読後に「あ~、私も大丈夫かもしれない」と思って頂けると嬉しいです。

第一段階 社会復帰のはじめの一歩“リファイン就労支援センターを見学”
本当に大変だったのは、リファイン就労支援センターを見学に行くまでの“みちのり”でした。
当時の私は自宅静養中で、無気力。自分の部屋から出るにも気合が必要でした。
リファイン就労支援センターを見学するために、電話をして約束をすることも面倒で負担だったことをよく覚えています。

そんな無気力な私に主治医の先生は何度も就労支援センターへの通所を勧めて下さいましたが、当時の私は就労支援センターの効果を信じることもできませんでした。
家族も「長い期間を無駄に過ごしてしまうのでは?」と不安を口にしていました。
しかも当時の私にはメンタルヘルス不全の方々に偏見がありましたし、一緒に勉強することに不安がありました。
そんな私を辛抱強く説得下さったのは主治医の先生でした。「就労支援センターの力も借りて、みんなで力を合わせて社会に復帰しましょう!」と何度も何度もやさしく声がけ下さいました。

そのお蔭で、リファイン就労支援センターの扉を開けることが出来ました。
私の場合は、リファイン就労支援センターの扉を開けたことが全ての始まりでした。

第二段階 社会復帰への準備開始!“リファイン就労支援センターに通所開始”
リファイン就労支援センターの扉を開けてしまえば、もう大丈夫です。
プロのスタッフが通所者それぞれの状況、状態に合わせて社会復帰(復職又は就職)の準備を寄り添うように一緒に考えてくれます。主治医の先生との連携もとってくれます。
大きなチームが応援団になります。

因みに、私の場合、全てがすぐに劇的に変化したわけではありませんが、自分自身を責めなくなるようになるまでに通所してから1ヶ月かかりました。
通所して2ヶ月目には、なぜメンタルヘルス不全に陥ったのかを考えました。
通所して3ヶ月目には再発しないために何をすれば良いか具体策を多くの方々の力を借りて考え始めました。通所して何より嬉しかったのはグループワークを通じて毎日誰かと会話することでした。生きていることを日々しっかりと実感できました。

第三段階 社会復帰への実践準備開始!“リファイン就労支援センターから飛び出す!”
いきなり社会復帰はしません。就労トレーニングと称して、お試しで数週間、働かせて貰います。この就労トレーニングを通じて、“もう私は大丈夫かもしれない”と自信を持てるようになりました。いよいよ社会復帰に向けて色々な手続、数多くの面談の開始です。
ここでも色々と相談に乗って貰いました。

最終段階 社会復帰!
いよいよ社会復帰です。私の場合はリファイン就労支援センターにお願いして、社会復帰後も、定期的にカウンセリング面談を受けています。
自分自身が大丈夫なことを慎重に確認し続けています。

リファイン就労支援センターの皆さんは、主治医のようでもあり、家族や友達のようでもあり、私のことを力いっぱい応援下さいました(社会復帰後の今も応援してくれます)。
本当に素敵な出会いでした!感謝です。
読んで頂いたあなたにも素敵な日々が訪れることを心よりお祈りいたします。

K.Yさん(40代:男性)

私がうつになった原因は前職でのパワハラによるものでした。
うつというメンタルヘルス不全により、2度休職しました。
結局うつが回復せず20年働いた会社を退職しました。

退職して2か月後、就職活動を開始しようとしましたが、
パワハラによるつらい過去を思い出してしまい、なかなか就職活動ができませんでした。
その後少し休み、また就職活動するも、就職に踏み切れず、うつ状態になるということを繰り返していたため、主治医に相談したところ、主治医の勧めでリファインを紹介されました。

リファインに行く前は暗い感じのところをイメージしていまいしたが、
実際に見学に行ってみると、利用者様同士が元気でハツラツとしていて、驚きました。
皆さんメンタルヘルス不全に苦しまれている方がこんなにも元気なのか不思議に感じました。
特に初めて見学にきた私に笑顔で丁寧に話しかけてくれて、独りで就職活動をして孤独感を感じていた私は大変嬉しく感じて、その場でリファインに通うことを決めました。

リファインではうつ病の再発防止に有効な認知行動療法を実践的なビジネスマン・サラリーマン向けに実施していました。
勉強が嫌いな私はリフレーミング、フォーカシング、アサーションという専門的なことは苦手だと
感じましたが、周囲のご利用者様の支えやスタッフの方々が優しく教えてくださり、徐々に理解できるようになりました。

途中からは逆にワークが楽しみになりワークでの気付きの重要性を感じて、積極的に参加するようになりました。

以前の私は暗くて、内気で人前で話すことができない人間だと思っていましたが、
リファインの仲間と一緒にワークをしているうちに、気付いたら明るく人前で話すことが
好きになりました。
自分でも驚いています。
私にとっては人生でも大転換というくらいな大きな前進を経験しました。

ワークは多岐に渡り、脳の機能を回復する視覚機能トレーニング。これはプロ野球の私が大好きな
東京読売巨人軍やサッカー日本代表の選手も取り入れているそうです。
また、リラクゼーションと体調コントロールの為のヨガがあります。ヨガは初めての経験でしたが私の大好きなプログラムで、体と心のリフレッシュに大いに役立ちました。

体調も意欲や自信を取り戻し、いよいよ就職活動を開始しました。
独りでやっていた時とは大違いでスタッフの方々がキャリアカウンセリングをじっくりとしてくれただけでなく、実際の就職面接は事前にスタッフと会話して臨むと緊張感が和らぎました。

結果、8社も内定をもらいその中から、第一志望の会社に就職を決めました。

リファインに通う前は仕事をしたくない気持ちでいっぱいでしたが、今は仕事をしたい気持ちで一杯です。

これもリファインのスタッフとご利用者様のお蔭だと思います。
リファインに出会えて本当に良かったです。

H.Yさん(40代:男性)

私は4度の休職をしている。1度目、2度目は図書館通いをして復職、3度目は医療系のリワーク施設に行き復職をしたが、どれもうまくいかず、4度目の休職に至った。

4度目の休職の際は、上司との軋轢から入院するほど体調を崩してしまった。
そのため退職を決意する。10年以上勤務していた会社を辞めたことで、将来に対し希望が持てなくなっていた頃、主治医からリファインを勧められる。

リファインでは再発予防だけでなく、就職の支援も行っているということで、再就職を目指すには適切な施設なのではという意見だった。私も就職活動を支援してくれるという点に惹かれ、まずは見学に行くことにした。

リファインに見学に来た際、まず驚いたことが利用者の皆様が活発にワークに取り組んでいる姿だった。真剣にワークに向き合う姿勢を見て、その場で入所を決意した。

入所は出来たばかりの第2センターでのスタートとなった。出来たばかりということもあり、全員が入所したてという環境で、皆同じスタートラインに立っているという安心感もあり、お互いに励まし合いながらワークを進めた。私は毎日通所すること、朝はなるべく早くリファインに顔を出すこと、そして積極的に発言、行動することを意識的に行った。ワークは和気あいあいとした雰囲気で、この仲間と頑張って卒業を目指そうという気持ちにさせられた。

ワークは認知行動療法をベースとしたワークが様々なアプローチで行われた。私は医療系リワーク施設に通っていたこともあり、ワークに対しては再確認の場になるのだろうと思っていたのだが、その予想はいい意味で裏切られた。

毎回、新しい気づきやグループワークならではの新しい視点などが生まれ、そのことが私を徐々に成長させてくれたように思う。

リファインでのワークはとにかくグループワークが基本。自習時間も少なく、そのことが逆に私にとっては有難い環境だった。メンタル不全という病気については、まずはコミュニケーションをとることが重要と考えていた私にとって理想的なカリキュラムだったと思う。とにかく毎日が刺激的で、リファインにくることが楽しみになるほどだった。

4か月ほどした頃、第2センターから「明日から第1センターでワークをして下さい」と告げられる。折角慣れた環境から離れるということが私を不安にさせたが、これも一つのトレーニングと考え、第1センターでのトレーニングをスタートした。

1週間ほど第1センターでのワークをこなし、ようやく慣れてきた頃、代表から「何故第1センターに移動になったのか、その意味を考えて下さい」というアドバイスを受ける。第2センターでは皆同じところからのスタートだったため、先輩がいない状態だった。しかし第1センターにはリファインの先輩がいる。既に就職活動をしている方もいた。そういう人たちとコミュニケーションを図れということなのだろうというのが私の答えだった。それからは意識的に自分からコミュニケーションを図り、周囲になじむ努力を行った。

そしてリファイン5か月目に入った時、リファインのスタッフから「就業トレーニングに行ってみませんか?」と言われる。就業トレーニングとは、2週間、実際の企業で働き、自分の課題に取り組みつつ業務をこなすということをする場だ。私は就業トレーニングにはとても興味があったため、一も二もなく了承した。

就業トレーニングの初日はがちがちに緊張し、「はたして私に業務をこなすことが出来るのだろうか」という思いが頭から離れなかったが、「この場は業務で成果を出す場ではない。自分の課題だけに集中しよう」とリフレーミングができ、緊張が幾分和らいだ。こういうところから、リファインでのワークが活きたものとなっているという実感を得られた。就業トレーニングでの2週間はあっという間に過ぎ、先方の企業様からも好印象を持たれたことで自信をつけてリファインに戻った。

しかし、私は就業トレーニングにもう一度行くこととなる。厳しい環境で本来の自分がどれだけ出せるかが大きな課題だった私には、もっと負荷をかけた状態での就業トレーニングが必要という判断だったと思うのだが、この時、私は「一度うまくいっている就業トレーニングなのだから二度目も大丈夫だ」と簡単に思っていた。しかし、二度目の就業トレーニングは成果を思うように出せないという困難が生じ、精神的に厳しいものとなった。ただ気持ちは「新しい仕事なのだから上手くいかなくて当然」とリフレーミング出来ていた。リファインでのワークが身についているとまた実感することが出来た。

私は当時、システム開発のプロジェクトマネージャーとして、周りの方と頻繁にコミュニケーションを取りながら仕事をしていく業務に進もうと、おぼろげながら考えていたので、この就業トレーニングの環境を活かさない手はないと考え、代表に「2週間の就業トレーニング期間を3週間に延ばしてほしい」とお願いをすることとした。ダメもとだった。何故延ばす必要があるのかをきちんと説明し、それでダメなら仕方ないと思っていたが、代表からOKの返事を頂戴した。
自分から申し出た期間延長の就業トレーニングは本当に苦しく、毎日が戦いのような日々だったが、やりきった時には、自分でもやればできるという大きな自信となって帰ってきた。

就業トレーニング終了後にすぐさま取り組んだのは自分取扱説明書だった。自分の強みや弱み、不具合の原因と対応策などを纏め、それを自分の行動の軸に出来る様にするものだが、私は就業トレーニングの2か月前くらいから着手をしており、50%くらいの出来のところまできていた。その内容に加え、就業トレーニングで得た経験を盛り込み、何度か代表と面談を行い、リファイン利用者の前で発表を行う。この時、いよいよ就活が出来るという喜びに満ち溢れていた。

就活自体は1か月くらいだったが、この期間はまさに山あり谷ありの連続だった。
この時、私はリファインには相談なしにある行動をとっていた。リファインから就活OKが出る前に、どうしても面接を受けてみたくなり、ふらっと受けた会社から内定を頂戴していたのだ。そこでの業務はプロジェクトマネージャー。元々私が目指していた業務にいきなり就けるということで、代表に相談した。そこでの代表の回答は「私は反対だ」というものだった。4回も倒れている私がいきなりプロジェクトマネージャーを行うことは危険だということが反対の一番の理由だったが、「もっと貴方にあった仕事があるはずです。」という代表の言葉を信じ、就活を本格的に始動した。

転職エージェントからの紹介で、少しでもアンテナに引っかかるものがあれば、とにかく応募。私は年齢が40代ということもあり、就活が難航することが容易に想像された。とにかく応募をしなければ話にならない。転職サイトからの直接応募も積極的に行った。50社以上は応募をしたと思うが、そのうち10社ほどから書類通過、そして運命のように、とある会社と出会うこととなる。残業時間は少なく、自社サービスを展開しているので厳しいスケジュールに追われることもない、社長やCTOの人柄も良いと、私にとっては理想ともいえる企業と出会うことが出来、その会社から内定を頂戴することが出来た。

代表からも、その企業へ行くことについての了承を得て、「おめでとう」という言葉を聞いた時、ようやく社会復帰が出来るという喜びに満ち溢れていた。就活期間1か月という短期決戦に持ち込めたのも、代表を初めとするリファインのスタッフのお蔭だと感謝している。

リファインでの9か月は自分にとっては宝のような時間で、代表を初めとするスタッフの方々、リファインの利用者の支え合ってのことだった。この場を借りて、感謝したい。これからは妻のため、そして何より自分のために実りある人生を送っていきたい。

T.Nさん(40代:男性)

私は38歳のときにうつ病で会社を退職しました。
人と比べては失意のどん底に陥り「もう俺はだめだ。人生の落伍者だ」と落ち込みました。

でも家族や周りの人に支えられながら長い療養生活を経た後、メンタルクリニックのデイケアに
通うと生活リズムが整い、もう一度働きたいという希望が芽生えてきました。

そして主治医の進言の下、長期間のブランクを乗り越えて再就職する為には、自分一人では厳しいと思い、就労移行支援事業所を探しました。
数多い事業所の中でどこを選んだらいいのかわかりません。
まずは5箇所ほど見学し体験利用を重ねましたが、ビジネスマンとして再就職を目指す私には物足りないし、納得できませんでした。

悩んでいたところにインターネットで見つけたのが、”リファイン就労支援センター”でした(以
下、リファイン)。
リファインは私のようなビジネスマンやサラリーマンが多く納得いきそうに感じました。
そして体験利用を迎えた初日に通所を決めました。

 リファインを選んだ決め手は、体験利用をさせていただく中で、まずセンターの雰囲気が私に合っていそうに思えたからです。

朝は10時に皆で元気よく挨拶しすぐにラジオ体操が始まりますから、まるでオフィスさながらの風景です。そして、視覚トレーニングと呼吸法と続きます。休憩を挟んで午前のプログラムが
開始され、12時から昼休み、13時からは午後のプログラムという流れです。

こう書きますとビッシリと忙しそうな印象を受けられると思いますが、スタッフは全員、病気の理解者であり体に負担のないように進行してくださるので安心できました。

これだけ環境に恵まれていれば、順調に社会復帰に近づくに違いないと直感できたのです。
こういう印象を持てたのは数ある就労移行支援事業所の中でもビジネスマンんやサラリーマンの利用が多いリファインだけでした。

 入所後は認知行動療法を基本にしたプログラムで徐々に自信を取り戻し、さらにヨガや課外活動によって体力も養われてきました。
プログラムは他の多くの利用者様もその有効性をおっしゃっているとおり「自分はまだまだ頑張れる」「社会復帰して働ける」という自信を持たせてくれます。

なにか困ったことや悩みがあったらスタッフが相談にのってくれますし、臨床心理士の先生の定期的なカウンセリングも心強いです。

 そして体力がつき、ストレスコントロールもできるようになると、就活の準備が始まります。

キャリアカウンンセラーによる個別カウンセリングで前職の経験を踏まえた具体的な就活スケュールを親身に相談にのってくれるのです。

 これだけのことをしていただいても自立支援を利用できるので金銭的に問題がありませんでし。これは離職期間が長く万年金欠病の私にとって大きな救いでした。

 そして、スタッフに励まされながら頑張った就活の結果、入所から9ヶ月で晴れて志望する企業に再就職が叶いました。本当に嬉しいです。
これもひとえに井田代表やスタッフの皆様に支えられてなし得たことです。
感謝してもしきれません。

 これからは、この感動をずっと忘れずに、そして二度度再発しないように、リファインで学んだことを実践しながら働いていきたいと思います。

K.Yさん(40代:男性)

私は2014年8月にうつ病と診断され休職に入りました。
原因としては、入社25年間同じ会社で同じ職種の仕事を続けてきましたが、
数年前より会社の体制が変化し、組織への不適合感が自ら高まり、
自分のこれからのキャリアに不安を感じ、それに対する有効な手立てが打てないまま、
焦燥感、不眠、眠る為にアルコールで気分を紛らわせるといった状況が1年ほど続き、
心と体のバランスを失い自滅してしまった感があります。

休職後、休んでしまったことへの罪悪感、これからの生活の不安感が更に加わり、
3ヵ月間は家に閉じこもり週1回の主治医への通院程度しか外出が出来ませんでした。

4ヵ月目位から何とか症状が落ち着き、主治医からの病院のリワーク施設へ通所の勧めがあり、
いくつかの病院のリワーク施設を訪問してみましたが、
病院の一部といった感じで明るい感じのするところが少なく、
通ってみようと自ら思える気持にはなりませんでした。

そんな中、主治医から紹介されたビジネスマン向けの施設であるリファイン就労支援センターに
体験で通所させて頂きました。
リファイン就労支援センターは通所者の方の人数も多く、見学の初日からスタッフの方はもちろん、通所者の複数の方から明るく声をかけて頂きました。
通所を決定した理由は通所者の方の雰囲気がとてもメンタル不全の方とは思えない明るさだったことと、
更に井田代表から、この機会だからこそ、「これからの人生を豊に変えて行きましょう」の言葉に、すがるような気持で通所することを決めました。

リファインの日々のプログラムは、全員で挨拶、ラジオ体操から始まり視覚トレーニング、
呼吸法と続き、体と心を落ち着けてから、日替わりのプログラムが実施されます。

内容は認知行動療法が中心で、日々メンバーが変わるグループワークを中心に行っていきます。
様々な背景を持つ通所者の方とのオープンなコミニュケーションを通じて、
今までの自分の考え方、行動、コミニュケーションの量、質を徐々にではありますが、
客観的に把握できていった感があります。

又、日々のプログラムと並行して、リファインの名物である「自分取扱説明書」の作成を
スタッフの方からのアドバイスを適宜いただき、
各自の病状の回復の度合いを見ながら進めていきます。
その作業の途中は、過去の自分にぶち当たり、落ち込むこともありましたが、
段々とそれも自分なんだとあるがままの自分を認められるようになります。
そんな自分だけど本当にやりたいことは何か、大事にしたいものは何か、
それを実現するには何をするのかを考え言語化した「自分取扱説明書」が完成し、
皆の前で発表、宣言した後には、入所の際に井田代表が言ってくださった「これからの人生を豊に変えて行きましょう」が
本当に自分次第で実現出来そうな気持になってきました。

今回11ヶ月間休職し7月から復職させて頂きますが、
リファインに通所した半年間が社会復帰への本当に良い意味でのイニシエーションになったと今は考えています。

1 16 17 18 19 20 21 22 23