卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

K.Nさん(20代:男性)

私がメンタルヘルス不全になった原因は、自己肯定感がどんどん低くなっていき、
自分を責め続けてしまったことにありました。

元々負けず嫌いで心配性だった私は、少しのミスで自分を責め続け、他人と比べて落ち込み、
自分に自信が持てなくなりました。何をしても否定的な考えになり、このままではいけないと
初めてメンタルクリニックへ。そこで適応障害と診断されました。

リファインに決めたきっかけは、「とことん自分に向き合えるプログラム」と
「和気あいあいとした雰囲気」でした。

実は他の就労支援施設も見学していたのですが、そこが圧倒的に違い、
「リファインでなら自分は元気に社会復帰出来るのでは」と感じました。

プログラムでは自分の歪んだ認知を直す「リフレーミング」というものがあります。
例えば不安に感じることがあっても、その見方を変えることで、自分の思い過ごしや勘違いであることに気づくことができます。
少しのミスで自分を責めていた私は、自分の思い込みで無意味に自分を責めることはなくなりました。

「他人と比べる」という行為も、そのリフレーミングにより見方を変えることができました。
「他人と比べる」ことをポジティブに捉えると、「他の人の良いことろが見える」「向上心がある証拠」など、
決して悪いことではないんだと自覚することができました。

次に、リファインの「利用者の方同士の和気あいあいとした雰囲気」も通所を決めるきっかけになりました。
初めて見学に来た私にも気さくに話しかけてくださり、ワークでは分からないところを的確に教えてくださいました。

スタッフの方も含め利用者の方同士非常に仲が良く、笑い声に溢れ、
正直「とてもメンタル不全を抱えている人たちとは思えない!」
と感じたことを覚えております。
そのくらい良い雰囲気で、通所する目的として「皆さんに会ってお喋りがしたい」ということも半分ほどあったかもしれません。

家族や仲の良い友人でも、中々メンタルヘルス不全の事は正確に伝えられない、ということがあると思います。
私も「気を使ってもらったら申し訳ない」という気持ちで、中々他人にメンタルヘルス不全のことは相談できませんでした。
1人で悩んでいては、中々解決することが難しいかもしれません。
しかしリファインでは同じような症状を抱えていらっしゃる方同士、自然と相談することができるため、心強い助けとなるのではないでしょうか。

ある程度復調の兆しが見えたころ、次のステップとして就職活動を行いました。
まずは自身のキャリアの棚卸から始めたのですが、私は今までの職務経歴に自信が無く、
「これでは面接で自己PRができない」と悩んでいましたが、
スタッフの方との面談で、自身のキャリアについて再発見することが多く、自信を持つことができました。
その際に、履歴書や職務経歴書の書き方についてもアドバイスを頂き、非常に助かりました。

また、書類が通らない、面接が上手くいかない、と落ち込むことが多かったのですが、
具体的なアドバイスや励ましの言葉など、ここでもスタッフの方と利用者の方々に助けられました。

1人で就職活動をしていると、どうしても迷ったり落ち込むことがあると思います。
しかもそれは相談し辛いことですが、リファインでは周囲の方々のご協力もあり、
第一志望の企業に合格することができました。

今後はリファインで学んだことを活かし、再発することがないように人生を送っていきたいと思います。
社会復帰できたことも、リファインのおかげです。

K.Mさん(40代:男性)

私は、双極性感情障害を発症し、3度目の入院から退院した時に主治医からリファインを紹介され、通い始めました。
体験を含めると、私は8ヶ月通ったことになります。

最初は、右も左もわからずにグループワークに参加し、思考の歪みもあり、日々を過ごすのに精一杯でした。
しかし、利用者の方々と触れ合ううちに、さまざまな考え方を他者はしていることに改めて気づかされました。
自分一人で考えても到底考え付かないことをみんなで考えると、気付くことができました。

グループワークでは、リフレーミング(別の考えを考えること)、アサーション(相互尊重する考え方を身につけること)などを行います。
今まで経験したことがない思考方法でした。

日々動く感情は、大勢に影響ないことが多いことに気づかされることばかりでした。
思い悩んでいることも自分軸をしっかりしていればたいしたことではありません。

他者は敵ではなく、仲間であります。
そのように考えられるようになったのは、グループワークでのシェアであったり、就業トレーニングにおけるフィードバックによります。

リファインでは、各人の状態に応じて、カリキュラムを組んでいただけます。
一人で悩んでいる方は、利用してみてはどうでしょうか。

この場をお借りして、井田代表、スタッフの皆様、利用者の皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

S.Tさん(30代:男性)

私の鬱病と向き合った生活と経験を皆様の参考にして頂ければ幸いです。

 

まず鬱病の原因は、転勤・過重労働・離婚が短い期間に起きたことにありました。

新築マンション購入後の転勤で、慣れない地域で上司の期待に応えようと一生懸命仕事に打ち込んでおりました。平日の仕事帰りも遅く、週末は出勤か疲れきって動けなくなる状態でした。

 

離婚と鬱病発症を機会に “人生は何の為に生きるのか?”と考えるようになりました。

家庭の為に仕事を頑張り過ぎて、心身を壊してしまえば迷惑をかけてしまいます。私の中では、仕事と家庭のバランスを取ることが非常に重要だという結論に至りました。

鬱病を発症してから3年程経ち、心身の限界を感じて休職を決意しました。

 

休職してからは、食欲・気力も全くなく時間の使い方もわからなくなっておりました。

親からは「早く会社に復職しなさい!!」と言われ続け、心配してくれていることをその時は素直に受け入れられませんでした。

焦りと不安から一日一日を過ごすことに必死でした。

 

休職してから3ヵ月が経ち、週末のみ外出して、リフレッシュすることが出来るようになりました。但し、天候に気分が左右されて雨の日には外に出ることは出来ませんでした。

 

昼夜の生活時間帯の逆転が直り、生活リズムが安定してきた7ヶ月目に主治医の紹介と心配をしてくれていた親の勧めでリファイン就労支援センターに通うことになりました。

リファイン就労支援センターへ通い始めは、電車に乗ることも不安で同じ会社の人と会わないかと憂鬱な状態でした。

 

“早く復職しないといけない”という焦りから頑張っている自分がいましたが、利用者の方から「最初から頑張り過ぎないでいいですよ!!まずは朝電車に乗ってリファイン就労支援センターへ通うことだけで充分すごいことですから!!」と優しいアドバイスを頂きました。

その一言により肩の荷が軽くなり、自分自身と向き合うには時間が必要だと感じました。焦って復職をしても再発をしては意味がないと思いました。

 

最初の2週間はかなり疲れて、家に帰ったらすぐに寝てしまう日々でした。それでも毎日リファイン就労支援センターに通うことが、復職への最短ルートだと思い日々過ごしておりました。

自己開示をしっかり行い、似た様な大変な経験してきた利用者と切磋琢磨して素直な気持ちでグループワークに取り組みました。利用者の皆さんから色々な意見を頂き、私の認知も日に日に広がっていきました。

グループワークをすることにより実践的な会話と考え方で取り組めたことは、復職した今でも役に立っております。

 

リファイン就労支援センターで自分自身を向き合えたのは、4ヵ月経った頃に行った自分取扱説明書作成の時でした。

自分の特徴(長所・短所)、ストレスサイン、再発防止策をまとめていくうちに、過去の苦しい時期を振り返ることもしました。

復職してから再発しない為にも自分自身納得の出来る内容にしないと意味がないと思い作成しました。完成させるのは大変でしたが、それ以上に皆さんの前で発表をして、再発しないことを宣言した達成感がありました。

 

卒業前に行われた就労トレーニングのプログラムでは、実社会のスピード感を取り戻すことが出来て、私のストレスサインの確認や対処方法を行うことが出来ました。初めて会う方とのコミュニケーションの大切さや報告・連絡・相談の大切さを感じました。2週間の就労トレーニングを行い、社会へ出ることへの自信がつき “仕事が出来ることの喜び” を得ました。

 

リファイン就労支援センターの井田代表、職員の皆様、利用者の皆様、家族、友達の支えがあったからこそ今の自分があると思います。

迷惑・心配をかけた分、復職後は無理し過ぎずに元気な生活を送っていき安心を与えます。そして感謝の気持ちを言葉で “ありがとうございます” と直接伝えていきたいと思います。

K.Kさん(40代:男性)

リファイン就労支援センターに通所する以前は、私は服薬と院内カウンセリングによる治療を受けていました。それによって体調自体は安定していたのですが、精神的にはなかなか意欲が湧かないなど低調な状態が長く続いていました。

 

なので、その状態に一石を投じ、良い変化をもたらしてくれる機会を探していたのですが、

そんな時に主治医から紹介されたのがリファインでした。

 

リファインには、カリキュラムのベースとして認知行動療法を

取り入れているという、他のリワークプログラムにはない特色がありました。

 

そのような理由が決め手となり、リファインに通所することになったのですが、通所の主目的である「認知の歪み」の改善にはかなり時間が掛かりました。

というのも、私の場合、メンタルヘルス不全に陥った理由というのが、他の利用者様とは異なり、前妻との離婚や親権の喪失といったプライベートな部分に深く根ざしているため、そのトラウマに触れるようなカリキュラムだった場合、講義中に泣き出すようなこともしばしばでした。

 

また、私の場合、カリキュラムに臨む姿勢にも認識のズレもありました。

というのも、リファインは「就労支援センター」ですから、最終目的は利用者の就労への復帰なのですが、私の場合、自分の精神の状態に良い変化をもたらすことが主目的で、就職は「できたら」程度としか考えていなかったので、その辺のゴールの認識のズレで、もしかするとスタッフの皆様に「ヤツはのんびり構えすぎている」等の印象を持たれていたかも知れません。

 

そのような問題児(?)の私も、カリキュラムを通じて認知の歪みを改善し、さらに就職へのモチベーションを上げて就職活動を行い、無事再就職を決めることが出来ました。

 

いまでは、過去に起こった離婚時の不幸な出来事を変えることは出来ないが、今後続く未来をより良く変えていくことは出来る、と思えるようになりました。そのために、まずは決まった仕事を精一杯頑張ろう、という気持ちを持つことが出来るようになっています。

 

これもひとえに、ご指導賜りました代表理事はじめスタッフの皆様のおかげと感謝致しております。

また、カリキュラムを共に学び、就職活動中は応援下さった「仲間」たる他の利用者の皆様にも、

大変お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

 

ありがとうございました。

T.Kさん(40代:男性)

私は、うつ病を発症してから1年経って休職を決意、リファインを利用して「再発なき復職」を目指した会社員です。

私の体験談により、リファインについて少しでもご理解いただけたら幸いです。

 

リファインの事は主治医からの勧めで知り、体験を通してそこに通う利用者の方々の活発で真剣、且つ明るい様子を生で見て、通うことをすんなり決めました。

孤独に休職の日々を過ごすより、この「同志」達と切磋琢磨しながらの方が自分には良いと判断したわけです。

また、毎朝規則正しく「通う」「外出する」事で生活のリズムと、社会からの疎外感を抱かない様にする事も重視しました。

 

リファインの通所時間は10:00~16:00なので無理なく通うことができ、その前後を自習に充てたり、平日中々行けない様な所に足を伸ばして新たな発見をするなど、自分の認知・視野の拡大、刺激を受けるのに程良いものでした。

また、リファインの利用者達とは多くを語り合い、お互いのメンタル不全の事を共有したり、就職・復職に関する情報交換もできたので、孤独に打ちひしがれる事は全くありませんでした。

リファイン放課後も意気投合した利用者達と楽しい時を過ごせたのも、本来の自分の明るさ・積極性を取り戻せた良い時間でした。

 

リファインは、メンタル不全者が本来の自分を取り戻す、また新たな自分を発掘できる様、一つ一つが計算されたプログラムを提供してくれます。そのプログラムに取り組んでいる様子は、さながら会社の研修のような様相です。認知行動療法に基づいたプログラムの基本方針は、そこで学んだ「知識」を繰り返し「トレーニング」し、最終的には社会に戻ってもそれを使いこなせる様「身に付ける」ことを目指します。

 

その内容は、とにかくグループディスカッションが主体なので、自然とコミュニケーションが盛り上がり部屋の中は常に活気に溢れています。

 

リファインのプログラムは、メンタル不全で狭くなった視野や考え方・捉え方を広げたり、利用者同士お互いの良さを指摘し合うことで新たな自己発見・自信に繋げるといったメンタル面と、ストレッチ・ツボ・ヨガによるフィジカル面の両輪を中心に、他に、近場のスポットを散策する課外活動や、自分取扱説明書のプレゼン、実際の企業で数日間実業務トレーニングをさせてもらう名物プログラムなど、とても多彩で復職後のリアルを見据えた内容となっています。

 

特に苦労した「自分取扱説明書」では、スタッフのサポートを頂きながら深く自己内省し、自分がメンタル不全に至った過程を独自に分析できました。おかげで、復職後のストレスに対し自分はどうあるべきかの具体策を明文化することができました。

 

リファインのプログラムを着実に取り組むことで、自信を持って復職できうる武器を手にすることができるのです。

 

休職中は時に就職・復職への不安・焦りが生じます。そこで1段飛び・2段飛びし、無理して早く実社会に戻ろうとする事はお勧めできません。半月・1ヶ月焦って戻って、また再発しては元も子もありません。

リファインで常に意識させられたのは「再発なき復職」です。

リファインのプログラムと、スタッフの方々のご指導・アドバイスを信じて、日々コツコツと着実に取り組み、万全を期して就職・復職を果たす事を身を持ってお勧めします。

斯く言う私も、「再発だけは絶対避けたい!」と復職を焦る気持ちを何度も抑え、着実にステップを踏み、万全な形で復職を果たしました。

 

 

最後に、改めてリファインについて思うこと。

それは、ここに通う利用者達自らがリファインの風土を築いて行っているということです。

スタッフの方々のご尽力もさることながら、日々のプログラムに主体的に取り組む利用者の様子、先輩利用者が通所間もない後輩利用者を丁寧に引っ張っていく様子、利用者同士の交流など、自然と利用者が主役となって行く所もリファインの良さではないでしょうか。

K.Yさん(40代:男性)

私がリファインに通おうと思ったのは、

適応障害によるブランクが長くなっていたことと、

過去に複数回メンタル不全に陥った経験があり、

今回は再発防止策をきっちり行った上で

社会復帰、職場復帰したいと考えたからです。

主治医の先生と社会復帰の方法を検討していく中で、

インターネットサイトでリファインのことを知りました。

 

他の就労支援センターとは異なり、

ビジネスマン・サラリーマン向けのプログラムが準備されていることが魅力でした。

 

実際に入所体験をしてみると、

利用者の笑顔と質の高いディスカッション内容に衝撃を受け、

ここで訓練すれば絶対に社会復帰、職場復帰できると確信するに至りました。

 

また同時に、これだけ質の高いディスカッションができる方々が、

メンタル不全により社会貢献していない状況に対して社会的損失の大きさも感じました。

 

通所を始めてからは極めて順調に一つ一つ階段を上がっていくことができたと思います。

 

就職が決まるまで1日も休まず通所できたことは大きな自信となりました。

 

リファインのプログラムでは、

「自分自身の考え方のクセを知り、

二度とメンタル不全に陥らないように認知の幅を広げる」ことを、

それが身につくまで繰り返し行うものでした。

 

実際に、リフレーミングやダイアログなどの定番のプログラムは、

何度となく繰り返し定着するまでグループディスカッションを行いました。

私は過去に休職した際リワークプログラムを利用したことがありましたが、

リファインのプログラムは質量ともに断然優れたものでした。

 

就職活動については、キャリアアドバイザーによるカウンセリングを受ける中で、

自分が職場復帰する際にやりたいこと、

強み弱みを徹底的に深堀りしたので、

就職活動中にブレることは一度もありませんでした。

 

最終的に、自分が希望する職に内定を勝ち得たのも、

リファインのスタッフの支えがあったからだと思っております。

チームリファインに支えられたアスリートのような感覚で就職活動を行っておりました。

 

リファインのスタッフの方お一人お一人に本当に感謝しております。

 

私のようにブランクが長く1人での就職活動に不安を感じられている方に、

リファインのプログラムは自信をもってお勧めできます。

百聞は一見にしかず。一度、入所体験をしてみては如何でしょうか。

そして、私のように衝撃を受けたら、

絶対にリファインのプログラムに参加してみたらいいと思います。

1 17 18 19 20 21 22 23