卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

M.Cさん(40代:男性)

私がリファインで過ごした日々を、自分の心の動きや気持ちの変化に沿ってまとめてみました。
プログラムを受けてみようかと迷っている方の参考になれば幸いです。

■6ヶ月前
緊張と不安。自宅を時間に余裕を持って出る。目的地は、上野にあるリファイン就労支援センター。今日は、就労支援プログラム見学でアポを取った日だ。心臓の早まる鼓動を感じながら、エレベーターの3Fのボタンを押す。3Fのエレベーターホールでは、緊張がMax。恐る恐る、施設のドアを開ける。目に飛び込んできたのは、整然と並べられた机と椅子。そして、和やかな雰囲気で談笑する人々。イメージしていたものと違う。スタッフとおぼしき方に声をかけ、就労支援プログラムの説明を受ける。右も左も分からぬまま、プログラムを体験。めまぐるしい1日に疲れはMax。

■5ヵ月前
就労支援プログラムの体験3日間を経て、正式に通所を開始。いきなり月曜日~金曜日の10:00~16:00のスケジュール。当面の目標は、毎日通所することで生活のリズムを取り戻すこと。難しいことは考えない。とにかく通おう。

■4ヶ月前
自分と他人との違いを受け入れる。プログラムにも慣れ、自己理解、他社理解が出来つつある。今までの自分は、自分の「ものさし」(価値観、判断基準)を他人に無理やり押し付け、イライラしたりストレスを抱え込んでいたんだなぁ。認知を変える事、自分の行動を変えることの大切さを肌で感じつつある。通所する事にもなれ、プログラムを訓練と思いつつも楽しんでいる。

■3ヶ月前
プログラムの目的をより深く理解し取り組めている。正直なところ、プログラムへ取組むのが面倒な時もあった。そんな山谷を越えて、今は自分を客観的に見つめられる時もある。以前よりも、自分の気持ちに余裕を持てている。集中する時と、流す時を上手く使い分けられているようだ。やっぱり、オンオフの切替って大切。ストレス軽減に直結するからね。

■2ヶ月前
自分の生き方の再構築。病気を再発させないために避けては通れない道。でも、過去の自分と向き合うのって苦しい。これからどんな生き方をしていけば、病気を再発させないで済むのかまだ分からない。上っ面だけの再構築ではだめだ。自分が本当に納得できる生き方を見つけるんだ。今までの自分も認めてあげて、さらに「かっこいい自分」を見つけるのって苦しい。でも、病気に向き合えるのは自分だけ。もちろん、リファインのスタッフの皆さんの助けも借りるけどね。

■1ヵ月前
やっと自分の新しい生き方を見つけた。ついにやった。自分の奥底に封じ込めていたものを解き放てた感じ。なんだかとってもスッキリ。自分で自分を苦しめていたんだなぁ、あらためてそう思う。認知を変え、行動を変えられるのは自分。リファインのスタッフの皆さんも助けてくれたけど、最後は自分で気づいて、自分で変える。これが大切。プログラムの総仕上げとして、就労トレーニング(リファイン就労支援センターの趣旨に賛同いただいている会社で2週間就業し、自分のストレスをどれだけコントロールできるようになっているかをチェックする機会)にチャレンジ。

■卒業
達成感と自信。就労トレーニングを無事終えた。ストレスのコントロールもできている。リファインで過ごした日々は、長いようにも思えるが、終わってしまえばあっという間。病気を再発させないために、様々なことを身につけた。認知を変える、行動を変える。まだまだ実践経験が不足しているけれど、それは復職してからすればいいや。再構築した自分らしい生き方を胸に、来週から職場復帰だ。これまでも何とかなってきたし、これからだってなんとかなるさ。

T.Hさん(40代:男性)

私は2007年に発症して以来、今回が4回目の再発となります。

これまでの療養では、出勤リハーサルやジョギング/筋力トレーニングによる

体力回復、図書館での読書といった自分で作成したプログラムを実施してきました。

主治医の紹介で、当センターは主治医や職場との連携をフレキシブルに対応していただけ、

また、第三者の立場で体調や感情心理をモニタリング/評価していただけることで

自分の回復状況をより客観的に捉えることができると思い、利用を決めました。

 

ここでのプログラムの内容は多岐に渡りますが、

今回、利用して自分に大変役に立ったのが次の3点です。

1.人と会話することができる。同じ社会人として、

同じような悩みを共有でき参考となる。

2.今までは、うつはこころの病気であり、体調が回復し気合が入れば治るものと

思っていたが、脳の病気であると気付かせてくれる。

3.認知行動療法/コミュニケーションスキルといった知識がいろいろな形で

グループワークに取り込まれており、より実践的なストレス対処法を

考えるきっかけを与えてくれる。

 

リファインに入所して9ヶ月。当初は、ここでの知識取得、

グループワークを通じて、順調に回復軌道に乗っていました。

しかし、主治医から、「今回4回目。今後絶対、再発させないように念には念を入れて取り組むこと。

また、この機会を逃し、職場復帰してからは受けづらくなるので、

脳の精密検査/心理検査を受けること。」と言われ、

今まで順調に行っていた所に挫折感/徒労感を味わいました。

検査日が数ヶ月に渡り確定しなかったり、

また、職場との連絡もなかなか取れなかったりと、

イライラや困惑、不安に苛まれました。

そこで、この揺れ動く感情を治め、安定を維持するために、

自身で「安定したリズムで生活する」ということに定めました。

それは、リファインに毎日通所し、プログラムをきちんと受けるということです。

この目標を達成し、自分を褒めることにより、感情の安定を保ちました。

また、リファインには同じ病を抱える人がたくさんいます。

会話やグループワークで、自分の思いに共感をしてくれたり、

いろいろなアドバイスをくれる人がいます。

それも感情を安定に保つ非常に大きな支えとなりました。

 

このような場、仲間がいる環境できちんとプログラムを受け、

それを自分のものとして知識を身につけ、

グループワークを通じてトレーニングし、それを体得する。

そうして、自分の生き方を模索し、考え抜いて確立する。

それができるところがリファインだと思っています。

今、自分で確立した生き方を日々意識して実践することで、

物事の捉え方、考え方、行動が変わったということが実感できています。

再生のスタート地点に立った今、これを復帰する職場でも、

また更に今後の人生でも実践していきたいと思います。

Y.Hさん(30代:男性)

私がリファインさんを利用するようになったのは二度目の休職の際に会社から

リワークに通ってから復帰するように指示され、

主治医に相談したところ紹介されたというのが始まりです。

最初はすぐ復職するつもりで少し通えばいいやという思いで特に目標もなく、

ただ会社言われた通りにリワークをこなすことを考えていました。

そのため、常に復職への焦りがありました。

しかし、代表理事はじめスタッフの皆さんとの面談で,

急ぐ必要はないんだ、ただ病気を治すだけじゃなく、

再発防止が大事なんだということを気づかせて頂きました。

それだけでなく、一緒に会社を説得してもらったりと

私に寄り添う様に状況整理をして頂きました。

リファインでのプログラムもバラエティに富んでおり、

いろいろなアプローチで認知を広げることができました。

認知行動療法をベースとしたカリキュラムで全てのプログラム

に意味があり、特に「リフレーミング」は一生使える技で,

日々身に着けることを今も目標にしています。

スタッフの方との面談やカウンセリングでは自分の課題は何か、

一緒になって考えて頂き、自分1人では辿り着かなかった課題を

見つけることができました。

また、プログラムのほとんどがグループワークによるもので、

他の利用者の方との交流も活発で、同じような境遇の方から貴重な意見が聞けたり、

様々なバックボーンをお持ちの方々から違った視点での

意見をもらえたりもしました。

この様にリファインという場で多くのことを学び、様々な考え方に触れ、

自信をもって復職ができるのも

スタッフの皆様と他の利用者様のおかげだと、とても感謝しております。

A.Yさん(30代:女性)

休職して4ヶ月経った頃、復職または転職か今後の歩む道を悩んでいました。

復職しても再発してしまうのではないかという不安と、

今の自分がしっかり転職活動していけるかという不安が日に日に大きくなり、なかなか行動に移すことが出来ませんでした。

そんな時に主治医から紹介されたのがリファイン就労支援センターでした。

最初の1ヶ月は毎日(月曜日~金曜日)センターに通う事で、

徐々に生活リズムが休職前の頃に戻り、規則正しい生活を送ることで自分が前向きになってきたことを感じました。

2ヶ月目に入ると、グループワークやカウンセリング等を通して今の自分としっかり向き合うになり、

これから自分が何をしたいかが明確になり転職の道を選びました。

最初の頃は無事転職が出来るか不安はありましたが、この2ヶ月で自分の強みに気付く事ができたので、

自身を持って転職活動を行うことが出来ました。

その結果、第一志望の会社から内定を頂く事ができ、またキャリアアップにもなりました。

最後になりますが、代表を始めスタッフの皆様とセンターの利用者様から多くの事を学び、

また協力して頂き、心から御礼申し上げます。

T.Eさん(30代:男性)

私が最初にメンタル不全になったのは14年前、20歳の学生の頃でした。

身体的病気を手術したこともあり通院だけではよくならず、学校を一時退学して入院までするという重症でした。

当時の主治医と家族の献身的なケアで回復し、学校も無事卒業して就職もできましたが、

何度か軽度に再発したこともあり職を転々としました。

リファイン就労支援センターを選んだ一番の理由は、

代表理事をはじめ職員の方々が人材・医療業界で素晴らしい経歴をお持ちだからです。

私自身も人材業に携わっており皆様のような実績を残すことがどれほど凄いか身をもって体験していたので

「ここなら安心して今後の自分を探せる」と思いました。

入所前から何度か相談させてもらい、休職できなかった前職を退職して、

再就職前提で通いました。自身の病気理解を深め(認知)、体調管理を実践することで(行動)、

自分がどうして長期就業できなかったのか、どうすればできるのかを、学べたことは非常に大きかったです。

就職活動に入ってからは理想と現実のバランスをとりながらキャリアデザインを微調整し、

今の自分に適している企業を探しつづけました。

人材会社やハローワークも利用しましたがリファインの皆様のキャリアコンサルティングに勝るものはありませんでした。

結果、数社から内定をいただき、今までで一番行きたいと思える会社に出逢うことができました。

独りでは絶対に無理だったと思います。

これからはそこで一生働くことを目標にしていきます。

K.Kさん(20代:男性)

大学卒業後、抑うつ状態に陥り、思うように就職活動ができませんでした。

そんな中、大手検索サイトさんにて、当施設が見つかり、

3日間の体験からスタートし、約半年間に渡り

回復・改善を自身のコンディションと相談しながら進めていきました。

最終的にはエントリー2社目にして(精神)障がい者雇用ではありますが、

来春の正社員登用が確約された形で初めての就職先を決めることができました。

当初はこのような施設に通所することにすら、

同居の両親にさえなかなか理解してもらえませんでしたが、

次第に賛同してくれるようになりました。

具体的には認知行動療法をベースとしたリファインプログラムで、

「アサーション」、また「リフレーミング」と呼ばれる

これら二つのカリキュラムが特に役立ちました。

前者は非主張的でなく、ただ攻撃的にもならないコミュニケーションの手法を学べ、

そして後者は、何事もネガティブなもの、こととしてとらえがちな考え方の傾向を、

グループワーク等を通して周囲の方々の貴重なご意見も参考にしながら、

「こんな考え方もある」ですとか、

「悪い悪いと思っていたことが、よくよく考えてみると、実はとても良いことだった」

というように物事の認知を広げ、ポジティブなものの考え方のストックを増やすことができました。

できることは自己の責任に於いてしっかりと、

そしてできないことは周囲に頼っても良いという人生最大の「気づき」を

こちらで「トレーニング」し、「身につけ」させて頂きました。

悩み考えるより、まず行動。これに尽きるかと思います。

これからリファインさんに通われようと考えていらっしゃる方がいましたら、

まず扉を叩いてみて下さい。

きっと、心温まるいくつもの笑顔が待っているはずです。

1 18 19 20 21 22 23