社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

T.A.さん(20代:女性)

私は新卒入社8か月目に体調を崩し、休職することになりました。体調がある程度回復してきた頃、何もせず家にいることに罪悪感を覚えはじめ、会社の臨床心理士に相談したところ、リファインを紹介していただきました。

リファインではじっくり自己理解に取り組むため、まとまった時間が必要でしたが、「とにかく1日でも早く復職せねば」と焦っていたため、通所しようか当初は非常に迷っていました。しかし、「自分と向き合う時間は今後取ろうと思ってもなかなか取れない」「今後よりよく生きていくための貴重な機会だ」と思い、リファインへの通所を決めました。

実際にリファインでは、日々のワークを通して、普段の生活では得られないような、多くの気づきを頂きました。例えば、自分の考えを客観し、違う視点から考えてみること(リフレ―ミング)や、自身の思い込みを認識し傾向を掴むことなどがありました。

また、リファインではそういった自己理解と対処法を学べるだけでなく、ビジネスの場で活躍するためのワークも多くあり、休職している間にビジネススキルも身につけることができました。

もう一つ、リファインに来て人生が大きく変わるきっかけがあります。

それは前職を辞め、現在の会社に転職を決めたことです。

通所した当初は、絶対に復職すると決めていました。なぜなら、自身の負けず嫌いの性格から過去の自分に打ち勝ちたいという思いと、社会人1年未満で心が折れてしまった自分なんて、受け入れてくれるところはどこもないと思い込み、自信を失っていたからです。

しかし、リファインのスタッフ・利用者の方々と交流を通して、より客観的かつ本質的な自己理解を行い、前職は自分に合っていないということが明確になりました。

前述した自信のなさから、転職活動をすること自体、非常に不安の気持ちでいっぱいでした。

しかし、リファインには実績を積んだ就職支援のプロがいます。一対一で、じっくりと転職活動を支援していただき、最終的には自分の希望にも合致し、かつ自分らしく働けるような、第1志望の会社に就職することができました。

 

リファインに来て得られたことはたくさんあります。今まで自分を苦しめてきた考え方を手放し、自分に適した環境や、自身の性格との付き合い方を、若い段階で学ぶことができたことは、私にとって大きな財産となりましたし、その結果自身に合う職場を見つけられて本当に良かったです。

また転職後は定着支援にて、継続的にサポートいただいております。

リファインのスタッフ、利用者様に心より感謝いたします。ありがとうございま した。

A.A.さん(20代:男性)

私は大学院卒業後、新卒で務めた会社でうつ状態になりました。
原因は上司のパワハラと自分の希望する仕事ができない悩みなどが重なったことでした。次第に会社に通勤できなくなり休職と復職を繰り返し退職しました。

その後療養して回復したので、別の会社に再就職しました。しかしその会社では職場内で怒鳴り声が響く環境でかつ私には高いレベルの仕事を要求され次第に気分が落ち込みまたもやうつ状態になり休職をするようになり結局退職しました。

この当時の自分は自分のことが情けなく、2度の退職を受け、自分は社会に適応できないダメな人間だと責め続けました。

リファインに入所したのは2社目の会社で休職をしている時です。病院の医師から勧められて入所しました。

リファインでは朝の10時からプログラムが始まるのですが、当初私は朝から通所できませんでした。
そのような私にスタッフの方々が電話をかけて下さり、「午後からでも良いので通所してはどうですか?」と少しでも通所ができるよう働きかけて頂きました。そして午後から通所した後はカウンセリングを行って頂き、悩みを聞いて頂いたり生活についてアドバイスを頂いたりしました。
そのようなご支援のおかげで徐々にリファインに通所できる時間が長くなり、次第に朝から通所できるようになりました。

リファインでは他の利用者の方とワークを行い、他人の考え方や悩みに触れました。そのことで考え方の視野が広がりましたし、私のコメントによって他人から感謝されることで自己肯定感が高まりました。
また1週間の行動計画を立て、次の週にどのくらい計画が実行できたか振り返ることをしました。これらのワークでは利用者さん同士でできたことやポジティブなことに目を向けました。このことによって私は次第に自信を取り戻していきました。

その後自己分析や就職の羅針盤を行いました。
自己分析ではこれまでの人生、特に社会に出てからの不具合を中心に自分を見つめ直しました。そして大事なことは今後自分が幸せにいきていくことだと考えました。その自己分析の結果とこれまでの社会人経験より就職先としてどのような職場に務めることが自分にとって幸せか専門のスタッフとともに考えました(就職の羅針盤)。

再就職活動では今までと異なる職種だったこともあり、時間がかかって辛い時期もありましたが、リファインのスタッフの支えがあり次第に目の前の面接に集中できるようになりました。
そして最終的に納得のいく会社に就職することができました。

ここまで来られたのはリファインのスタッフの皆様のご支援と共にワークを行ってきた全ての利用者の皆様のおかげだと思います。本当に感謝しています。

今は納得のいく会社に就職して嬉しい反面、また以前のように体調を崩したり、仕事がうまくできなかったりするのではないかという不安もあります。
しかし、以前とは異なり今後はリファインの定着支援でスタッフのご支援を受けながら働くことができるので大変心強いです。

これから新しい会社でやるべき仕事を覚え、会社に定着していきたいと思います。そして必要なスキルや専門性を身につけ会社に貢献したいと思います。それがご支援を頂いたリファインの皆様への恩返しになるのではと思っています。
ここからがスタートだと思っています。

S.H.さん(20代:女性)

新卒で営業として入社しましたが、自分はこの仕事で役に立っていない、生産性がないなど自分を責めるようになり、営業する自信もなくなり一日に何度も涙を流す日々が続きました。
休職してから2月にリファインへと足を運びました。
利用者さんに優しくしてもらいとても安心しました。
3月末に退社し、4月から正式入所した時はこの先どうなるか、社会復帰できるのか心配で辛くなってしまった時もありました。
スタッフさん、利用者さんの皆さんに励まされて、社会復帰を目指すことを決めました。
ワークでは自己理解を少しずつ学び、センター長面談では自分の歪んだ考え方を指摘して頂き、最初はモヤモヤと腹落ちが出来ずにいましたが、そこから見えてくる自分の強みや弱みに気づき、弱みは悪いものではなく、強みの裏返しでもあり、ストレスを感じる場面で出てくるサインだと思えるようになり、嫌いだった弱みも受け入れるようになりました。
就職活動では、自分にあったと会社があるのか、自分のことを受け入れてくれる会社に出会えるのか不安でいっぱいでしたが、キャリアカウンセラーさんのサポートがありながら、一人ではなくリファインと一緒に就職活動している気持ちで臨むことができました。
結果自分のことを受け入れてくれるところにご縁があって、
第一志望の会社に就職が決まり、この度社会復帰することができました。
リファインに来て1年3ヶ月自分のための時間、自分と向き合う貴重な時間を過ごしてきました。
自分らしさ、誰でもない自分にあった働き方を一緒に見つけてくれる場所だと思います。
ここまで支えてくれた、リファインスタッフさん、家族、友人、関わってきた全ての人々に感謝を申し上げます。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ