卒業生の声(リワーク/転職)

40~50代

H.Yさん(40代:男性)

私がリファイン就労支援センターを知ったきっかけは、主治医からの紹介でした。
メンタル不全で休職に入り3ヶ月がたった頃で休職に入った時より、動けるようになっていたというより家の外に出られるようになったという状態でした。
その状態の時に、私は主治医に復職できないかと投げかけた所、その答えは、「あなたの場合、再発する可能性が高いです。ここへ行かれてみては?」と紹介されたのが「リファイン就労支援センター」でした。
初めは、ここへ行かないと復職を認めて貰えない、そんなに時間がかからず2~3月で出られるだろうと主治医から復職の診断書をもらう為の条件という考えで訪問したのがきっかでした。
その当時の私は、自分が鬱病だと認め切れて無く、仕事から逃げ出した駄目な最低な人間だ。
これ以上、駄目な人間になりたくない。
人にも迷惑をかけている、早く復職をして家族を守る(?)いや、自分のプライドを守る事としか考えていませんでした。
入所して一番最初に衝撃を受けた事は、他の方の症状や状態を聞くと自分と同じである事がわかり、その時初めて自分が鬱病である事を認識しました。
そして、鬱病が再発リスクの高い病気である事を知りました。
私がリファイン就労支援センターに通う決意をし、本気に取組ようになった理由としては、次の3つです。
1. 再発防止プログラムに多くの実績を持っている事
2. 上記だけではなく、社会復帰後の為にヒューマン・ビジネススキルアップ
プログラムも多く取り入れている事。
3. 一番の大きな理由は、スタッフ全員が自分の為に支えてくれている実感を持った事

そして、様々なプログラムワークを通じて、「人との関わり合いの大切さ」や「自分とは何者か?」、「人生とは?」とこれまで生きてきて考えた事もないテーマに真剣に向かい合う事にしました。

一番苦悩したのは、メンタル不全になった要因を振り返る時でした。
何とも言えない感情(怒り・悲しみ・絶望・自己否定)がフラッシュバックしてきました。
このままこの振り返りを続けるべきか悩んだ時、リファインのスタッフにためらいもなく相談し、話を聞いて貰いました。

今までの私なら自分の弱さを人に見せる事を避けて、心の中に溜め込み時間をかけて解決をしていたか、時間に身を任せ風化するのを待っていたと思います。

しかし、話した事で今まで自分が拘っていた物が自分を苦しめていた事に気づきました。
又、悩んだり、迷ったりした時、私には強い味方がいて、時に厳しく、道が逸れたら方向修正をしてくれる人達が見守ってくれているという安心感を持ちました。

それからの私は、自己理解を深め、人生をどう送りたいかを考え続け、『私の取扱説明書』にまとめました。

『私の取扱説明書』は私の弱み、強み、これからの人生のロードマップ、これから起こりうるかもしれないリスクの対処法をトレーナーの先生に何度も何度も、現実的に実践できる物なのか、何でそう考えたのか等を繰り返しながら、作成した物です。

取扱説明書を実践する場として「就業トレーニング」(リファインの協力会社に出勤し、簡単な仕事を行う、社会復帰前のウオーミングアッププログラム)に行った時、取扱説明書に明記していなかった私の弱みが見つかりました。
その翌朝に、代表からあなたはどうしたいのか問われ、私は個別のトレーニングを要望しました。

その翌日から、センター長が毎日通常ワーク終了後、個別トレーニングを行い、時には厳しく、よくできた時は良かったと評価を貰い、その他のテクニックや体験談など身になる生きた話をして頂き、失いかけていた自信を取り戻す事ができました。

本当に忙しい日々を送られている中、個別メニューを私が復職の試し出社始まる前日まで付き合って頂きました。

私はメンタル不全になった事で、デメリットよりメリットを多く感じています。
リファイン就労センターに足を踏み入れていなければ、再発防止はもちろんの事、自分を嫌い続け、人を信用できず、感謝する気持ちを失っていたかもしれません。

代表が都度「一生のお付き合いですから」と言ってくれます。
この言葉が、私にとって心の支えになっています。
そして私は、「私の方こそ一生のお付き合いをお願い致します」と思っています。

F.Nさん(40代:男性)

メンタルヘルス不全が原因で会社を辞めて、主治医から「こんなところもありますよ」として渡されたリファインのパンフレット。

メンタルヘルス不全で調子が悪く、どう就職活動をしていいのかわからない中で、とりあえずここに行ってみようかと思い、体験入所してみました。

行ってみると、明るく賑やかな雰囲気の中でみな活発に議論しています。この方たち本当にメンタルの病気なの?というのが最初の印象でした。

私にはとてもついて行けないと思い、尻込みしました。しかし、何とかメンタルを良くして再就職の手助けがほしいと思っていた私は、とりあえず我慢してついて行こうと思ったのです。

最初はグループワークについて行くのが精一杯でしたが、慣れてくると、このワークは将来どの場面で役に立つのだろうと想像しながら取り組むようになりました。
そうすると、積極的かつ主体的にワークへ参加できるようになってきました。

入所して2カ月ほどで、自分の取扱説明書の作成に取り掛かりました。幼少期から振り返り、自分の性格の分析、メンタルの病気の原因、病気への対処方法、これからどう生きて行くかということについて、自分自身と真剣に向き合いました。スタッフの方との十数回の面談を経て、3カ月かけて取扱説明書を完成させました。

その後は2週間の就業トレーニングをしました。自分の望んでいた職種の会社でトレーニングができたため、この体験は自分にとって、進むべき道の自信につながりました。

それが終わると、いよいよ就職活動に入りましたが、40代後半という年齢のため、相当な苦戦を強いられると覚悟していました。しかし、自分自身のことを取扱説明書でしっかり整理していたため、面接では何故この職種に就きたいのか、何故この会社に入りたいのかということについて、一貫性をもって話すことができました。おかげで数社から内定をもらうことができ、見事第一志望の会社に1カ月半ほどで就職先が決まりました。

入所してから9カ月。入所当初は就職の焦りばかりありましたが、焦りを捨ててじっくり腰を据えてリファインで学んだことがいい結果に結びつきました。

病気から立ち直り、何とか社会復帰しようと志を同じくする仲間たちと、それを優しく厳しく見守ってくれるスタッフの方々に囲まれて、有意義な毎日を過ごすことができました。

特に役に立ったのは、認知行動療法を実践する「感情日記」。日々のネガティブな感情の認知を変えて、ポジティブな感情に変える訓練を毎日やることで、自然とそれが身につくようになります。メンタルの病気は薬だけではなかなか治りません。物事をネガティブに捉えてしまう認知の歪みを矯正していく必要があるのです。

リファインはまさに「大人の学校」。メンタルを上げるワークだけでなく、ビジネスとは何かを体系的に教えてくれるハイレベルな学校でした。そこには大人になっても学ぶ楽しさがありました。そのような機会を与えてくれたみなさまに心より感謝いたします。

K.Yさん(40代:男性)

私がリファインに来た理由何だったけ?
きっかけは、主治医の行ってみれば?行ったら何か変わるかも?という何気ない助言でした。

何でそこに自分が行かないといけないの?そこにいくの?疑問しかありませんでしだ。
とりあえず問い合わせして行ってみました。

最初の事だったので何もわからないままその日は終わったと思います。
でもその時感じたのは、そこにいる人達の皆さまが笑顔で楽しんでいるという雰囲気がとても魅力的でした。自分にもこんな事ができればもっと自分らしくできれば自分にも自信がついて表現できる、と体験した時に感じました。

まだこの時には自分がうつ病とははっきりとは思ってませんでした。ただこの時に此処に来て、なんとなく自分を変えたいと漠然と思いました。

体験が終わり通所するようになり日々のワークのなかでいろいろな人達の考え方を聴くなかで自分は、今まで自分の偏った考え方しかしてこなかったと思いました。
自分中心に考えて自分にしか出来ないという思考?
相手に干渉しない。自分が頑張っていくしかない。

そうか?こういう事を思い悩んでいること事態、あまりにも深く?考え過ぎてない?自分を追い詰めていると思う事になってました。
そんなことを積み重ねすぎてきた自分がはっきりとうつ病と自覚しました。

でもそんな状態でもここにいる仲間がそれぞれ自分を変えるには、どうすれば良いのかを考え同じように悩んででいる人達が周りにいて自分の悩み、喜びを開示する事で親身になって考えてくれ、あらゆる可能性をみつけてくれる環境は、自分にとってすごく良かったです。

自分の道しるべを思いえがくことが出来ました。主治医のちょっとした提案でしたが今ではこんなにも素敵な出会いがあり自分を取り戻し更に新たなる考え持つ事も出来ました。

自分を変えるというより、もともとあった本来の自分を取り戻した気持ちのほうが大きいです。

自分を理解して認知して出来るようになったのは、利用者様、スタッフ様に支えてもらえたからだと思っています。本当に感謝しております。有り難う御座いました

H.Mさん(40代:男性)

私はリファインへ通所する1年ほど前にメンタルヘルス不全を起こしました。
しかしその当時病気とは向き合わず、すぐに戻らなければという焦りから、少し
体調が良くなるとすぐに職場へ戻りました。

しかしその後も同じようなことを繰り返し、再度戻ろうとした際、医師よりリワーク施設の利用を勧められました。
いくつかの施設を推薦された中で、とても熱心に対応してくれると聞いたリファインを見学し、とても雰囲気が良かったので通所を決めました。

通所当初は2カ月程度で復帰しようと思っていました。
しかし日々のワークや、他の卒業される方々を見ていて、このまますぐに戻ったらここに来た意味が無いと思い、ゆっくり自分と向き合うようになりました。

通所中一番私にとって大きかったことは、自分の取扱説明書を作成したことです。
作成に何カ月もかかりましたが、自分の小さなころから振り返り、ワークなどを
通じ自分の気質・性格を改めて見つめなおし、自分の強み弱みは何か、どのようなことにストレスを感じるのか、なぜか、対処は、などを深堀し、スタッフのご協力をいただき完成することができました。
今後追記修正はあると思いますが、何かあったときに立ち返る基礎ができました。

今後色々な職業、年齢の方々と、分け隔て無く話し合う機会はなかなか無いと思
います。
通所していた時間は、私にとってとても貴重な時間でした。
私をサポートしていただいたスタッフの皆様、ワークでご一緒させていただいた
利用者の皆様、大変ありがとうございました。

Y.Wさん(40代:女性)

私は10年以上にわたり、うつ病で苦しんでいました。再発したのは7回。
仕事は長く続かず、調子のよい時に短時間のアルバイトをしていました。

仕事もできない、鬱の時は日常生活もままならない。私は他人のお世話になりながら、ひっそりと生きていくしかないと思っていました。

しかしうつ状態が酷くなり、ゆっくりこれからの人生を考えた時、「自分を立て直して働けるようになりたい。」という気持ちが強くなったのです。
 医師の許可のもと、就労支援事業所をインターネットで検索し、退院後にいくつかの就労支援事業所を見学、体験しました。

リファイン就労支援センターは気になっていましたが、利用者のほとんどが第一線で働いているビジネスマンだと聞いて、私にはレベルが高そう・・・としり込みしていました。記念に見学だけしようと思ったのが、入所のきっかけです。

見学に来てみると、スタッフの方が親切丁寧に説明、応対してくれました。
今までの病気の経緯を話したとき、スタッフの方が「社会復帰できますよ、大丈夫ですよ。」と言ってくださって、人生に希望が見えた感じがしました。

入所してみると、とても友好的な雰囲気で、年齢・肩書き関係なくいろいろなと話すことができて、とても刺激的でした。まるで学生に戻ったような気分で楽しい毎日を過ごし、うつ病になる前の元気な自分を取り戻すことができました。

またスタッフの方々と何十回も面談して、自分の将来の方向性をゆっくり考えていけたのは、とても有難いことでした。

就職活動では、10年ぶりに、うつ病になる前と同じポジションの仕事に決まることができました。

これから人生の再スタートですが、私にはリファインと利用者の仲間たちがいるということで、とても心強く感じています。
社会復帰への道を開いてくださったリファインに、感謝しています。
素晴らしい出会いと時間をありがとうございました。

M.Tさん(40代:男性)

メンタル不全に陥り休職してから2か月、主治医にまだ不安や心配事が多いと伝えたところ、

「リファインにいってみませんか」と言われてその足で見学に来たのが始まりでした。

その時は、正直半信半疑でした。「通ってどうなる?本当に良くなる?」という感情。

ただ、このまま休んでいても何も変わらないということも感じており、頼ってみようと思い通所を開始しました。

通所まもなくの感想は「みんな本当にメンタル不全なの??」でした。ワーク中やそれ以外でも笑顔が多く、とても楽しそうでした。「自分もそうなれるのかな・・・」。

半信半疑のまま通所していく内、自分にも笑顔が戻ってきていることに気づきました。

リファインで学んだことの文章を読むより、まずは体験してみるべきだと思います。

グループワークあり、カウンセリングあり、時には課外散策あり、といったように多彩なプログラムから、自分自身を見つめ、気づき、回復につながっていきます。

特に自分にとって大きかったのは「自分取扱説明書」。「就労トレーニング」。

「自分取扱説明書」は、社会復帰後メンタルに不調をきたすような出来事がおこった場合、

必ず助けになると思います(これも 初めは半信半疑でしたが・・・)。

約1年通所しましたが、自分にとってとても大事な1年でした。

日常のプログラムもそうですが、通所を通して知り合った、スタッフや同じ悩みを抱え通所している方々も含めて。

メンタル不全に陥る原因は「人」がほとんどではないかと思いますが、メンタル不全から立ち直るきっかけをくれるのも「人」です。

その後者の「人」が、リファインには必ずいます。

まずは体験してみて下さい、そして通ってみて下さい。

私に関わって下さった方々全てに御礼申し上げます。ありがとうございました。

S.Iさん(40代:男性)

競争社会からの挫折、過度の他者比較の苦しみ。
「何で自分だけがこんなに辛い思いをしているのだろう?この世は不平等だ。」
自分自身の不甲斐なさと会社への不満を抱きながら、主治医と会社の方針に従い、リファインの門を叩いた。

 当初、ここは自分の来るべき場所ではない、ここでは自分は変われないとの思い込みから、身も入らず、受動的に来て帰るを繰り返した。そのうち、徐々に同じような境遇、悩みを持つ仲間と話ができるようになったことがきっかけとなり、このままでは何も変わらない、同じことをまた繰り返すと気付き、まずはリファインのスタッフ、仲間達を信用、信頼することから始めようと心を入れ替えた。

 色々なリファインプログラム、スタッフとの対話、カウンセリングや仲間との雑談から自己理解を深め、徐々に歪んだ自分から本来の自分を取り戻している実感が沸いてきた。

リファインに通所している間、自分の幸せは今いる職場では得られないとの結論に達し、離職して転職をする、人生の大きな決断をした。この決断もリファインに通所することなく一人きりだったらできなかっただろう。そして元の職場に戻ったとしてもまた再発していたに違いない。離職、転職を決意できたのは、スタッフや仲間のサポートが得られることに他ならない。

自分はもう一人ではない。支えてくれる、病気を理解してくれる、相談できる、心強いスタッフ、仲間がいる。そう思えたことで転職活動にも前向きに取り組めた。

最後に、人との繋がりは大きな財産です。人と話すことが私の大きな薬となったことは
間違いありません。

 人間は一人では生きられない。そう実感したリファインでの生活でした。

K.Kさん(40代:女性)

休職、復職を繰り返す中、図書館に通っては色んな鬱病に関する本、心理学の本を
読み漁り、自分なりに心のケア術を学んだつもりでいました。
ですが、なかなか思うよう回復せず…

現状のままではと思い、主治医のご紹介で「リファイン就労支援センター」
に通うことに決めました。

ですが、私の場合、そこからがまた長い日々の始まりとなりました。

入所を決意するも安定した通所が出来ず、最初の数か月はひと月に何日通所出来たか
片手で数えられる程度のものでした。
それから次第に「リファイン」から足が遠退き、全く通えない日々が続きました。
そんな日々の中、

『このままではダメだ!』

この時、入所してから既に半年以上が経っていました。
意を決し、「リファイン」に連絡を入れました。

『また通所を再開したいのですが…』

すると、快く要望を受け入れて頂けました。

『お待ちしています!』

と。

この様に決意はしたものの、気持ちに体がついて行かず、安定した通所はままならない状態が続きました。

「すぐに疲れてしまう、風邪を引きやすい」
「???」

ここで体力、免疫力が以前に比べ格段に低下していることに気が付きました。

その様な中、リファインの方から「特別課外プログラムを実施するので参加してみないか?」とのお誘いを
頂き、自信はなかったのですが、参加することにしました。

この「特別課外プログラム」とは、毎朝(8時)から1時間程度、上野公園の自然の中を散策するものでした。
目的としては、「散策を通し、ストレスの低下および体力向上等を目指す」ものとして開始されたプログラムです。
私の場合、8時に上野公園集合となると家を6時台に出る必要があります。
ですが、できる限りのことはしようと決め、お休みすることもありましたが通いました。
それが、1月下旬の非常に寒い時期から始まり、上野公園の桜が満開になる4月過ぎまで続きました。

このプログラムを通し、徐々に体力を取り戻していき、休みがちであった私が、プログラムを終了する頃には
随分とお休みする日が減っていました。
今思えば、このことで忘れていた「達成感」をいうものを取り戻すことができた様な気がします。

私の場合、ここでやっと自分の「体力」のベースができ、ここから「心の力」をつけていく準備が整った感じでした。

ここからのことは他の社会復帰された方々が書かれているようなグループワークを通じ次第に心も元気になって行きました。
ここで「リファイン」に通い始める前に抱いた疑問

『本を読み漁り、自分なりに心のケア術を学んだつもりでいたが、なかなか思うよう回復せず…』

この答を私なりに出してみました。

学習し頭では理解しているのだが、実際に試行・行動してみないと会得できないものであったのです。

その会得の場が「リファイン就労支援センター」であったことは間違いありません。
センターに通う仲間とワークを通じて、試行錯誤を繰り返し自分に合った認知・行動の取り方を習得していきました。

この度、第一志望の会社に就職が決まりました。
新しいスタートを切れることになり、ご尽力頂いたリファインの皆様、またワークをご一緒させて頂き私にたくさんの
気付きを下さった仲間の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

M.Kさん(40代:男性)

私はリファインに1年間通所した結果、メンタルダウンを単なる失敗と単純に解釈せ
ずに、人生を変える転機(チャンス)を得たと解釈するようになりました。
このようにポジティブに解釈する習慣が、今回の一番の収穫だと、私は思います。

・以前の私の考え:
失敗は他人のせい、環境のせいだ。もしくは、私の人格に問題があるのだ。

・現在の私の考え:
失敗は誰にでもある。過去と他人は変えられないのだから失敗を長く引きずってしまう
のは良くない。大事なのは現在で、未来(理想の自分)を見据えて、今ここから自分を
少しずつ変えよう。

もしも「問題点は長所を過剰使用してしまう癖だ」と解釈すれば、
人格には大して問題がないことになる。そのように解釈しよう。長所を適切なレベルで
活用することを習慣化しよう。PDCA(Plan/Do/Check/Action)のサイクルを回してい
こう。

 リファインではリワークプログラムの集大成として「自分取扱説明書」を作成します
。これは「問題点は長所の過剰使用であるケースが多いのですよ」というメッセージが
込められているのだろうと、私は思います。自分では短所だと思っていても他人から長
所として褒められるという事はありませんでしたか?お世辞だと考えていませんでした
か?逆に長所が他人からは短所に見えることも、あるようです。上司から叱責されたと
き、人格を否定された!と考えませんでしたか?

 リファインは利用者同士の意見交換が活発です。意見交換は利用者任せになっている
わけではなく、スタッフがさりげなくあなたを守ってくれます。リファインに来てあな
たの長所を自慢してください。短所を愚痴ってください。きっと長所から短所(に見え
てしまう行動レベルの問題点)が発見され、短所から長所が発見されるだろうと、私は
思います。

K.Mさん(40代:女性)

私が初めてリファインを訪ねた日から2年以上が経ちました。
当初はどんな所なのか見学だけでもさせてもらおうと軽い気持ちで伺ったのですが、気づけばリファインは私にとって、大切な学びの場であり、心を許せる仲間との出会いの場になっていました。
そして三日坊主の私が毎日リファインに通所し続け、無事に卒業できたのは、沢山の「お陰様」があったからでした。
井田代表はじめリファインのスタッフの方々や共に学んだ通所者の方々からの励ましや心配り、的確なアドバイス、そしてずっと傍で応援し続けてくれた家族の存在。そうした沢山のお陰様にあらためて感謝しながら、今この振り返りの文章を書いています。

私がリファインに通所し始めて数か月後、最初に気づいた大きな変化があります。
「あれ。私、最近泣いてないなぁ…。」
リファインに通所する前の私は長年のメンタルヘルス不全に関わる様々な苦しみに耐えきれず、時折、号泣することがありました。ふいに大きな悲しみや先々の不安に襲われては、涙が一気にあふれてきてどうにも止められませんでした。
そんな私がリファインに通所し始めてからは不思議と泣くことはありませんでした。もちろん通所中にも様々な迷いや悩み、先々の不安は変わらずにありました。それでも以前のように急に号泣するようなことがなくなったのはなぜか。
それは、あるがままの自分に○×をつけずにそのまま素直に見つめる自分が、リファインで少しずつ育っていたからでした。
リファインのワークはどれも実践的で様々な種類のものがありますが、ベースになっているもののひとつに「リフレーミング」と呼ばれるワークがあります。一見ネガティブに見える出来事を別の視点で眺めてみることで、不快な感情を減らすというトレーニングです。
このリフレーミングを日々、リファインで実践していくことで、少しずつ、でも確実に私の「リフレーミング筋」は強くなっていきました。
結果、物事を様々な視点で見ることが習慣となり、自分の短所だと思っていた部分に対しても、それまでとは違った見方ができるようになりました。そのことでやっと、あるがままの自分を受容できる心のゆとりや穏やかさが生まれたのだと思います。

また、臨床心理士の松島先生の定期的なカウンセリングのお陰で、自分のその時々に取り組むべき課題が明確となり、その課題に勇気を持ってチャレンジしていく中で一歩ずつ前進している実感が掴めたことも大きな自信となりました。
そして、ありのままの自分の心情を毎回丁寧に聴いて下さる松島先生の傾聴力に触れるうち、自分自身が自分にとって一番のカウンセラーになることこそ何より大切なことなのだと気づかされました。
自分の心と体の声にできるだけ丁寧に耳を傾けること。それは他者に対する思いやりや優しさにも繋がっていくものだと思います。

現在、リファインを卒業して3か月が経ちましたが、通所中に重ねていった多くの学びは、漢方薬的にじわじわと確実に効いている実感があります。きっとこれからの人生においても、私の自己治癒力を底上げし続けてくれるのではないでしょうか。
そして、リファインで知り合えた大切な仲間たちとのプライスレスなご縁に感謝しつつ、これからも共に励まし合い、学び合いながら、笑顔の多い毎日を過ごしていきたいと思っています。

1 2 3 4 5 6 7