企業の方へ


リワークサービス

現代では、「職場の人間関係」や「仕事の質」・「仕事の量」などが要因となり、メンタルヘルス不全に悩むビジネスマンの数が増加しています。特にうつ病の再発率は約60%、再々発率は80%以上になり、復職をしても再休職となるケースがほとんどです。これにより各企業が受ける企業損失は社会問題にもなりつつあります。うつ病などの再発を防ぐためには、罹患した原因を探り明らかにすると共に、疾患の方に対しての豊富な実績と知見がなくてはなりません。リファイン就労支援センターの「リワークサービス」では、企業の皆様が感じている問題意識や困りごとに対しその原因はなにか、どうすれば解決に繋がるのかをサポートし、「安定復職」「再休職防止」などセカンドキャリア実現に向けた専門サービスを行っています。

企業の抱えるメンタル不調社員対応の課題

課題 問題点
悪化・再発防止
  • 何度も休職を繰り返し、病気が治っていないのではないか。 そもそも病気なのに働いていて、大丈夫なのか。 (会社としても、安全衛生配慮義務違反になるのではないか)
  • 責任のある業務を任せることもできず、本人は恐縮するばかりで、もっと悪くならないか心配だ
配置等の問題
  • メンタル不調を抱えたまま働ける部署もないし、ゆとりをもった働き方もさせてあげられない。
  • 病気や障害に配慮しなければならないが、どこまで配慮すればいいのか
  • 休職中の代替え人件費が高く、負担が大きい。
今後の対応策
  • 復職しても戦力にならないのであれば、戻られても困るが、どうすればいいのか分からない
  • 別の働き方を考えるチャンスを作ってあげたほうがいいのではないか
  • 休職や配置転換もしてきたが、本人も人事も行き詰ってしまった。
休職中の管理
  • 休職期間や各種提出書類・手続き(傷病手当金・保険料の会社立て替え負担分の回収等)の管理
  • 休職者への定期的な連絡と状況把握 など


リファインリワークサービスの特徴

基本的な考え方

  • 生き方・ビジョンの再構築を通して、再発しない職場復帰
  • 対象を20代~50代のビジネスマンに特化
  • 「うつ病」を中心とした気分障害に限定
実践的プログラム
ビジネスシーンを想定・身につける指導・第一線の外部講師活用
「通所型」による会社組織を前提とした運営
ビジネスシーンを想定・身につける指導・第一線の外部講師活用
主体性を重視した風土
全てのカリキュラムを通して、利用者本人が主体的な気づきを得ることを重視
企業(産業医)・主治医・弊社の三位一体の支援
メンタルヘルスのプロフェッショナルの連携によるバックアップ
専門性のあるビジネス経験が豊富なスタッフが対応
人材ビジネス(リクルートグループ等)での人事関連業務経験者を配置

ご相談は下記までお気軽にご連絡ください。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善・復職は
一般社団法人 リファイン就労支援センター
リワーク事業本部

〒110-0015 東京都台東区上野2-11-1 桂昇東上野ビル5F
お問い合わせ TEL:03-5817-4105
mail:rework@refine-work.jp