卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

Y.Y.さん(50代:男性)

50歳を超えて、このような晴れ晴れとした気持ちで、人生をリスタートできる機会を頂けることになるとは思ってもいませんでした。

1年と3か月もの間にお世話になった、代表、センター長、スタッフの方々、各階メンバーの方には本当に感謝しかありません。

私は、5年前に早期退職をし、全く業界も規模も違うメーカーで働き始めました。この2社目の会社は非常に魅力的な商材を持つ会社でしたが、1社目で凝り固まった自分自身の認知のゆがみと昔ながらの社内プロセスであった会社環境も相まって徐々にストレスを溜めることが多くなって来ました。3年目に迎えるころには業界や会社に対する不信感が拭い難くなってきていました。

そんな頃に実家の父親が体調を崩し始め、おととしの春ついに亡くなりました。時を同じくして母親の健忘症も激しくなっていることが発覚しました。母親の生活維持のための段取りや父親の仏事を終えた後、会社に復帰し、通常業務に戻っても、私主導での様々な相続処理や間の悪いことに自身の家族の転居手続き等も重なってしまい、オフタイムが完全にオフにならない感覚に陥り始めました。最終的には、あるお客様からのクレームメールを朝の寝床で見た瞬間、完全にすべての活動が停止。会社にも通勤できない状況に陥りました。

嫁からメンタルクリニックに行くように諭され、這うようにたどり着くとそこで「鬱」の診断が下されました。しばらくして産業医とも面談できるようになり、2回目の産業医面談時に「再発防止を考えるなら、とにかくリファインに行くことが肝要だ」と説得され、その日のうちに産業医からリファインに電話を入れるよう指示を受けました。

おととしの夏過ぎに体験通所、秋から本通所を開始しました。最初、「メンタルダウンされている方の通う施設=暗い方がどんよりしているイメージ」だったのですが、通所中の皆さんと触れ合う中で「(明るすぎるくらいの)メンバーの人柄の良さ、人の意見に共感する力、新たな視点で頂ける言葉」に限りない魅力を感じ、体験初日にすっかり「通うならここしかない」の直感を得ました。ただグループワークなどで全力で人の話を聞いたり、考えたりすることは思いのほか体力を消耗するのだということも体験通所当初は感じてもいました。

その後おととしの年末まで様々なWorkを受けさせていただくうち、「自身の価値観、決めつけで他者へ向き合っていた」ことが少しづつ理解できるようになってきました。ある日他のメンバーの方の「トリセツ」発表を聞く機会を得て、「人はここまで自分を真摯に開示し、分析できるものなのか」と衝撃を受けました。俄然自分も取り組みたくなったのを覚えています。

トリセツ作成中の面談での先生方の話術は見事でした。まずこちらの説明をじっと傾聴され、少し口頭補足等をすると「それはとても面白い着目点ですね。そのくだりも別にまとめて見ましょう。貴方ならできますよ」と褒め殺しの宿題が次々と提示されます(笑)。

また代表との面談が始まると、原因と見ていたいた「トラウマが真の原因ではないように思う」との指摘を受けます。「ストレス耐性は決して低くはない。守るものがあったためその判断をせざるを得なかっただけ。今回のダウンは『この年齢で自然に考えること(このままでいいのか)』と『想定外に重なった様々な活動』が一気に身体に不調を引き起こしただけじゃないですか?」の見立てに「過去を深く掘り返して『病根』を見つけよう」と過度にもがいてきた自身の方向性が間違っていることに気付きました。

トリセツ作成途上に「退職プロセス」にも迫られました。人間、一旦手に入れた安定したもの(=休職し施設に通う)から飛び出すときに大きなストレスを受けるのは自明です。ただ我が事になるとその揺れは想像以上でした。時間をかけて退職を産業医に伝えたその日の夕方、センター長に報告の電話をいれた時、「大丈夫。あなたなら絶対新しい環境を見つけることができる。すでにあなたに感謝している人は施設内に何人もいる。最後には感動的な卒業セレモニーになるはずだ。」との言葉を頂いたことは忘れられません。あの時あの言葉にどれほど勇気づけられたかわかりません。

今年秋になり今回の採用会社からの求人に巡り合い、その業務内容に大いに魅力を感じ、これまで以上に時間をかけて応募資料を作りました。でも面談では逆に意気込み過ぎないようにも気をつけました。最終的には長い就活生活の末たどり着いた自然体の面接時間も過ごせ、ZONEに入った感覚すらありました。

ただ最終面接を済ませたあとのご返事を頂くまでの10日間は正直に言うと何も手に着かない幽体離脱したような心境でした。そして暮れも押し詰まった12月末に内定確定メールをいただいた時は人生で久々に飛び上がりそうなうれしさを味わいました。メンバーの方にお話しすると一部の方は涙を浮かべて喜んでいただけたり。「家族以外でも自分の就職をここまで喜んでくれる人がいたんだ」という幸せをかみしめることかできました。

 

「怒りや悲しみは自分軸のフィルターを取り去ることが大事ですが、うれしいことは逆に他人のフィルターを介してさらに確認した方がいいんだな」などと最近は考えています。

この間に得た知見はこれまでの人生に比肩できるものだとさえ感じます。自分がこんなに人生に真正面からぶつかったことも、ネガな結果を受け入れたのも、さらに最終的には自分の周りの人に腹をくくって関与しようさえ思ったこともたぶん生まれて初めてだと思います。

 

父親が亡くなったこと

自分が動けなくなったこと

代表がこの施設を作られたこと

産業医が強くこの施設を推薦してくれたこと

自分の認知の癖をつかめたこと

人と話すことがこんなに大切だったときづいたこと

私より大変な経験をした沢山の優秀な若い仲間と交われたこと

世の中に役立とうと起業されている若い人たちがこんなにいるんだと知ったこと

 

今は「人生に無駄なプロセスはないんだ」と素直に思えます。これからもここで学んだことを次世代に、世の中に「恩送り」していければと思います。自分の人生を楽しんでいきます。本当にありがとうございました。

H.M.さん(40代:男性)

私は、小さい頃から転校を多くしてきて、会社に入ってからも転勤の多い生活を送ってきた中で、常に周りを気にしながら生きてきた気がします。

会社に入ってからは自分の快な環境では物凄く力を発揮できるのに、自分の苦手な環境では萎縮してしまい崩れてしまう、という風に「合う、合わない」がはっきりしていました。

今年の1月にダウンして休職することになり、環境に左右されやすい自分を根本的に見直したいと思い、リファインに足を運びました。ここに来るのも正直、自分の中では相当の葛藤と勇気が要りました。それは、「カッコ悪い自分、ダメな自分」を受け入れたくなかったからだと思います。

結果的にこの11ヶ月で、このリファインという場を借りて、色々なことを試して、やってみて変わったと実感しています。

正確に言うと、どうやって本来の自分を取り戻して自分をコントロールできるようになったのかということですが、リファインで学んだ3つのパワーワードを交えながらお伝えしたいと思います。

【リフレイミング】

有名な「コップ半分の水」の話は学生時代に受験の時に父親に言われた例え話でしたが、本当の意味は当時は分かっていなかった気がします。リファインでこの思考を手に入れられたことで、認知が大きく変わりました。

リフレイミングで言うと、やはり毎日の「感情日記」が大きく自分の思考の変化に影響していたと思います。今まで200回以上の感情日記を書いてきましたが、今思うと毎日やってきたことにより、自然と自分の感情を「一旦受け止めて、流していく。」という訓練を行なっていたのだと思います。

ダウンしている時は事実から逃避しがちですが、やはり負の感情を一旦受け止めて流すことが大事なんだと思います。また、毎日ネタを 考えなくてはならないので、色々なアンテナを張ることにもつながりますし、何よりもコミュニケーションツールとして自己開示することにもつながりました。

もう一つ、リフレイミングでいうと、「一つの選択肢に縛られない。」ということを私は大事にしてきました。会社以外の活動場所も増やそうと思い、今年の6月頃から課外サークルに入り活動も進めてきました。リファインに長く居ると、どうしても外界と離れているため、社会復帰できるのだろうかと不安になる時が出てきます。

そんな時にある課外サークルに出会い活動し始めましたが、そこで感じたことは、毎日のグループワークでのディスカッションが効いてきていること、またそのコーチが自分史を振り返ることが重要とも言っていて、まさに取説でやってることだ。と思えたことでリファインでやっていることの意義を感じ自信もつきました。ここでやっていることは必ず社会復帰後も生きるので、皆さんもぜひ自信を持ってください。

【アサーション】

「自分の気持ちと相手の気持ちを尊重する。」

所謂、相互尊重ですが、私も含めてここにいる皆さんは、自分の気持ちを犠牲にして他人優先で動いていた人が多いかも知れません。自分をよく理解すること。自分の気質や性格をしっかりと把握する、自己受容することで本当に楽になりました。

例えば、今でも復職を直前にして、正直不安な気持ちもあります。しかし、これは自分の神経質という気質と「心配性、繊細、敏感」から来るもので、それが「漠然とした不安 」なのか「受け止めている不安」なのかで大きく意味合いが違います。

リファインで作り上げた自分の取扱説明書は人生の羅針盤であり、一生の宝物となりました。

 

【リレーションシップ】

「聴く、話す、笑う。」

メンタルダウン時には得られなかった充足感をリファインで得ることができました。

また、このリファインというコミュニティーは、自分というブランディングを試せる実験場です。「自分が考えている自分」と「他者から見えている自分」のギャップが少なければ少ない程、生きるのが楽になると感じています。

やはりリファインに来て1番大きかった収穫は、自分の3rd placeが出来たことです。本当にこの1年はリファインな1年でした。「自分の中のつながり」、 「他者とのつながり」を感じた1年でした。

リファインという場を提供して頂いた代表、センター長、叱咤激励をしてくださった里子先生、並びにスタッフの皆様、この11ヶ月間、変わらず自分を受け入れてくださった通所者のメンバーの皆様に感謝の気持ちで一杯です。

O.T.さん(40代:男性)

私はパニック障害がきっかけで休職する事になり5ケ月程自宅療養しましたが回復が見られなかった為、医師の勧めでリファインに通所を始めました。

それから通所期間、約1年を経てリファイン卒業・復職を迎えた今の率直な感想はリファインでのカリキュラムをこなした結果、自己&他者理解が深まり、更に、新たな自分に成長出来た事に正直驚きを感じてます。

これまでの自分は自身のことや将来のことを真剣に考えることも無かったので、通所当初は戸惑うことも多々ありました。

日々行われたワークで出される様々な課題毎に自分の考えを書き出し、話すこと、それに周囲からアドバイスをフィードバックをもらうことを繰り返すことで自分の心底にあるモヤモヤしたものが少しづる見えてくるようになりました。

今思えばインプットで終わらず、アウトプットとフィードバックにより気づき深めることを重視したワークの方針が自身の認知を高め、自己理解や他者理解に繋げてくれたと考えてます。

またリファインの最大の特徴である自分の取り扱い説明書の作成は、予想以上に難関で何度もスタックして自分探しにとても苦しみました。

しかし、その対価として

①自分はこの世で唯一無二の貴重な存在であること、

②ありのままの自分を受容し自分を愛していいこと、

③笑顔で明るい自分でいれば前向きに何事にも取り組めること、

④他者に感謝することの大切さ、

⑤他者と協力しながら仕事することの大切さ、

など今後充実した幸せな人生を送る為に必要な大事なことを自己理解、他者理解、コミュニケーションスキル、仕事に対する意識改善策等と共に知り得ることが出来ました。

この努力の成果は、復職前の産業医と人事担当との面談時に取説の一部内容を説明した結果、今迄ここまで自己理解を深めた説明を受けたことがないとの想定外の反応を得たことで早速感じることが出来ました。

同時にリファインの中では当たり前と思えたことが、実社会ではかなりレベルが高いと評価を受けたことで今迄やってきたことに間違いは無かったと、復職してからの自分に自信を持つことが出来ました。

ここに至るまでには、代表、スタッフの皆様の全面的支援と、同じ通所者の皆さんの存在無くしてはたどり着くことは出来ませんでした。皆様のサポートに心から感謝しております。

あと、この1年間で自分が取組した中で思い出深いのが、自己肯定感UP対策でした。

対策は色々と試行錯誤を繰り返し、その結果一番効果を感じたのは、“他人に感謝すること”でした。

最初は“自分ではなく他人?”という思いはありましたが、感謝ノートを作り毎日、ひと、物、なんでも感謝したいことをダメもとで書き始め、数ヶ月経ったころ、感謝の対象に“自分”を加えることに抵抗がなくなり、日常生活で笑顔が自然に出てくるようになった頃には自分を愛する言葉、他人に感謝する言葉が自然に浮かぶようになりました。

この頃から自分の意欲・自信が高まり、取説作成に対する姿勢も前向きになり、完成に向け加速したと記憶してます。この対策で学んだことは紙にアウトプットを日々し続ける継続的な努力が大切だということでした。

また上記の体験を経て、“今を大切に生きることの大切さ”を知ることも出来たと思ってます。

この言葉に対する当初の私の考えは、今、その瞬間を大切に過ごす日々を積み重ねことは、成長した自分の未来のみを作ることが出来ること思ってました。これに伴うい小さな自信の積み重ねで自己肯定感をUP出来たのだと思っていたのです。

でも目線を変えて過去目線で考えたら、“今を大切に生きること”を決意した時点の“今”から良い未来に日々進めば、その時点の“今”から後ろに存在した過去の“今“を振り返ると、その間は”良い過去“を作れたのではないか?即ち、苦しかった過去の記憶に代わる”新しい自分にとって良い過去“を作れる!そして、この新しい過去も自己肯定感を高める重要な因子となったのではないか?と考えるようになりました。

あくまで私の持論ですが、これらの考えを纏めると、日々を大切にして、アウトプットという行動を一生懸命継続することが自己肯定感を高め、自分、他人に感謝できる人間になれた一つの方法だったとの気づきを私なりに得ることが出来ました。この気づきをこれからも大切にして日々の生活に活かしてゆきたいと思います。

最後にこの1年間を総括するならば、休職直後は正直人生終わったと思ってましたが、今はこの1年は人生の中で自分を成長させてくれたもっともラッキーな1年だったと心の底から言い切れます。

復職後はリファインで得た多様な知識、体得したことを基盤に試行・失敗を繰り返しながらでも今以上の成長して充実した幸せな人生を送る事と共に、周囲に過去の自分と似た境遇の人がいれば自分の知識を少しでもその人達の役に立てるようなサポートしてゆきたいことが今の自分の夢であり目標です。

この目標の達成を目指してこれからも日々頑張ってゆきたいと思います。

E.Y.さん(50代:男性)

このサイトをご覧になっている方の多くはおそらく主治医からあるいは産業医からリファインを勧められた方ではないでしょうか。

そして一体どんなところだろうと疑問または不安に思っていらっしゃるのではないでしょうか。

百聞は一見に如かずと言いますが、リファインでは体験が無料で行えます。

一人で解決しようとせず、まずは一歩を踏み出してみませんか。きっといい意味であなたの期待を裏切ってくれるはずです。

かくいう私も入所のきっかけは決して褒められたものではなく、一度目のメンタルダウンの時点で産業医から勧められていたにもかかわらず、何となく行きたくないなとか自分で対処可能だと考えて復帰しましたが、1年で二度目のメンタルダウンに陥り、休職を余儀なくされました。

自分としてはそれなりの準備を積んで復職をしたつもりでしたが、この時点で一人では同じ事の繰り返しとなると考えて通所を決断しました。

実際に通ってみると自分と同じようなバックグラウンドの方もいらっしゃいますが、多様なバックグラウンド、職種、経験、世代の方々や素晴らしいビジネスキャリアの方もたくさんいらっしゃいます。

こうした方々と日々ワークと言われる課題を行い、自己理解を深めていきます。自分はどんな人間であるのか、どのような人間になりたいと考えているのか、どのような思考パターンがあるのか、ストレス下ではどんな行動特性があるのかなど。

そうして再びメンタルダウンをしない方法を多角的に身につけていくのです。

リファインの特徴はテイラーメイド、ひとりひとりに寄り添った解決方法を見つけていくことにあります。きっとここではあなた自身への解決方針、方法を見つけ出せると思います。

また再びメンタルダウンをしない方法を探るだけではなく、人生一度立ち止まって将来の自分をデザインしなおしてみるいい機会ではないかとも思います。このサイトをご覧になった方が自信を取り戻し、素敵な人生を歩みだすことを願っています。

K.Y.さん(40代:女性)

私は30代半ばに困難なプロジェクトで責任ある立場を担いきれず、過労状態で休職しました。復職後は色々セーブしながら低空飛行を続けていましたが、自己肯定感がじわじわと削られていき、40代に入る頃には自分をまるで肯定できなくなり、ささいなきっかけで再び墜落してしまいました。

体力が戻っても、また同じことになるのではないか?という不安が強く、対症療法ではなくもっと根本的な対策をしたいと主治医に伝えたところ、リファインを紹介いただきました。通所期間を経て、大きく変化を感じたのは以下の3点です。

1;体質改善

私は通所始めの頃まったく体力がなく、食事もまともに取れない状態でした。痛みや怠さしんどさに慣れてしまい、改善しよう、できる、という気力がほとんどなかったです。

リファインには栄養や睡眠などに関する専門的な講義もあり、何が足りていないのか、どうすれば変えられるのか、具体的な方法論を学ぶことができます。ただこういうものは知って満足してしまい行動が伴わないケースが多く、実際これまでの自分もそうでした。しかしリファインでは、知るだけでなく、わかる、できる、まで到達するための支援とプログラムが充実していることと、時に優しく、時に厳しく指導してくれるスタッフの皆さま、そして共に課題に向かう仲間がいることが大きな励みとなり、楽しみながら新しい習慣をつくることができました。

いま自分の体調をコントロールできずに苦しんでいる方には、ほんの少し行動を変えることで体調の良い日が増えていく不思議な感覚をぜひ味わって欲しい、と切に思います。

2;自分や他者との向き合い方

グループワーク主体のプログラムでは、本当に多くの発見がありました。特に、自分の思考の癖に気づいた時は、一気に視界が広がります。一人で悩んでいると同じことをグルグル考えてゴールを見失いがちですが、他者の視点を取り入れることで自己理解が進むということを身をもって実感しました。

更に「自分の取り扱い説明書」をまとめる過程では、自己受容と自己開示の壁がありました。向き合うのが辛いことも多々ありますが、再発しない生き方を模索するためには、避けて通れない問題です。どんな状態が「快」かは人それぞれ異なるので、自分で答えを出すしかありません。結果として、私にとってはこのトリセツを作るということ自体が「対処療法ではなく根本的な対策」となりました。自己開示、個人的なことを気軽に相談できるようになったことは大きな進歩です。

3;感情との付き合い方

私はメンタルダウンに至る過程で、自分の感情を蔑ろにしていました。

辛い、苦しい、いやだ。

楽しい、嬉しい、好きだ。

個人的な感情で動くことは、我がままで、やっちゃいけないことだという思い込みが強かったです。アドラー的にいうと、物分かりの良い子でいることで居場所を守ろうとしていたんだと思います。でもそれをしすぎると、自分自身の中にすら自分の居場所がなくなってしまう。自己否定の塊になってしまう。

この怒りの源泉には何があるのか?この悲しさを生み出しているものは何なのか?なぜこの言葉をもらうと嬉しいのか?このひとと話すとほっとするのはどうしてなのか?感情日記で掘り下げていくとあまり直視したくないような自分に出会うことがあります。だから蓋をするんですけども。

でも、感情はエネルギーでもあります。わたしは取説の中で、自分の中にいる様々なキャラクターを可視化しました。これは認めたくない自分を受け入れるために必要なことでした。ただ、受け入れることと甘やかすことは同義ではありません。受け入れた上で、どう行動するかは自分で決める。できれば抑圧するのではなく活かす方法を考えたい。そのために、これからは自分の感情や感覚にもっと敏感になって、大切にして行こうと思います。

結局のところ私はずっと、居場所をつくるために仕事をしてきたし、したいのだと思います。自分が自分らしくあることで貢献できる、特性を活かすことで存在意義を感じてもらえる場所がほしい。でも組織に合わせて求められる役割を演じているうちに自尊心がボロボロになっていました。そういう行動パターンに気付いて、リセットして、本来の自分を見つめ直す時間を得られたことは、とても貴重で価値のあることと感じています。

復職か転職かに限らず、みなさんが心地よい居場所をみつけられることを、心より応援しています。

M.E.さん(30代:女性)

私は、四回目の休職時に主治医からリファインを紹介頂いて通所を決めました。

『自分の体調をコントロールしながら安定して長く働いていく』ことを目標にして通所を開始し、リファインで大きく二つのことを学びました。

一つ目は、自分の体調や感情に目を向け、心身の不調に気づき、それを適切な行動で対処することです。

私は『誰かの生活に役に立てるような仕事をしたい』と憧れて入社した会社で、特殊な勤務体系に身体を適応させることができず、休むことや気分転換をすることに対しても罪悪感を覚え、心身のメンテナンスを疎かにしていた結果、体調を崩すことになりました。

リファインに通所しながら、このような振り返りを行い、次はどう対処するのかをアドバイスを頂いたり本を読んでみたりしながら、自分に合ったものを見つけていき、自分の疲れや感情に目を向けながら少しずつ自分をコントロールできるようになりました。

二つ目は、『得意な人に頼っても良い』と自分を許容できたことです。『仕事の問題は一人で粘って解決すべき。無駄な質問をして上司や同僚に迷惑をかけてはいけない。迷惑をかけると解雇される。』こう思っていた私は、報連相(特に相談)が極端に苦手でした。

リファインには卒業生一人一人に向き合ってきたプロが集まられていて、毎日色々なアドバイスをくださいます。不安になった時に『明日、リファインの方に相談しよう。相談して良いんだ。』と思うだけで、心がとても楽になり気持ちが安定することを感じ、『相談→解雇』という極端な考えにしばられていた自分に気づき、『頼っても良い』と自分を許すことができたことで苦手だった相談が少しずつできるようになってきています。

リファインでは取扱説明書を一緒に作ってくださる先生方、講師の方々、キャリアカウンセリングの先生、心理カウンセリングの先生、日々の生活を支えてくださるスタッフの皆様、そして利用者様と毎日多くの会話をします。励ましの声をかけて頂きどれだけ心強かったことか分かりません。

リファインで過ごした日々、ワークの内容をメモしたノート、そして取扱説明書、全てが私の財産です。

就職先でもこれらを使い倒し、『自分の体調をコントロールしながら安定して長く働いていきたい』です。

1 2 3 4 5 23