社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

M.I.さん(40代:男性)

職場で疲弊し、会社に心療内科に言って来いと言われ、適応障害と診断された事が、始まりでした。その後の職場でも、この内容で良いのか?私は何か貢献できているのか? 常に心配、不安がつきまとい、自分が自分ではない感覚と恐怖。

そんな出口の見えない生活の中、主治医から紹介されたリファイン就労支援センター。
今は流れに身をまかせる時期だと感じ、通所を始めた。
きっかけは、卒業生がホームページ上に残した「自分の取扱説明書」という文言。

40代半ば。後ろを振り返る事なく、前に進んできたつもりだが、今は身体も、そして何より、心が前に進む事を拒んでいる。 自分を深掘りするには、良い機会かもしれない、いや、できるのは離職している今しかないと感じた。

生活リズムの安定化、各ワークでの気づき、新しい知識、適時行われるスタッフの皆さんによるカウンセリング、良い事、悪い事を全て受け入れる覚悟を必要とする取扱説明書作成。

就業トレーニングを経て、紆余曲折な就職活動の後、現職に付いた今言える事は、心がしんどい時は、何かを学び、変わり、成長している時期なんだ。という事。

その期間を得た今の私は、あの時、会社の産業医からドクターストップがかかった時の私とは違う。 人を大事に、そして何より自分自身を大切にしてあげられる。

I.K.さん(40代:男性)

私は仕事でミスをし理不尽に感じた叱責をされ、自信を喪失しうつを発症しました。また、完璧主義や偏った責任感により現実と理想のギャップを作り出し自暴自棄になっていました。

ある程度体調が回復した時主治医より社会適応のためにリファイン就労支援センターを紹介されました。当時はまだ働きたいという意欲よりも働かなければならないという義務感が強かったのですが、病気を治したいと強く思っていました。

 足を運ぶことに抵抗感がありましたが、とりあえず見学だけでもと考え、リファインを訪れました。そこで見たのは、とても明るい雰囲気の中で活発に意見が飛び交う光景でした。自分がその中に入って周りについていけるのかとても不安でしたが、社会適応のためにまず通ってみようと思い、3日間体験しました。

 最初は、日々のグループワークの中で自分の考えが浮かばず、まるでただそこにいるだけと思える日々が続きました。それ故劣等感を感じていましたが、スタッフや利用者の皆さんが優しくサポートしてくださり、前向きな気持ちが持てました。特に通所したこと自体をはじめ、自分が出来たことに対して評価してもらえて、来てよかったと思えたことは卒業まで通所し続けるための大きなモチベーションとなりました。

 そして通所を決意し、まずは著しく落ちた体力を取り戻すことと薬の調整に励みました。土台になる体調が安定していなければ考えが及ばないからです。体調が不安定な中、途中でくじけそうになりながらも、リファインが自分にとって社会復帰の最後の砦だ、と自分に言い聞かせて必死に食らいつきました。

リファインスタッフのサポートを受けつつ、その甲斐あって体調は安定し、いつの間にかグループワークでも自分の意見を積極的に伝えることができようになっていました。

 次のステップでは、日々のカリキュラムで深めた自己理解を文書にすることに取り組みました。しかし、表現力を必要とする文書作成の経験が乏しく、とても苦手なことがわかりました。また、調整した薬の影響で疲れやすさもあり、多くの時間がかかってしまいました。

 そして、自分の取扱説明書として書いた自分の気質や性格と適切な対処法の確認のために、2週間の就労トレーニングを行いました。

メンタルダウンの根本の原因である、一人で抱え込むという自分の特性に対する対処の「報連相」を強く意識して実践することができました。

 最終段階に入り、いよいよ就職活動に移りますが、自分が生き生きと働くための条件をまとめた就職羅針盤の作成後、どの企業でどんな職に就くのか迷いがありました。

そこで原点に立ち戻り、自分の気質・性格と照らし合わせて、会社が安定していて安心して働くことができるかという視点で改めて考えました。複数企業から内定を頂戴し、とても良いと思える第一希望の企業に入社させていただくことになりました。

 これまでを振り返ると、病気治療と認知行動療法、社会復帰は自分一人では到底成しえませんでした。サポートしてくださったスタッフの皆様、共に同じ目標を持ち切磋琢磨し合った利用者の皆様に大変感謝しております。ありがとうございました。

 最後に、私がリファイン通所を選択したのは主治医の紹介もありましたが、ここに掲載された卒業者の声を見て自分もそうありたいと感じたからです。過去の自分と同じように、社会復帰はしたいけれども怖い、不安だ、どうしていいかわからないという方がいらっしゃれば是非リファインを訪れてみてください。自分自身で希望や目標を見出し、それに向かっていくためにリファインスタッフと通所者の仲間が優しく導いてくれることでしょう。

H.N.さん(20代:女性)

わたしはリファインに通所するまで約2ヶ月間、病院に行く以外は外に出ない生活をしていました。

うつ病という病気になったこと、仕事を辞めなくてはいけなくなったこと、ただ家にいるだけ、このままではいけない、はやく社会に戻らなければいけないと思っているのに出来ない自分。

全てにおいて自己嫌悪に陥っていました。そんな中主治医に進められたのがリファインでした。

最初のころはグループワークにも身がはいらず活発な周囲の雰囲気にのまれ自分の意見を持つことも言う事もできずに、ただ黙って時間が過ぎるのをやり過ごしここにいることに意味があるのか、この間に社会復帰したほうがいいのではないかなどと様々なことを考えていました。働いていない自分に自己嫌悪を感じることも少なからずありました。

それでも毎日通い続け、グループワークに参加することで拙いながらも自分の意見が言えるようになったり、自己理解を深めることにより、自己嫌悪が少しずつ減り、生きるうえで本当に大切なものはなんなのか考えることができるようになりました。

それは共にグループワークをし気付きを与えてくださった利用者の方々、温かく見守ってくださった代表はじめスタッフの皆様のおかげだと思っています。本当に感謝しています。

また、就職活動についてもわたしはリファインに多く助けられました。本当にやりたいことはなんなのか、そのために必要なことはなにか、代表やキャリアカウンセラーの方と何回も話し合いました。

そのうえで最初に作成した就活の軸となる”羅針盤”を変更し、雇用形態にこだわるより今後自分が長くどんな環境、どんな仕事で働いていきたいかを優先して考えるというように方向転換をしました。

そして自分が働きたい環境で働くことや、そんな仕事をするために今のわたしに必要なのはまずスキルアップだと思い、今回の就職先を決めました。どれだけ迷っても方向転換をしても相談に乗っていただけるこの環境があったことは本当にわたしにとってありがたいことだと思っています。リファインに通って8ヶ月長いようであっという間でした。普通の生活じゃ経験できないことをたくさん経験できたと思っています。

リファインで関わってくれたすべての皆様に感謝します。ありがとうございました。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ