卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

E.Y.さん(50代:男性)

このサイトをご覧になっている方の多くはおそらく主治医からあるいは産業医からリファインを勧められた方ではないでしょうか。

そして一体どんなところだろうと疑問または不安に思っていらっしゃるのではないでしょうか。

百聞は一見に如かずと言いますが、リファインでは体験が無料で行えます。

一人で解決しようとせず、まずは一歩を踏み出してみませんか。きっといい意味であなたの期待を裏切ってくれるはずです。

かくいう私も入所のきっかけは決して褒められたものではなく、一度目のメンタルダウンの時点で産業医から勧められていたにもかかわらず、何となく行きたくないなとか自分で対処可能だと考えて復帰しましたが、1年で二度目のメンタルダウンに陥り、休職を余儀なくされました。

自分としてはそれなりの準備を積んで復職をしたつもりでしたが、この時点で一人では同じ事の繰り返しとなると考えて通所を決断しました。

実際に通ってみると自分と同じようなバックグラウンドの方もいらっしゃいますが、多様なバックグラウンド、職種、経験、世代の方々や素晴らしいビジネスキャリアの方もたくさんいらっしゃいます。

こうした方々と日々ワークと言われる課題を行い、自己理解を深めていきます。自分はどんな人間であるのか、どのような人間になりたいと考えているのか、どのような思考パターンがあるのか、ストレス下ではどんな行動特性があるのかなど。

そうして再びメンタルダウンをしない方法を多角的に身につけていくのです。

リファインの特徴はテイラーメイド、ひとりひとりに寄り添った解決方法を見つけていくことにあります。きっとここではあなた自身への解決方針、方法を見つけ出せると思います。

また再びメンタルダウンをしない方法を探るだけではなく、人生一度立ち止まって将来の自分をデザインしなおしてみるいい機会ではないかとも思います。このサイトをご覧になった方が自信を取り戻し、素敵な人生を歩みだすことを願っています。

K.Y.さん(40代:女性)

私は30代半ばに困難なプロジェクトで責任ある立場を担いきれず、過労状態で休職しました。復職後は色々セーブしながら低空飛行を続けていましたが、自己肯定感がじわじわと削られていき、40代に入る頃には自分をまるで肯定できなくなり、ささいなきっかけで再び墜落してしまいました。

体力が戻っても、また同じことになるのではないか?という不安が強く、対症療法ではなくもっと根本的な対策をしたいと主治医に伝えたところ、リファインを紹介いただきました。通所期間を経て、大きく変化を感じたのは以下の3点です。

1;体質改善

私は通所始めの頃まったく体力がなく、食事もまともに取れない状態でした。痛みや怠さしんどさに慣れてしまい、改善しよう、できる、という気力がほとんどなかったです。

リファインには栄養や睡眠などに関する専門的な講義もあり、何が足りていないのか、どうすれば変えられるのか、具体的な方法論を学ぶことができます。ただこういうものは知って満足してしまい行動が伴わないケースが多く、実際これまでの自分もそうでした。しかしリファインでは、知るだけでなく、わかる、できる、まで到達するための支援とプログラムが充実していることと、時に優しく、時に厳しく指導してくれるスタッフの皆さま、そして共に課題に向かう仲間がいることが大きな励みとなり、楽しみながら新しい習慣をつくることができました。

いま自分の体調をコントロールできずに苦しんでいる方には、ほんの少し行動を変えることで体調の良い日が増えていく不思議な感覚をぜひ味わって欲しい、と切に思います。

2;自分や他者との向き合い方

グループワーク主体のプログラムでは、本当に多くの発見がありました。特に、自分の思考の癖に気づいた時は、一気に視界が広がります。一人で悩んでいると同じことをグルグル考えてゴールを見失いがちですが、他者の視点を取り入れることで自己理解が進むということを身をもって実感しました。

更に「自分の取り扱い説明書」をまとめる過程では、自己受容と自己開示の壁がありました。向き合うのが辛いことも多々ありますが、再発しない生き方を模索するためには、避けて通れない問題です。どんな状態が「快」かは人それぞれ異なるので、自分で答えを出すしかありません。結果として、私にとってはこのトリセツを作るということ自体が「対処療法ではなく根本的な対策」となりました。自己開示、個人的なことを気軽に相談できるようになったことは大きな進歩です。

3;感情との付き合い方

私はメンタルダウンに至る過程で、自分の感情を蔑ろにしていました。

辛い、苦しい、いやだ。

楽しい、嬉しい、好きだ。

個人的な感情で動くことは、我がままで、やっちゃいけないことだという思い込みが強かったです。アドラー的にいうと、物分かりの良い子でいることで居場所を守ろうとしていたんだと思います。でもそれをしすぎると、自分自身の中にすら自分の居場所がなくなってしまう。自己否定の塊になってしまう。

この怒りの源泉には何があるのか?この悲しさを生み出しているものは何なのか?なぜこの言葉をもらうと嬉しいのか?このひとと話すとほっとするのはどうしてなのか?感情日記で掘り下げていくとあまり直視したくないような自分に出会うことがあります。だから蓋をするんですけども。

でも、感情はエネルギーでもあります。わたしは取説の中で、自分の中にいる様々なキャラクターを可視化しました。これは認めたくない自分を受け入れるために必要なことでした。ただ、受け入れることと甘やかすことは同義ではありません。受け入れた上で、どう行動するかは自分で決める。できれば抑圧するのではなく活かす方法を考えたい。そのために、これからは自分の感情や感覚にもっと敏感になって、大切にして行こうと思います。

結局のところ私はずっと、居場所をつくるために仕事をしてきたし、したいのだと思います。自分が自分らしくあることで貢献できる、特性を活かすことで存在意義を感じてもらえる場所がほしい。でも組織に合わせて求められる役割を演じているうちに自尊心がボロボロになっていました。そういう行動パターンに気付いて、リセットして、本来の自分を見つめ直す時間を得られたことは、とても貴重で価値のあることと感じています。

復職か転職かに限らず、みなさんが心地よい居場所をみつけられることを、心より応援しています。

M.E.さん(30代:女性)

私は、四回目の休職時に主治医からリファインを紹介頂いて通所を決めました。

『自分の体調をコントロールしながら安定して長く働いていく』ことを目標にして通所を開始し、リファインで大きく二つのことを学びました。

一つ目は、自分の体調や感情に目を向け、心身の不調に気づき、それを適切な行動で対処することです。

私は『誰かの生活に役に立てるような仕事をしたい』と憧れて入社した会社で、特殊な勤務体系に身体を適応させることができず、休むことや気分転換をすることに対しても罪悪感を覚え、心身のメンテナンスを疎かにしていた結果、体調を崩すことになりました。

リファインに通所しながら、このような振り返りを行い、次はどう対処するのかをアドバイスを頂いたり本を読んでみたりしながら、自分に合ったものを見つけていき、自分の疲れや感情に目を向けながら少しずつ自分をコントロールできるようになりました。

二つ目は、『得意な人に頼っても良い』と自分を許容できたことです。『仕事の問題は一人で粘って解決すべき。無駄な質問をして上司や同僚に迷惑をかけてはいけない。迷惑をかけると解雇される。』こう思っていた私は、報連相(特に相談)が極端に苦手でした。

リファインには卒業生一人一人に向き合ってきたプロが集まられていて、毎日色々なアドバイスをくださいます。不安になった時に『明日、リファインの方に相談しよう。相談して良いんだ。』と思うだけで、心がとても楽になり気持ちが安定することを感じ、『相談→解雇』という極端な考えにしばられていた自分に気づき、『頼っても良い』と自分を許すことができたことで苦手だった相談が少しずつできるようになってきています。

リファインでは取扱説明書を一緒に作ってくださる先生方、講師の方々、キャリアカウンセリングの先生、心理カウンセリングの先生、日々の生活を支えてくださるスタッフの皆様、そして利用者様と毎日多くの会話をします。励ましの声をかけて頂きどれだけ心強かったことか分かりません。

リファインで過ごした日々、ワークの内容をメモしたノート、そして取扱説明書、全てが私の財産です。

就職先でもこれらを使い倒し、『自分の体調をコントロールしながら安定して長く働いていきたい』です。

T.O.さん(30代:男性)

私はまず、医師にリファインのパンフレットをもらってからリファインにTELをするまで4週間かかりました。

そして通所を開始するまで1ヶ月。

そして、安定通所にはもっとずーっと時間がかかりました。

最初はかなりの不良でした。体調もですが、素行も。

当時の私は医師を誤魔化し、いかに手を抜くか、行ったふりをするかと考えていました。

今、考えれば、これは自分自身を狡猾で逃避型の人間であると決め込んでいたことから取った行動のように思います。

入所時はメンタルダウンの要因はパワハラと自分の弱い心であると思っていました。

そして、リファインに対しては負けない強い心を作るといった精神主義的な鍛錬をする施設と思っていました。

しかし、それは違っていました。

実際に通所をしてみると、プログラム、コンテンツが非常に豊富で、発現している部分的な脆性を近視眼的に補強するだけでなく、各人が自分らしく生き生きと今後の人生(仕事だけにとどまらず)を歩んでいけるようになるために包括的、複合的にサポートいただける施設でした。

そんな自分でも大きく変わることができたのです。

ここからは、それらを成し遂げるにために私が大事にしてきた考え方について、

一助になればと思いお話できればと思います。

取組みスタンス、ポイントは2つです。

まず1つ目は、これは特に面談時に意識していたことです。

それは、自主性を持ち、とことんとことん自分について考えるということです。

考え抜いて考え抜いて自己開示をすることです。

代表面談開始当時、井田さんは自分をじっくり味わってくださいという表現を用いられておられました。

しかし、私は時にそれ以上が必要だと考えていました。

味わうにとどまらず、グッと噛み込む、とことんとことん考え抜く。

エイヒレやスルメを食べる時のように。それで、ようやく出てくる旨味があるのです。

面談時、重要情報はしっかり考え切って、自分を出し切ってそれを伝えることができなければ、センター長も代表も正確な判断、ジャッジができません。

でも考え抜いてもわからないこともあります。しかし、その感覚が重要なのです。

そこを掘り下げる、なぜわからないかを考える。

そしてそれを開陳、披歴する。

また、センター長面談、代表面談の課題は「宿題」ではありません。自分の「人生の設計図」です。能動的に危機感を持って取り組むべきです。

そのように面談に臨んだからこそ、自分と向き合い切ることができ、真の自己理解、自己の特性を発見することができました。

2つ目は焦らないということです。

ここでは、人と比べることは何の意味もありません。

今後の人生を自分らしくいきいきと働く、生きるられるようになるのがゴールです。

自分が時間がかかったから言うのではないんですが、人によって進行ペースは違います。

それは人生経験、年齢、業務経験、業種が違うのだから当たり前であると考えます。

この私はこの通所期間について何か月分かのサラリーや短期的な昇進よりも中長期持続的により自分らしく、幸せを最大化するための投資期間であると考えていました。

よって、その他、世間一般の人や会社同期と自分が後れをとっているという考え方も捨てるようにしました。

焦らずにじっくりといいものを作ろう。ここでの一ヶ月は人生10年分の価値に相当する。

そう思って取り組んでいました。

これら2つが自分が大切にしてきた考え方です。

それではなぜ私がこのように前向きなマインドを持って取り組めるようになったかをお話ししたいと思います。

そもそもどうして安定通所ができるようになったのか。

それは皆さまの温かいサポートがあったからです。

不良通所者の私にも、

粘り強く向き合ってくださったスタッフの方々

決して怒らず丁寧に真摯にずっと向かいあってくれた山本センター長

心優しい6階メンバー

そんな中、特に自分の心に強く残っているのが、

通所が安定しない中、プログラム終了後、長めの個人面談の後、

かなり先に終わっていたのに、ずっと私を施設の外で待っていてくれたメンバー達がいたこと。そして、労い、奮い立たせてくれたこと。

これら出来事があり、私は心を入れ替えて通所するようになりました。

自分は仲間に恵まれました。そして、ここまでこられました。

みなさんも苦しい時は仲間に頼ってください。

取説でも扱ったことですが、これから、じっくりじっくりと達成感を味わいと思います。

全プログラムを修了し、私のストレスは大きく二つ、「外部要因ストレス」と「自己の内面起因のストレス」に大別できると考えます。そして、この二つは互いに連動しメンタルダウンに至りました。

これらを自己の特性を捉えた上で網羅的に対策し、環境に依らない本質的なストレス耐性を獲得することができました。

また、自分の思考のクセや行動特性をしっかりと正確に理解することができ、ライフイベントで発生する様々なトラブルに対しての有効な打ち手を体得することができ、非常に「生きやすく」なりました。

それは自己の内面を開示し、他の通所メンバーとのレベルの高い議論で研鑽され獲得できた果実です。これは通院や服薬治療だけでは決して得られないものだったと思います。

併せて業種、年代、キャリアもまったくバラバラな方々と毎日ディスカッションできたことはビジネスパーソンとして非常にいい刺激になりました。一生の仲間もできました。

休職当初はキャリアに傷がつくと早期の復帰を焦った自分ですが、短期的な昇進よりも長期的により良く「自分らしく」働ける心身を手に入れたことは非常に大きな収穫だったと感じています。

明日からがんばります。

本当に本当にありがとうございました。

Y.K.さん(30代:男性)

小さい頃から辛い経験をしてきましたが、その時々にチャンスを頂き乗り越えてこれました。
自分も誰かの力になりたいと思い働いてきました。
しかしながら自分にできることの限界を痛感し、せめて一番身近な家族だけでも何とかしたいと必死にやってきました。
しかし、それが大きなプレッシャーとなり自滅してしまいました。
主治医の薦めで、リファインを紹介頂き、再び働くために通うことになりました。
誰かの力になりたいという思いで今まで努力してきましたので、働いてもおらず家族のためにも何もできてない自分に当時は罪悪感と自責にさいなまれながら過ごしていました。
そんな時、スタッフの方々や通っている方々の励ましにより徐々に生活が安定してきました。
そして、リファインでの日々のワークに集中できるようになり、
他者の価値観に触れることで一人一人がそれぞれ大事な考えを持ち一人一人が大切な存在で個々に素晴らしい才能があることに気づきました。
徐々に自分も大切で、まだまだやり直す事ができると感じるようになりました。
更にリファインのように、人の生活を支え応援する場所が社会にあること。
通っている方々の社会をより良くしたいという強い思いがわかり、自分一人が頑張る必要はないと心から思え、自分で課していたプレッシャーから解放されました。
これからは自分のために、自分ができることをして、可能性をゆっくり探していこうと思えることができました。
目指していた未来とは違い、生き方や働き方を間違えて取り返しができないと思っていました。
しかし、リファインや出会った方々に多くのチャンスを頂けたということを感謝しながら自分の仕事をしていこうと思います。

M.Kさん(50代 男性)

メンタルダウンするまで、私は約30年間特段休むこともなく一つの会社に勤め続けていました。病気や怪我に無縁だったこともあり、体力任せに仕事を行っていたと思います。

加齢と共に徐々に無理が効かなくなり疲労が溜まっていましたが、自分がメンタルダウンするとは全く思っていませんでした。

私の場合は発達障害(ASD)であり、治療回復するというよりは、状態を理解してうまく付き合っていく方法を習得し社会復帰を目指することになりました。

リファインでは自身の気質・性格の理解を元にした再発防止策について考え、復職に際して一人一人のマニュアル(取扱説明書)を作成することとなります。何の助けもないと大変ですが、そのために認知行動療法に基づく多種多様なワークや講演等が用意されおり、途方に暮れることはありませんでした。

むしろその作業において、働く意味や今後の人生を落ち着いて考える時間と場所を持てたことが重要だったのだと思います。

似たような事情で集まった様々な立場の利用者の方々からは、ワーク等を通して従来の仕事の中では得られない貴重な知見を得ることができました。

またリファインの講師・スタッフの方々からも暖かく支援していただき、私としては新たに自分を見直す場としては格好の場所だと思っています。

表面的な回復だけなく、今後の人生をどう送ることが望ましいかといったところまで考え、以前の私と比べて今後に自信と安心を得ることのできた場だと思いました。

1 2 3 4 5 23