社会復帰された方の声

K.T.さん(30代:男性)

私は、数年前から仕事でのストレスが原因でメンタルの不調を感じていましたが、責任感から、だましだまし仕事を続けていました。2018年5月に、メンタル不調が仕事のパフォーマンスに顕著に影響を与え始めたのを機に医者に初めてかかり休職しました。

2か月ほど自宅待機し快復してきた折、主治医に再発の不安を話したところ、リファイン就労支援センターを勧められました。そこで、私は自己理解を深めること、そのうえで再発防止策を確立することの2点を目的に通うことにしました。

約6か月通所し、当初目的にしていた2点が達成できたことに満足感を覚えています。また、そのこともさることながら、この半年間は自分の生き方や働き方を見つめ直す期間になったと感じています。

日々の個人ワーク、グループワーク、他の通所者の方々とのかかわり、そして自分の取扱説明書を作成していくプロセスの中で、自己理解が深まり再発防止が見えてきました。

それでもどうしてもこれからそれが実践できるのか、また以前の自分に戻ってしまうのではないかという不安がありました。

そんなとき、自分はこの先どのような人間でありたいか、何を実現していきたいかなど、社会人生活に忙殺される中でいつしか押し留めてしまっていた自分の中の夢や志に再び出会うことができ、大切にしたいと思える瞬間がありました。それに気づいたときに再発防止も完成したような気がしたのです。

肯定的な雰囲気な中で他の通所者の価値観や考え方に触れることができること、スタッフの方が個々の状態や自律性を尊重してくださることが様々な気づきを生まれる根底にあると思います。

半年間このような時間を持てることができ良かったと今では思っております。

本当に感謝しています。ありがとうございました。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ