卒業生の声

S.D.さん(30代:男性)

私は、元々人に対しての苦手意識があり、だましだまし約10年会社に勤めていましたが、改善せず悪化する一方で、自分を責め続け、疾患を発症いたしました。
(発症直後は家族、友人と一対一でしゃべるだけでも過度の緊張をしていました)

そのため、
休職する事になり約2,3ヶ月 自宅待機をして体調は回復したのですが、
「復帰しても同じ状態におちいるのではないか」という不安があり
主治医に相談したところ、
勧められたのがリファイン就労支援センターでした。

リファインに通所して得たもの、学んだ事は様々ですが、
自分の中では大きく2つあります。

①失敗可能な状況で、自分を試す事ができる。
社会にでると失敗してもまったく問題ない場所というのは、
少なくなってきますが、リファインではそれが可能でした。

以前は、人に対する苦手意識を悟られたくないため、
極力コミュニケーションを避けてきましたが、

リファインでは苦手意識を開示し、
「ワークでの発言(約6人)⇒少人数での発表(約20人)⇒リファイン全体での発表(約70人)
⇒外部でのスピーチ(約50人)」

と段階的に人前で話すことにチャレンジができ、現在では、一対一はもちろんのこと、人前でのスピーチもできるんじゃないか!と自信に繋がっています。

②自分の取り扱い説明書の作成
今まで私は、自分自信を「深く」理解しておらず、
その為、苦手なことを改善したい。という気持ちも湧きませんでした。

自分の取り扱い説明書を作成するにあたって、
徹底的に自分を理解し、
苦手な状況を洗い出し、
改善するのか、避けるのか、
改善するのであれ、避けるのであれ、具体的にどの様な行動をとって行くのか。様々なパターンを考慮し、行動レベルまで落とし込みます。

また、気持ちが沈んだ時の身体的、精神的サイン、
回復するにはどの様な行動をとれば良いか。
何パターンもアウトプットして、対処を考えて行きます。

作成は時間がかかり大変ですが、
スタッフの皆様と二人三脚で何度も話し合いながら、完成させていきます。

その結果、どこにも売っていない自分だけの考えの指針、行動の指針が
出来上がります。

上記の様な、
人生を改善する為の「考え方」「方法」を知れたのは、
私にとってかなり大きい財産です。
約9ヶ月、リファインに通所しておりましたが、
自分の人生の中でもかなり有意義な時間になりました。

何より自分自身に自信が持てた。という事が大きいです。

本当にありがとうございました。
リファインで学んだ事を大切にプライベートもビジネスも充実した
人生を歩んでいきたいです。