社会復帰された方の声

M.I.さん(40代:男性)

職場で疲弊し、会社に心療内科に言って来いと言われ、適応障害と診断された事が、始まりでした。その後の職場でも、この内容で良いのか?私は何か貢献できているのか? 常に心配、不安がつきまとい、自分が自分ではない感覚と恐怖。

そんな出口の見えない生活の中、主治医から紹介されたリファイン就労支援センター。
今は流れに身をまかせる時期だと感じ、通所を始めた。
きっかけは、卒業生がホームページ上に残した「自分の取扱説明書」という文言。

40代半ば。後ろを振り返る事なく、前に進んできたつもりだが、今は身体も、そして何より、心が前に進む事を拒んでいる。 自分を深掘りするには、良い機会かもしれない、いや、できるのは離職している今しかないと感じた。

生活リズムの安定化、各ワークでの気づき、新しい知識、適時行われるスタッフの皆さんによるカウンセリング、良い事、悪い事を全て受け入れる覚悟を必要とする取扱説明書作成。

就業トレーニングを経て、紆余曲折な就職活動の後、現職に付いた今言える事は、心がしんどい時は、何かを学び、変わり、成長している時期なんだ。という事。

その期間を得た今の私は、あの時、会社の産業医からドクターストップがかかった時の私とは違う。 人を大事に、そして何より自分自身を大切にしてあげられる。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ