卒業生の声

O.N.さん(30代:女性)

「自分を変えたい」「持続的に、自分らしく、いきいき働けるようになりたい」

そんな思いから、私はリファインへ通うことを決めました。

以前の私は、「目の前の人の役に立ちたい」という気持ちから、仕事に夢中になる日々を過ごしていました。

やりがいもあり、充実した日々でしたが、一方で、自分自身を大切にすることができていませんでした。

自分の身体の不調のサインにも気づかず、大事にしたいことの優先順位もつけられず、無理をし続けていたからです。

結果、エネルギーが枯渇した状態が続き、休職に至りました。

 

最初は、なかなかその状況を受け入れることができず、

休むことへの罪悪感、焦る気持ち、「変われないのではないか」という自己嫌悪に何度も陥りました。

しかし、時間をかけて、この状況を「ありたい未来をつくる転機」「自分をアップデートする機会」と位置付けることで、

自分の課題と向き合うことができました。

 

リファインで過ごす日々には、様々な角度から内省を深めるきっかけがちりばめられています。

個人ワーク、利用者の方々とのディスカッション、講師の先生方からの問いかけ、

代表はじめスタッフの方々の細やかなサポートやカウンセリングなど、数えきれない多くの機会をいただきました。

その結果、自分への理解を深め、自己受容できるようになり、これからの生き方や働き方を再構築することができました。

試行錯誤を経て仕上げた自分の取り扱い説明書は、大切なお守りとなりました。

 

今、苦しい思いをしている方、将来のキャリアに悩まれている方、「自分を変えたい」と思っている方は、

ぜひ、ひとりで抱え込まず、リファインや、主治医の先生、誰かに話してみてください。

話すことは、時に勇気のいることで、怖さを感じることもあると思います。私自身がそうでした。

しかし、勇気を出して踏み出した一歩が、人生を大きく変えることもあるのだと今は実感しています。

人生100年時代とも言われる長い道のりのなか、

自己の内面と向き合う機会は、これからの生き方をより愉しむためのチャンスにもできると思うからです。

 

私は、約1年間の休職期間をリファインで過ごせたおかげで、「彩り豊かな生き方」を実現する一歩を歩み出すことができました。

ここで出会い、関わらせていただいた皆様とともに過ごした経験とご縁は、一生の財産です。

そのような貴重な時間を過ごさせてくださった代表をはじめリファインのスタッフの皆様に心から感謝しています。

ありがとうございました。