社会復帰された方の声

R.Eさん(20代:男性)

私は大学院に通う中でメンタルダウンしました。約半年の休養をしたのち、主治医より紹介を受けリファインに通い始めました。メンバーの中では珍しく、20代前半・社会人経験無しという状態でした。

通い始め当初は社会人経験がないことが言い出せず、他のメンバーを避けるように過ごしていました。居場所を作ることができず、辛い思いで通所をしていた記憶があります。

しかし、通所を続けるうちに声をかけて貰ったり、お昼ご飯に誘って貰えることも増え、徐々に打ち解けていくことができました。暖かく受け入れてくれたスタッフとメンバーにはただただ感謝しております。
体調も安定しだし就職を意識し始めた頃、2回の就業トレーニングを経験させて貰いました。実際の企業で1週間仕事をする中で、実際の職場で人間関係を作ることの難しさ(特に雑談すること)を生々しく経験することができました。
その後2ヶ月の就職活動を経て、リファインを卒業しました。

リファインに通う中で意識したことは、素直に話すことです。スタッフやメンバーはどのような話も受け止めてくれました。そのように過ごす中で信頼感を持つことができたことはかけがえのない財産になっています。
とても不安が強い私ですが、初めて社会に出ようとしている今、不安はありません。なぜならば、困った時や辛い時はスタッフやメンバーを頼ればいいと思えるからです。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ