卒業生の声

Y.O.さん(20代:女性)

私は2度、メンタルダウンをしました。
リファインは1度目のダウンの時にも主治医から紹介されたのですが、そのときは自分の力でできるなら自分でなんとかすべきだと考えていたので体験に行くことすら拒否しました。

メンタルダウン患者の中にはもっと大変な人もいる。その人達のために就労支援がある。自分は家から出たくないとか何もする気が起きないとかはなく、まだ元気があるほうだから就労支援の助けを借りるべきではない、甘えてはいけないと考えていました。

休職しながら就職活動をして新しい会社に入社しましたが、思い込みが激しく自分で自分を追い詰める癖のせいで、半年経ってからまたもメンタルダウンをしてしまいました。
さすがに2度もダウンをしたのでこのままではいけないと思い、リファインへ体験に行くことを決めました。

そういう意味では1度目のメンタルダウンから通所するまでに1年半近くかかりました。

リファインに来て良かったと思うのは、自分の感情に対して関心を持つようなり、早い段階でストレスに気づいて対処できるようになれたことです。
これまでの私は、ネガティブな感情は持つべきでないと考えて常に目をそらしてきました。見ないようにしているだけなので何の解決もできず、知らない間にストレスを溜めていました。

毎日のルーティンである「感情日記」を通して、ネガティブな感情を持つ持たないが大切なのではなく、その感情を受け入れた上でどのように考えと行動を変えていくかが大切だということに気づきました。
自分の感情を受け入れられるようになってからは、本当に生きやすくなりました。
今となっては、昔の自分はなんて難しく苦しい人生を送っていたのだろうと思います。
リファインに通所して本当に良かったです。
ここで学んだことを忘れず、より一層磨き続けて、楽しい人生を送っていきたいです。