スタッフコラム

より良い人間関係構築のためのコミュニケーション! うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の準備に!

投稿日:2017年9月26日

リファイン就労支援センターでは、うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、ご利用者様同士のグループワークでコミュニケーション能力を発揮するプログラムを日々行い、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたは、自分の仕事をスムーズに遂行する為に、より良い人間関係構築を意識していますか?

今回は、コミュニケーションワークの一環として、より良い人間関係構築のためのコミュニケーション手法を考えてみました。
「会社に行きたくない」、「職場のこと、上司のことを考えただけで憂鬱になる」。あなたもそんな経験はありませんか?
このような職場の悩みやストレスの原因は人間関係が多いことが、厚生労働省の調査でも上げられています。人生の半分以上を仕事に費やすのに、この悩みを抱えたままでは、精神面や仕事以外の場面で大きな影響を受けることが想定されます。                
それではどうすれば職場で良い人間関係が築けるか、以下3点のポイントについて、深堀をしました。

・目の合わせ方
・返事の仕方
・笑い方

これまでの自分について個人ワークを行い、グループワークで共有して 今後自分が人間関係構築の為に実行できる具体案を考えてみました。

ご利用者の皆さまの感想(一部)をご紹介します。

「仕事では緊張してしまい、相手と視線を合わせることが苦手でした、今回のワークで相手と目線の高さを合わせることを工夫されている方の話が印象的でした」

「断ることが苦手で、結果的に返事がついつい遅くなっていた自分に気づきました、適切な笑顔も良い雰囲気づくりには必要ですね!」

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ