スタッフコラム

「エゴグラム」で自己理解を深める! うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の力に!

投稿日:2017年10月4日

リファイン就労支援センターでは、うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、ご利用者様同士のグループワークでコミュニケーション能力を発揮するプログラムを日々行い、これからの人生を再設計して、以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

今回は自己理解ワークの一環として「エゴグラム」という性格診断テストをご利用者の皆さまに受けて頂きました。

「エゴグラム」とは、心理学者エリック・バーン博士が創始した「交流分析」という人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テストになります。
エゴグラム性格診断テストでは、人の性格を5つの心の領域(CP・NP・A・FC・AC)に分けて分析し、そのエネルギーの配分をグラフ化することで、その人の性格の偏りを捉えます。5つの心の領域とは、
CP(支配性)
厳しい心。自分の価値観を正しいものと信じて譲らない。責任を持って行動し、他人に批判的である。
NP(寛容性)
優しい心。愛情深く、他人を思いやって行動する。世話好きで保護的で親切である。
A(論理性)
論理的な心。現実を重視しており、計算力が高く、頭脳明晰で合理的である。
FC(奔放性)
自由奔放な心。明るく好奇心旺盛でユーモアがある。自己中心的である。
AC(順応性)
協調性的な心。他人からの評価を気にし、言いたいことを言わずに我慢してしまう。遠慮がちである。

自分がよりよい状態(快の状態)を継続して社会復帰する!それに向けて、上げていきたい 5つの心の領域のポイントを絞って頂き、具体的行動計画を立ててみました。

リファイン就労支援センターでは、理論だけでなく、行動化していくプログラムでご利用者様の社会復帰のお手伝いを続けてまいります。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ