スタッフコラム

「週間行動計画」で小さな階段を上り、徐々に自信へ!うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の準備に!

投稿日:2018年5月2日

うつ病やパニック障害等メンタル不全の克服をサポートするリファイン就労支援センターでは、他者理解・自己理解を深めてコミニュケーション能力を高め、ビジネスマン、サラリーマンの方の再就職・復職等の社会復帰だけではなく、その後の人生をより豊かにするために必要なことを利用者の皆さまと一緒に考え、実現する為に必要なプログラムを日々行っております。

日々のルーティンとして行っている、大人のラジオ体操で1日をエネルギッシュにする最強の朝活、視覚機能トレーニングで脳を刺激、思考を整理して集中力を上げる瞑想、一日の終わりのプログラムとして認知行動療法のコラム法をベースにした「感情日記」で日々の出来事に対する感情を書き出しグループシェア。週の始めには、今週の日々の行動計画をたて、先週の振返りをグループで行います。ご利用者様毎、それぞれ回復度合いが違います。目標は少し意識して行動すれば達成できるスモールステップ法で、最初から高い目標を掲げるのではなく、目標を細分化し、小さな目標を達成する体験を積み重ねながら、最終目標(社会復帰)に近づいていくことだと、リファイン就労支援センターでは考えております。

本日のプログラムは、今までの「行動計画」をご利用者様毎に配布して、自分の行動計画が妥当だったか?達成具合はどうか?を振り返って頂き、その後、グループワークシェアを行い、自己開示、他者理解、自己理解を深め、自分の変化を感じ取り、社会復帰に向けて新たな目標を設定しました。

リファイン就労支援センターは、ご利用者様、お一人おひとりに寄り添いながら、ルーティン化したプログラムでメンタルヘルス不全からの社会復帰へのお手伝いを続けてまいります。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ