スタッフコラム

「アサーション」でより良い人間関係を目指す!うつ病・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の準備に!

投稿日:2018年9月25日

リファイン就労支援センターでは、自己理解・他者理解を深めながら社会復帰に必要なコミニュケーション力を高め、うつ病やパニック障害・適応障害等メンタルヘルス不調から回復して社会復帰を目指すプログラムを行っております。

あなたは、自分が伝えたいことを相手に正確に伝えられていますか?

今回は、キャリア開発の一環として「アサーション」についてをテーマにプログラムを行いました。

アサーション(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つです。相手の考えを尊重しながら、対等に自己主張をしていくコミュニケーションスキルです。

あなたは、日頃このような悩みを持った事はありませんか?
相手の反応が気になって、自分の本音を相手に言うことができない。言うことができても、うまく伝わらず悩ましい。

アサーションとは「自分も相手も大切にする自己表現」と言えます。ビジネスの場面においても人は1人で仕事をしているわけではなく、人との関係の中で、成果を出していく必要があります。立場や年齢や価値観など違う人との良好な人間関係を築くことがビジネス上、最も大切なことと考ます。

職場を仮定して、以下の場面でどのような対応をするか?個人ワークを行い、グループワークでシェアました。

「資料作成が間に合わない」
「頼んだ仕事がどうなってるか?と期日前に上司に聞かれたら?」
「メールで報告したがあの件どうなった?と上司に聞かれたら?」
「同僚から同意を求められたが、NOと言いたいとき」
「仕事を手伝ってほしい時」

アサーションは、ビジネスの場では、欠かせないコミュニケーションスキルで、家族・学校・職場など人間関係においても効果的なコミニュケーション手法と言われています。

あなたも実践的なリファインプログラムでより良い人間関係を構築を目指してみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ