スタッフコラム

「自己PR」でエピソードを武器に!うつ病等のメンタルヘルス不全からの回復と社会復帰の準備

投稿日:2016年11月14日

リファイン就労支援センターでは、うつ病やパニック障害などメンタルヘルス不全で苦しんでいるビジネスマン・サラリーマンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、コミニュケーション力を高め身に着けるプログラムを日々行い、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたは、自分の具体的エピソードに基づいた「自己PR」をすることができますか?

本日のプログラムは、自分の経験を思い出し、そこから自分の強みを相手に伝える「自己PR」のプログラムを行いました。
誰でも、ストレスを感じると気分が落ち込む、仕事にやる気が起きないなど、心の不調を経験しますが、ストレスがどんどんひどくなってくると
「自分に自信がもてない」「こんな自分で申し訳ない」などと落ち込んだり悲観的になって自分を責めてしまい、ストレスを取り除いても心と身体の症状が改善しません。このような状態がメンタルヘルス不全です。
ご利用者様毎に回復度合いは違いますのでお一人おひとりの状態で無理はせず過去のエピソードを思い起こして頂きました。

ポイントとしてエピソードを「主体性で選ぶ」こと。自身が主体的に考え、行動し取り組んだ経験を思い出すということです。
肩書や規模、インパクトにはこだわる必要はありません。どんな地味な活動でも、本気で取り組んだ活動には、人柄があらわれます。
本日のプログラムも、ご利用者様毎に主体的に関わった活動を書き出して頂き、グループワークでシェアを行いそれぞれのエピソードから強みを抽出し「自己PR」を体験して頂き、他者理解と自己理解を深めました。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ