スタッフコラム

「リフレーミング」で不快を快に! うつ病・適応障害等のメンタルヘルス不全からの回復と社会復帰の力に!

投稿日:2016年11月7日

リファイン就労支援センターでは、自己理解・他者理解を深めながら社会復帰に必要なコミニュケーション力を高め、うつ病やパニック障害・適応障害等メンタルヘルス不全から回復して社会復帰を目指すプログラムを行っております。

あなたは、自分の不快な気持ちを、短時間で快の状態に変化させることができますか?

認知行動療法をベースにしたプログラムを実践している、リファイン就労支援センターでは「リフレーミング」をメンタルヘルス不全を克服する手法として重要視しています。「リフレーミング」とは、自分の認知を別のフレームで見ること、今までの考えとは違った角度からアプローチしたり、視点を変えたり、焦点をずらしたり、解釈を変えたりと、誰もが潜在的に持っている能力を使って、意図的に自分や相手の生き方を健全なものに、ポジティブな感情に変化させ快の状態を多くしていくことが目的です。

本日のプログラムは、即興リフレーミングと称して、瞬発力を意識してネガティブなワードをポジティブなワードにリフレーミングすることをグループワークを通じて行いました。
リファイン就労支援センターでは、受講されたプログラムを社会復帰後もルーティン化して、変化していく自分の気持ちを一定の状態に保っていくことが重要であると考えています。

認知行動療法をベースにした様々なリファインプログラムであなたも、メンタルヘルス不全からの克服と社会復帰を目指してみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ