スタッフコラム

キャリアデザインを描く!うつ病等のメンタルヘルス不全からの回復と社会復帰の準備に!

投稿日:2016年11月25日

リファイン就労支援センターでは、自己理解・他者理解を深めながら社会復帰に必要なコミニュケーション力を高め、うつ病やパニック障害・適応障害等メンタルヘルス不全から回復して社会復帰を目指すプログラムを日々行っております。

あなたは、自分の「キャリアデザイン」を描いたことがありますか?

「キャリアデザイン」とは、自分自身の職業人生、キャリアについて、主体性をもって自らが構想し、実現していくことを言います。
「キャリアデザイン」では、自分の経験や能力、スキル、ありたい将来像についてを考慮しながら、自らの持つ能力を活かすための仕事を明らかにしていきます。時代の変化が速くそして先の見通しもつきにくく、多様な働き方を求める人が多い現在、主体性を持って自らの能力を把握して「キャリアデザイン」を進めていくことは非常に重要な意味があります。

本日のワークは、3つの能力 ・前に踏み出す力(アクション)・考え抜く力(シンキング)・チームワークで働く力(チームワーク)の要素の自己評価を記入していただき、自分が目指す未来に伸ばす必要がある能力を選び、具体的にその能力を伸ばす方法を個人ワーク、グループワークを通じて考えて頂きました。

あなたも、リファインプログラムを受講して、豊かな未来を描いてみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ