スタッフコラム

〜視覚機能トレーニングで脳を鍛える〜うつ病などメンタルヘルス不全の回復と社会復帰のための力に!

投稿日:2016年11月24日

リファイン就労支援センターでは、うつ病やパニック障害・適応障害の回復・改善、そして再発なき社会復帰のために、認知行動の実践的なプログラムの他にも、毎日のラジオ体操や視覚機能トレーニング、ヨガ、自立訓練法、呼吸法など、心身共に効果的なプログラムを継続的に行っています。

毎週1日は、視覚機能トレーニングに焦点をあてて、ご利用者様毎にペアになって視覚機能のチェックをおこなっています。
視覚機能とは視力・眼球運動・両眼の協働した動き方・調節機能などの入力機能と脳の中で視覚情報を認知・記憶・イメージする処理機能、そして眼と体を協調させる出力機能があります。視力も入力機能の一つですが、視力がよくても他の機能に問題があれば視覚情報を効率よく入力したり、適切に脳の中で処理をして行動に移すことができません。特にメンタルヘルス不全になると視覚情報が脳に上手に伝達されないことが多く見受けられます。

本日はご利用者様同士ペアになって、互いの交流を楽しみながら、ペンを両手に持って相手に指示したほうのペンに顔を動かさず眼球だけを動かす訓練を、縦・横・斜め・寄り目のチェックを行いました。各自、得意な方向、苦手な方向があり、どうしても顔が動いてしまう方、眼球が縦は上手く動くいくが、斜めが動かない方などそれぞれのクセの把握ができました。

あなたも、心と身体に対応するリファインプログラムでメンタルヘルス不全からの回復と社会復帰を目指してみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ