スタッフコラム

“ワーキングメモリー”を意識する~うつ病・適応障害等のメンタルヘルス不全からの回復の力に!

投稿日:2016年12月22日

リファイン就労支援センターでは、うつ病や適応障害などメンタルヘルス不全で苦しんでいるビジネスマン・サラリーマンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、ご利用者様同士のグループワークでコミニュケーション力を高めるプログラムを日々行い、そして以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたは自分の「ワーキングメモリー」について意識をしたことがありますか?

ワーキングメモリ (作業記憶) とは、短い時間に頭の中で情報を記憶し、同時に処理する能力のことを言います。会話や読み書き、計算などの基礎となる、人間の日常生活や学習を支える重要な能力です。例えば、会話するときに相手の言葉を聞いて理解しながら受け答えをするときや、料理の手順を考えて調理するときにワーキングメモリーが発動している状態です。

本日のワークはゲーム形式で、関係の無い単語を5個並べて単語の順序を頭の中で覚えて頂き、その後、一旦別の作業に移りスポーツの種類を20種類書き出しました。そして再び、最初に覚えた5個の単語を並び順を思い出して頂き、ご利用者様毎の「ワーキングメモリー」を試して頂きました。

メンタルヘルス不全になると、頭の回転が遅くなったような、物事をスムーズに考えられないような覚えられないような、思考力や記憶力と関係するようなことでの不都合を感じることが多いかと思います。

あなたもリファインプログラムでメンタルヘルス不全からの回復と社会復帰を目指してみませんか!

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ