スタッフコラム

“強味の活かし方を5W1Hで整理する” うつ・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の力に!

投稿日:2018年12月6日

リファイン就労支援センターでは、うつ・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、これからの人生を再設計して、以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

こんなことがありませんか? 仕事をするうえで伝えたいことが相手に正確に伝わらないという経験はありませんか?

会話だけでなく議事録やメールなど文章を書く際にも伝えたいことが十分に伝わらなくて正しく理解してもらえないケースもあるかと思います。

今回のワークは、意識すべきビジネスコミュニケーションの基本となる「5W1H」について理解を深めした。

まずは個人ワークで、自分の強味を整理してみる。
・活かせる強味は何か?( What )
・いつ、どこで活かせるか?( When 、Where )
・誰が、誰にたいして(Who)
・どのように? (How)
・何故必要か? (Why)

具体的なエピソードを説明する際のポイントを、きちんと整理し説明することが重要です。

その後グループワークでシェアを行い、 5W1Hを意識し、習慣する事のに、様々な気づきがあったようです。

5W1Hの構成に当てはめ、箇条書きにすることで、情報の過不足に気づきやすくなります。そして自分自身も伝えたい情報の主旨を見失いにくくなることがわかりました。
相手に正しく伝わらず何度もやりとりするなど、時間や手間を取られない上手なコミュニケーションが可能になり、お互いにストレスをためることなく、より良い人間関係にも繋がっていきます。

リファイン就労支援センターでは、社会復帰後にも役立つ実践的プログラムで、ご利用者様一人一人に寄り添いながら、うつ病や適応障害などメンタルヘルス不調からの回復と社会復帰のお手伝いをさせて頂きます。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ