スタッフコラム

輝いている自分を発見!「ハイポイントインタビュー」うつ・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調からの回復と社会復帰の力に!

投稿日:2018年12月28日

リファイン就労支援センターでは、うつ・双極Ⅱ型・不安障害・適応障害等メンタルヘルス不調で苦しんでいるビジネスパーソンの方の社会復帰の為に自己理解、他者理解を深め、これからの人生を再設計して、以前よりも生き生きと幸せな人生を構築するお手伝いを目指しています。

あなたが、もっとも輝いていた時、何を感じていましたか?
そして あなたの周りの方はどんな表情をしていましたか?

今回のプログラムは、これまでのキャリアの中で「もっとも輝いていた時」を探求しました。重要なのは「最も」というキーワード、これが「ハイポイント」ということになります。

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)は、「問い」や「探求」によって、個人の価値や強みを発見し、それを受け入れ、可能性を最大限に発揮することを目指すアプローチです。
メンタルヘルス不調からの社会復帰を目指す方を支援するリファイン就労支援センターでは、社会復帰にも有効なこのアプローチをプログラムに取り入れています。

今回のインタビューは、ご利用者様お二人をペアにして、あなたのこれまでの人生で、「最も嬉しかったことは何ですか?」という「ヒーローインタビュー」の様なインタビューを、➀肯定的な問いで、➁相手が話したくなるコミニュケーションを意識して行いました。
共通するのが「最も」というキーワードです。これが「ハイポイント」ということになります。

一人30分という時間制限のなかで、「最も嬉しかったこと」をしていた時の自分の表情や気持ち、その時の価値観や自分の強み、関わっていた周囲の人を想い出し、これまでで最も良かった経験を振り返ることで「ポジティブ・コア」と呼ばれる「強み・重視している価値観」などを再発見することに繋がります。
そしてインタビュー後、「自分で話していて(聞いていて)気づいた強み・重視している価値観」をシェア、この時、お互いの気づきが違っていたとしても問題はありません。
心理学でよく知られる「ジョハリの窓」にあるように、自分は気づかなかったけど他の人は気づいたこと、を知る(受けいれる)こともとても重要です。
そして4名程度のグループになり、「他己紹介」の要領で、パートナーの話の概要とポジティブコアをシェアしました。

初めは長いと思っていた30分が、あっという間の30分となり、皆様活き活きとした表情でインタビューを終了しました。

あなたもリファインで、自分を発見してみませんか?

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ