スタッフコラム

「認知行動療法」!うつ病の回復。そして、再就職・就職・転職・復職を実現して再発防止!

投稿日:2014年8月19日

うつ病やパニック障害・適応障害などの回復・改善と再発防止に有効な方法に

「認知行動療法」という方法があります。

「認知行動療法」は世界的にも有名なうつ病やパニック障害・適応障害の治療法のひとつです。

アメリカやイギリスなどでは、うつ病の治療方法の第一選択肢になっているともいわれています。

具体的には、人はある出来事を、うれしいと感じることもあれば、悲しいと感じることもあります。

事実はひとつでもその意味付けは、その人の受け止め方によって異なります。

うつ病や、パニック障害の方に多いのは、

その受け止め方が、ある一定のパターンになりがちです。

自分を責めたり、必要以上にストレスを感じてしまいがちです。

無意識にさまざまな思い込みを抱えていますが、

それをトレーニングによって、認知=ものの見方、捉え方を広げるということをしています。

そのトレーニングのひとつがリフレリーミングです。

ものの見方、捉え方、枠組みを変えるというリフレーミングを練習することで、

ひとつのものを多面的に、多角的に捕らえることができるようになります。

同じ出来事を、いくつかの側面で見ることができるようになると、

今まではネガティブな捉え方や偏った感じ方をして、苦しくなったり、行動できにくくなったりしていたのが、

徐々に、ポジティブに、そんなに嫌でもなく、苦しまないように感じて、行動を起しやすくなります。

例えば、自分は心配性だと思っている人がいます。

心配性と言う部分を別の見方をすれば、

・多角的に物事を見れる

・物事に対して丁寧に対応する

・計画性がある

・慎重に物事を進める

という別の捉え方もできます。

一見自分に対して欠点や、短所と思ってしまいがちな部分も、

見方や環境を変えれば長所や特技に変わることもあります。

リフレーミングを活用して、ストレスを軽減し、

うつ病の再発を抑えることが出来るようになります。

知識として知っているだけではなく、使えるように繰りかえし

トレーニングをしています。

これが、リファイン就労支援センターの提供する、うつ病やパニック障害・適応障害を回復・改善して、

就職・再就職・転職・復職を支援する就労支援サービスです。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ