社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

A.A.さん(40代:女性)

会社でのトラブルでメンタルダウンし自宅療養していたところ、
主治医に勧められたリファイン。
「少しでも弱点を解消できれば」と通所を始めると、私の中にいくつもの大きな変化が現れました。
たとえば、前を向いて歩けるようになったこと。
かつての私はずっとうつむいて歩いていました。
自分でもよくない癖だとわかっていましたが、他人と関わりたくない気持ちや他人の視線の恐怖から、どうしても顔を上げることができなかったのです。それが通所1カ月ほどで前を向いて歩くことができるようになり、同時に文字通り「前向き」な感情が自然と浮かんでくることが増えてきました。
また、対人面もガラッと変わりました。コミュニケーションに苦手意識があり、人づきあいを避けがちだった私が、リファインでのワークを通して苦手意識を克服したばかりか、本来は他人と関わっている方が快の状態でいられるということに気づいたのです。

そして、いきいきと自分らしく働くために転職しようと決断するに至りました。多くの場合、転職活動は不安がつきまとうもの。メンタルダウンからの社会復帰となればなおさらです。ですが、上記のような変化を経た私は、転職にあたっても「何とかなるだろう」と考えていました。
「自分取扱説明書」や日頃のワークで見つめ直した自分の強みや価値観、それらをアサーティブに伝える力は、面接の場では大きなアドバンテージとなるからです。また、「リファインがついていてくれる」という安心感は心の余裕につながり、落ち着いて転職活動に取り組むことができましたし、ときに専門家を交えながら、多くのサポートをいただきました。
その結果、40歳代、初めての転職、未経験業界で待遇アップという、独りでは困難な転職を叶えることができました。

私にとって、リファインは弱点を解消する場所というより、強みを手に入れる場所でした。ここでの貴重な経験は、今後も豊かな人生の大きな支えになってくれると思っています。

H.T.さん(40代:男性)

会社に行くのも家にいるのもつらい。震えやあらゆる身体的症状もつらい。
藁にもすがる思いで主治医のもとに駆け込み、紹介されたのがリファインでした。
私はこの前にも2回発症しており、投薬と療養で回復していくことは経験していました。
しかし何度もダウンするのには、何かしら原因があるのだろうと思い、
リファインで自己理解を進める決心をしました。
自己理解というのは、言葉で言うほど簡単ではありませんでしたが、
スタッフの皆さんの支援を受けながら私は変わりました。
今の私は、
・理不尽な叱責を受けても、へこみません。
・人前で、カチコチになることもありません。
・苦手な人を避けて生きる必要がなくなりました。
昔の私が極端に苦手としていたことが、今では何でも無いことになりました。
これは、我慢する術を覚えたとか、慣れたとか、そういったことではなく、
私の考え方が変わったことによります。
リファインは単なる就労移行施設ではありません。
自分で自分を理解し、変わっていく学びの場です。
学びは、活きやすい自分をもたらしてくれるでしょう。
————————

Y.M.さん(40代:男性)

二十代半ばから心療内科に通院する日々が続いており、このままでは埒が明かないと思い、「うつ病の回復・改善」と「社会復帰に向けた再就職支援」を謳っているリファインをインターネットで自ら探し、辿り着きました。

体験利用を経て、利用開始から再就職に至るまで一年五ヶ月掛かりましたが、無事に第一志望の会社に入社することができました。その期間は決して無駄なものではなく、寧ろ自分自身や家族のことを見つめ直す大切な時間になりました。通所前と比べて家族と接する時間も増え、自分から話し掛ける様にもなりました。
また、リファインから紹介していただいた提携クリニックの主治医との出会いも大きな転機となり、これまでの主治医による見立てとは違って目から鱗が落ちるものでした。

プログラムはうつ病やメンタルヘルス不調を対象にしたものであり、また、ビジネスマンに特化した内容にもなっており、「自分取扱説明書」や「就職羅針盤」を作成することで生き方やビジョンの再構築をすることも出来ます。
井田代表はじめリファインの方のサポート、そして利用者同士で励まし合うことで本当の自分らしさを再発見することも出来ます。
現在、メンタルダウンを起こして休職されている方には是非、リファインをお薦めしま

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ