卒業生の声(リワーク/転職)

40~50代

M.M.さん(50代:男性)

リファインに通って気づいたこと

今だから思えるのですが、今回のメンタルダウンは自分を見つめ直す良い経験となりました。医師に進められて偶然リファインに通う事になったのですが、この機会が無ければ自分がどう振る舞えば楽になれるのかを考えることも無く、復職してもただストレスに耐えながら日々を過ごしていたに違いありません。

リファインに通所し出して「これまでの人生で考えたことの無いこと」や「学んだことの無いこと」を学び、多くのことに気づかされました。その中でも自分にとって大きかったことは

  • 自分の気質というものを知った(自己理解)。また、気質は変えられないこと。

(自分が結構頑固で自由を求める人でした。)

  • 自分がどのようになれば楽な状況かわかった。

(言いたいことを我慢していると勘違い⇒自己主張は結構強い方でした。意見が通らない不満を我慢と勘違いしていました。)

  • 自分の癖(会話での)を知った。

(慌てると早口になり余裕が無くなる。傾聴がよく出来ていない。)

  • 自分のストレスを知った。

・責任感(責任を果たせない時の自責の念)

・不満 (思い通りにならない、納得感が得られない気持ち)

  • 自分に向き合うことを知った。

(自分の心や感情の変化を知る大切さ。自分を考える時間を作る必要性。)

また、リファインで行っているグループワークでは同じ境遇や悩みを持った人達も多く、参考になる話や共感する話を聞き、自分も話をすることで気持ちが楽になり、楽しい時間を過ごせました。今までにこの短期間でこんなに多くの人と話をしたことがありませんでした。

自分のことを親身に、時には厳しい言葉をかけて頂いた代表、センター長、スタッフの皆様に感謝しつつ、新たな自分で復職しています。

S.W.さん(40代:男性)

私がメンタルダウンになったきっかけは、未経験業務への変更と上司の変更。あわせて同時期にテレワークになり、上司や同僚と直接的なコミュニケーションが不足していきました。

私は顔をあわせた直接的なコミュニケーションを求めるタイプでしたが、上司からはメールやチャットで連絡するよう求められました。結果、上司に苦手意識を持つようになり、コミュニケーションの頻度は減少。相談もできない状態になっていきました。

そのころから不眠になり、メンタルクリニックにも通うようになりました。そのような状況下で、社内の大型プロジェクトのリーダーを任されました。リーダーシップを発揮しようにも、リーダーとしての方向性を打ち出せないことに悩み、メンバーに何を依頼したらよいのかわからない、上司に相談できない、結果ひとりで仕事を抱え込み職場で倒れ、休職にいたりました。

休職後も復職への焦りは強く、体調が回復していない状況で産業医に復職願を出しましたが、許可は得られることはなく、病院の転院を進められました。

そして、休職を延長し、病院を転院。担当医から「あなたには薬の増量よりもグループワークの方がメンタル回復につながる」と言われ、紹介されたのがリファインでした。

最初はグループワークでメンタル回復につながるのか半信半疑だったものですから、リファインに通い始めても焦りは減りませんでした。

それがグループワークで他者視点での気づきや自分の認知のクセなどを知ることにより、徐々に焦りが減っていきました。グループワークでは自分を受容してもらえる、安心した環境で、自己開示につなげることができ、コミュニケーションに対する自信回復にもつながりました。

そして、「トリセツ」と言われる「自分取扱説明書」をつくるころには、自分と向き合う時間が増え、焦りはさらに減っていきました。

トリセツとはリファインならではのツールで、幼少期からの自分を振り返ることで、自分の気質や性格を知り、自分だけの強みや再発防止策を作成していくというものです。

トリセツが自分史と異なる点としては他者視点を重視しているということです。他者から見た自分、自分の見えない自分を理解し、言語化し、受容することで自分の強みを知ることが出来ます。自分ひとりで作成するのではなく、面談を繰り返しながら作成することで、より自分の身についた現実的な再発防止策をたてることができました。

グループワークによる他者理解や受容、トリセツによる自己理解や自己受容を行う。どちらもリファインで経験できる大切な機会であると感じます。

リファイン通所前は、休職してしまったダメな自分という考えでしたが、今ではリファイン通所の期間は、よりよい自分になるためのプラスの時間であったと捉えることができるようになりました。

入所前の焦っていた自分が今の自分を見たら変化に驚くと思います。これから自分だけのトリセツを片手に、グループワークで一緒になった方達の笑顔を思い浮かべながら復職いたします。

S.Y.さん(40代:男性)

私は高圧的な上司との関係がうまくいかなかったことからメンタルダウンし、その後休職と復職を何度も繰り返しながら10年以上辛い思いをしてきました。

何度も病院を変え、何人ものカウンセラーと話をしましたが、状況が変わることはありませんでした。その後、就業にも支障をきたし、会社を退職することになり、将来が見通せなく不安な日々を過ごしていた時、妻がリファイン就労支援センターのHPを見つけ、私に通所することを勧めてくれました。

リファイン就労支援センターではグループワークを中心に行いましたが、元々グループワークや自分の意見を言うことが苦手な私は不安でいっぱいでした。しかしトレーナーや他の通所者さんがとてもやさしく、すんなりと馴染むことが出来ました。グループワークでは自己開示をしたり他者理解をしたりしながら、自分自身についてじっくり考えることが出来ました。

また、リファイン就労支援センターでは卒業までに「自分取扱説明書」を作成しますが、自分の取説を作ることはとても難しく、スタッフの方や代表の井田さんがつきっきりになり何度も話をして頂いたおかげで、自分の体調が何故悪化したのか、その後なぜ回復せずに10年以上も苦しんだのかがはっきりし、今後どうすれば再発せず、豊かな生活ができるのかということを、具体的な対策として策定することができました。

もう再発しないという自信がついたら、就労意欲も出てきました。とはいえ、10年以上も病気を抱えていた身としては、就職活動はたやすいものではありません。何社応募書類を出してもなかなか通過しませんでした。

ここで私はまたリファイン就労支援センターを頼りました。頼って感じたリファイン就労支援センターの就活面での強みは、二つありました。一つ目は通所開始からずっと見守って頂き、取扱説明書の作成にも関わって頂き、とことん私の強みも弱みも知っているスタッフに就職活動をバックアップして頂けるということです。どういう強みを生かせば就職活動が有利に進めるか、どういう職場が私に向いているか、どういう価値観を大事にすれば就職後後悔しないか等、親身になって何度でも相談に乗って頂きました。こんなことができるのは、リファイン就労支援センターならではだと思います。

二つ目は、就活支援の幅が広いということです。一般的な就職支援サービスでは、どうしてもサポート頂ける範囲に限りがあります。その点、リファイン就労支援センターでは、応募書類の書き方から面接対策、就活全体のスケジュールの仕方等、幅広く、そして細かく指導して頂きました。お蔭さまで、書類が通過しなかった状態が一転、複数の企業で面接がとんとん拍子に進み、最終的に第一志望に内定を頂くことができました。

リファイン就労支援センターに在籍した1年半で私は大きく変わることが出来ました。体調面もしっかりと安定し、不安は無くなりましたし、自信に満ちて表情も明るくなりました。これらの変化は、成長した部分と、元々の自分を取り戻した部分があると思います。

この変化は決して一人では成し得なかったものです。改めて、リファイン就労支援センターのスタッフの方々、里子先生、吉田キャリアカウンセラー、吉田センター長、そして代表の井田さんに御礼申し上げます。ありがとうございました。

Y.K.さん(40代:男性)

私が休職した理由はハードワークでした。労働時間はそれ程長くは無かったのですが、
とにかく欠員が出るとその穴埋めで仕事を転々としていました。

つまり新たな業務を任されることが多く、安定した仕事を行うことが無かったので緊張している時間が長く疲れ果ててしまったのです。

リファインに通うまでは、なぜ仕事を転々とすることに逆らうこともなく、むしろ率先して
そのような行動を取ってしまうのか分かりませんでした。

リファインでのワークや面談を通して価値観の大切さと自分の価値観を知ることになりました。

すると、今まで取ってきた行動は自分の価値観を満たしており、当たり前の行動であることが
分かりました。

ただ、その行動を思い返してみると自己の存在を度外視し、只々、価値観を満たす為の行動に
走っていたのです。その時自分は何か他者とずれていると感じつつも理由を考えようともしませんでした。

リファインにて価値観を大切にしつつも自分を大切にする事が如何に重要であるかを
学びました。今では自分を大切に出来ており、心地よい日々を送っています。

現在、迷いがあり、どう生きて良いか分からなくなってしまった方には、生きていく上で
自分を理解することが如何に重要かを学ばれると良いと思います。そして自分自身を深く
知った中で自分の価値観を大切にして生きていって欲しいと私は思うのです

S.N.さん(50代:男性)

私は入社10年目、仕事のつまずきが要因でメンタルダウンを起こし「うつ病」と診断されて初めて休職。その後20年にわたり何度も休職・復職を繰り返してきました。

この出来事は年数を経て勤労意欲どころか生きる楽しみまで消しさり「生きづらさ」を感じていました。そして2年前の休職で産業医からの勧めでリファインへ繋がりました。

リファインではビジネススキル、コミュニケーションスキルや感情コントロールスキルの向上を目指すプログラムなどを仲間とグループを形成して共に学び合います。

そして体調面や精神面でのカウンセリングなど手厚くフォローして頂きました。

その中でもリファインプログラムで特筆すべき点は、徹底的に自分と向き合い真の自分を知る「自分取扱説明書」の作成にあると思います。

この自分と向き合い本当の自分を知る作業は嫌いであったし難しかったし本当に辛かった。しかしそんな辛い時においても、親身になって話を聞きアドバイスをくれるスタッフの方々が周りに寄り添ってくれたことで自分に向き合う覚悟がつきました。

完成した「自分取扱説明書」からは、隠し事のない素の性格や得意なことや苦手なこと・考え方のクセなどを客観的に知ることになり、自ら不安や恐れを作り出しメンタルダウンを起こしていたなど、「生きづらさ」に繋がる真の原因を掴むことができ、どう考え何をすれば生きやすくなるのかの対策を見つけることが可能となりました。見つけた対策を共に学び合う仲間の前で実践して先生や仲間から様々なアドバイスを受け取り実用性の高い対策を構築することが出来ました。

自分一人で自分を知ることはとても難しい事です。難しさゆえに逃避し自分を誤魔化し、自分の良い所に目が届かず悪い所だけを見て自己を否定していたのではないかと今は思っております。

休職中の2年間は決して無駄ではなく、私にとって必要な時間であり、新たに得たものは失ったものより多いと思っております。なにより自分を知る事をリファインという場で、代表・センター長・スタッフの方々、そして同じ苦しみを認め合える仲間と共に行えた事が私にとって大きな財産になりました。

私と同じように生きづらさを感じている方へ伝えたい事があります。人生の長さは伸びています、何歳になっても決して一人で悩まないでください。自分を知って自分らしさを取り戻してください。

最後になりますが、リファインを通じて自分らしさを取り戻し、笑顔になれる方が一人でも多くなれれば、私はそれだけで嬉しいです。自分らしさを教えてくれ、私を支えてくれた

リファインの皆様そして家族へ、本当にありがとうございました。

M.M.さん(50代:男性)

私は他部署から転属してきた上司との人間関係が原因でメンタルダウンに陥りました
当時は食事喉を通らず動悸不眠吐き気など今まで陥った事のなかった症状苛ま
会社の帰りに近くの病院へ行ったところ抑うつと診断されしばらく会社を休むこと
なりました
正直助かったという思いと50 代での挫折に先が見えぬ不安を感じながら自宅で療養
ていましたが主治医からリファインを紹介され入所することにしました。

当初は相手を責める気持ちと共に自責の念にもかられ、気持ちの整理がつかなかったので
すがリファインに通うにつれ自分自身のメンタルダウンの原因が生まれながらの気
質や性格大き影響していることがわかりました


リファインで過去の自分自身を振り返りながら自身の⻑所だけでなく短所とうま
向き合いこれからの人生を豊かに生きていくためのバイブルとして、自分自身の取扱
説明書というものをまとめます
過去を真剣振り返るというこ今までしてこなかったのですが今まで気づかな
かった自分自身のこと思考の癖や価値観といったものまで言語化することで自分自身を
客観視でき冷静に自分自身と向き合うことが出来たと思います

また転職活動においてもキャリアカウンセラーのアドバイスにより今後の人生におい
大切なものや働く上での価値観などを明確にすることで自身の目指すべきベクトルが
明らかになりました。


もし自分一人で悩んでいたならば転職というストリー描けてなかったかもしれないし
まだ、暗闇の中にいたかもしれません。

今回、人間関係原因で少しばかりの時間足を止めることになってしまいましたが
歩き始めることが出来たのも人のおかげです
代表をはじめ、先生方通所者の皆様からのアドバイスいつも学びと気づき得ら
本当に有意なものとなりました。
⻑きにわたり私をえてさった代表やセンター⻑、またスタの方通所者の皆様
本当にりがとうございました。

して今ムペを見てっている方がいらっしったら私はわずなたの
たいと思います。一人で悩まず思い切ってしててください

K.K.さん(50代:男性)

私は管理職に昇職した時から常に“生きづらさ”を感じていました。

結果、休職をすること4回を数え自分自身を見失いかけていた時に、産業医から紹介をされてリファイン就労支援センターに通うことを決めました。

それまでは自分の欠点ばかりに目が向いて、今度こそは自分の意識や行動を変えなければ、そうすれば“生きやすく”なると思っていたけれども、結果は何も変わらず“生きにくい”生活を続けていました。

リファインに通い、無事に復職を果たした今になって思うのは、自分自身の性格や気質は変えることはできないけれども、自身の性格や気質の長所と短所を客観的に分析し、自分の弱い部分(気質や性格)を変えるのではなく、自分の弱い部分と折り合いをつけ、上手く付き合っていく対処策を見つけることができたことが一番の成果だと思います。

対処策を見つける為には、先ずは自らの感情や想いを文字や言葉にして自分自身から解き放ってあげることがスタートだと思います。今まで抱え込んでいたもの(良い事も悪い事も)を“話す”“離す”“放す”ことが自分にはとても新鮮でした。

文字や言葉にすることは自分を客観視することになり、自分は今まで何に怯え苦しみ、生きづらさを感じていたのかが明確になり、怯えた原因、苦しんだ原因にどのように対処すれば怯えや苦しみが減るかをある意味システマチックに考えていける。

しかし、“システマチックに考える”とは言葉では簡単だけれども、いざ考えるとなると自分の気質や性格が邪魔をしてしまい、上手くいかなくなってします。

でも、リファインでは井田代表や山本センター長、多くのスタッフの方が話を聞いてくれて適切なアドバイスをもらうことができました。

加えて同じように“生きづらさ”を感じている通所者の仲間が居てくれたことは自分自身の成長に大きな力となりました。

このように、自分、リファイン、仲間の3者がお互いを認め合い、一緒に笑い、一緒に泣くことで前に進むことができたと思っています。

M.K.さん(40代:女性)

私はストレスや疲れが溜まると体に不調が出て体調が悪くなる病気で会社を休職しました。
自分的にはまだまだ働けると思っていたので、なぜ?という悔しい思いでした。

産業医にリファインに通ってと言われ見学に行ったのですが、なかなか通いたくなく3か月間渋り悩みましたが通ってみる事にしました。

想像していた雰囲気とは違い皆明るく元気で、グループワークも学びが多く楽しく、毎日の通所が楽しくなっていきました。

自分取扱説明書は自分と向き合い、自分の短所や長所を見つめ直す事でなぜ体調不良が起きて休職したのかの原因も分かり、自分と向き合う事の大切さを痛感しました。

復職するにあたっても職場の上司と産業医が、なかなかOKを出してくれませんでしたが、
復職出来るよう代表とスタッフの方々が親身になって面談やアドバイスをして下さり無事に復職する事が出来ました。

あんなに通いたくなかったリファインですが、今となっては通って本当に良かったと思っています。

リファインの代表・スタッフの方々・通所者の皆様に感謝です。

リファインに通った事は偶然ではなく必然だっと思っています。

あの時体調を崩してリファインに通って良かった。

だからこそ今の生まれ変わった自分があると思えるようになりました。

これからも自分らしく、自信を持ってしなやかに働いていきたいです。

T.O.さん(40代:女性)

頑張っているのに何がいけないのだろう?
どうしてわかって貰えないのだろう?
なんで会社を休まないといけないのだろう?
頭の中は、ごちゃごちゃ、ぐるぐる。
自信がなくなり、人が怖くなり信じられなくなりました。
そんな私は、通所を始めた頃、プログラムに参加する事も、周りの人と話すのも無理でした。
私の歩幅に合わせてスタッフさん始め、周囲の方々は徐々に接してくださり、今では私自身、リファインが安心できる場所になりました。
休職しリファインに通い始める時、通うことに抵抗や不安がありました。
しかし、直ぐにその考えは無くなりました。
すしろ、これまでの人生で学べなかった事を、今、学んでいるのだと気が付いた時に、ここに来れて良かったと思えるようになりました。
人生でここまで自分自身に向き合い考えた事はありません。
私に向き合って貰えたのも初めてだと思います。
復職した今でも、感情の浮き沈みは少しありますが、
以前より楽になり、変わった自分を感じ、人と話すことが自分のモチベーションを維持する1つとなりました。

Y.H.さん(40代:女性)

20代後半に抑うつと診断され、それから10年以上、数回にわたって休職・復職を繰り返しました。症状の特徴から、主治医から「うつ」ではなく「Ⅱ型双極性障害」だと言われ、気を付けるべき生活面での注意などを受けましたが、自分ひとりで躁鬱の波をコントロールするのは大変難しく、すっかり疲れ果て再度大きなダウンをしたときにリファインへの通所を進められました。

見学前は、就労支援センターというのは、OA機器の操作練習や新入社員が受けるようなビジネスマナーのトレーニング、情操教育みたいなことをするといったイメージでしたので、行く意味を感じられずにいました。

実際に、リファイン以外の就労支援センターなどでは、職業訓練のようなプログラムがメインになったりすることもあるようです。

もちろん、ビジネススキルの向上もトレーニングとしてはありましたが、基本的なことよりは、より高度なコミュニケーションが必要な業務の進め方、取り組み方、考え方、気持ちの持ち様などがメインで大変ためになりました。

実際に私は他の方に比べかなり長く通うことになりましたが、その時その時で自分と向き合い、他の方の意見を聞き、少しずつ自分を変えることができ、また働くことができるようになりました。

私が最も自分が変わったと思った学びは「自分の思考のクセを知る自己理解とそれを受け入れる自己受容」「他人を尊重して理解する他者理解」という、自分と周りを取り巻く様々なことをどう捉えてどういう感情を持つかを考え直すこと。

それにより、独りよがりの劣等感や誰かに嫌われている、攻撃されている、などの被害意識が薄れ、先入観の無いコミュニケーションを取れるようになり、ストレスが激減しました。

ストレスなく落ち着いてコミュニケーションを取れるようになったので、仕事上だけでなく、友人関係などもかなり改善したと思います。もちろん、受信側だけでなく自分が発信する側として、どのような伝え方をしたら誤解無く相手に嫌な思いをさせることなく自分の考えを主張できるかということもトレーニングします。なかなか難しいですし、相手が攻撃的だとつい反撃したくなったり委縮したりしますが、「自分がストレスを感じないために、相手にもストレスを与えない。怒らせない。」と自分主体で考えて落ち着くようにしています。

また、自分の特性についての理解を深め、その対策を行動面に具体的に落とし込み訓練することで、双極性障害の気分の波をコントロールすることができるようになりました。これもなかなか難しいことでたまに失敗しそうになったりしますが、自分の状態を客観的にみる習慣がついたことで、以前のように大きな波に翻弄されてダウンするようなことなく、事前に対策を取れるようになりました。

他にも色々学びはありましたが、私にとってはこれらの学びが一番自分が楽に生きられるようになったきっかけだと思っています。

まずは、扉を叩いてみてください。体験・見学で合わないと思ったらやめればいいし、自分の気持ち次第で受け止め方も吸収のスピードも変わりますので、自分のペースで自分を改革できればいいと思います。これを読んでいる方は今メンタルダウンをして、辛くてやる気も起きない状態だと思います。無理はせず、自分に合っていると思ったら自分のタイミングでサポートを受けながら元気になっていければいいと思います。私はやる気がなかったりなかなか通えなかったりもしましたが、卒業して再就職して、以前より格段に楽に生きられるようになり、行ってよかったなと実感しています。

1 2 3 4 5 8