社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

S.Tさん(40代:男性)

「葛藤」と「やる気スイッチ」

 私は16ヶ月間、リファインにお世話になりました。この期間を通して分かったことは私がメンタルダウンに陥った原因は、自分の仕事のやり方が悪かったことによるものでした。

リファインに通い始め間もない頃は、様々な悩みを抱えながらも、体調は安定しつつあるように思っていました。
リファインで、さあ、これから復職準備のトレーニングを本格的にしようという時になって、プライベートなことなど様々な場面に直面してしまいました。

リファインに通所しようとしましたが、通うことができない。
通って社会復帰の準備をするんだという想いと行きたくないという葛藤のくり返しに
8ヶ月間も掛かってしまいました。

しかし、いくつかのきっかけと、周囲の人の助けからやっとやる気スイッチが入りました。
「やる気スイッチ」が入ってからは、自分と真剣に向き合い深堀りをしながら自分取扱説明書を作成しました。
その後、会社へ出社しながらの適応観察という期間を3ヶ月経て卒業し、本格的な復職に至りました。

 ≪さて、リファインに通うこときっかけを振り返ってみます。≫

リファインに通う前から、私にとって苦手な仕事はどのような種類のものかを、ビジネスパーソンの診察経験豊富で、産業医経験豊富なドクターとのカウンセリングを通して認識していました。

私の仕事上での悪い癖は、うまく仕事を進められないと行き詰まり、会社に行けなくなる。
しばらくして体調が回復したら、復職し、また、仕事に行き詰ったら、休んでしまう。
その繰り返しを何度もしていました。

そんな時、これまでと同じように職場復帰を考えましたが、またしても会社に行けない日々になるのではないかという不安が大きく、「自分が変わりたい」、「二度とこんなことを繰り返したくない」という考えを持って、リファインに通うことにしました。

 ≪葛藤に苦しんだ前半≫

病気や仕事の進め方など様々な悩みを抱え、さらに悪い行動も引き起こすことを繰り返してしまう。
そんな葛藤している時、多岐にわたる経験を積んでいるスタッフの方々が親身になって、私と向き合ってくださいました。
どうしてこんな行動をしたのか、行動になったのか、それはなぜか、それはどうしてなのか、これだとダメなのかと。
私のことを一緒にとことん追求してくれ、そこまで寄り添ってくれながらも、真剣に深く細かく聞いてくるのだろうかと考えたこともありました。

今になって思うと、大人になって叱ってくれる人がいるのはとても幸せなことです。

 ≪やる気スイッチが入って≫

これまでの私は苦手な仕事に向き合う時、なぜ仕事で行き詰まるのか、どうして逃げてしまうのか、正直分からなくなっていました。
自分取扱説明書の作成を進めるにつれて、そのことを私の気質とこれまでの仕事のやり方の悪さで説明できました。
ここまで来ると、どのようにすれば仕事で行き詰まらなくなるのか、どのようにすれば、逃げなくてすむのかが、みるみる明らかになってきました。自分のことを知って、分かった瞬間であり、大変だと思っていた自分取扱説明書を作るのが楽しいと感じてきました。客観的に自分というものを視点を変えながら見つめることを繰り返し、4ヶ月間、そのことだけに集中し日々コツコツと取り組んだことは、今後、どんな壁にぶち当たっても乗り越えていけるのかと感じています。

 ≪リファインでの日々≫

1年間、毎日毎日、繰り返してきた、感情日記とリフレーミング(ある出来事により心の中にある見過ごしがちな不快な感情を捉え、それはどのようなものかを明らかにし、それに対する様々な別の考えを見つけ出すことで心を快な状態に持っていくこと)、メンタルビジョントレーニング(眼球体操により脳を活性化すること)を繰り返したことにより、自分の根底にあった考え方を大きく変え、今ではプラスに作用するように自分の身にしみついています。そして、脳が活性化することで物事の判断が速くなったり、動体視力が付いたように感じています。

 ≪最後に≫

自分の課題と対応策を知って分かった上で、就業トレーニングと会社での適応観察により、できることを確認し、対応策を修正してきました。
安定して通えること、取扱説明書を作ることで自分の課題と対応策を明らかにし、リファインのゴールを迎えることができました。
そして、待ち望んでいた復職を迎えました。心も身体もシャープに生まれ変わった自分と共に今、スタート地点に立っています。これからの人生を一歩一歩、スモールステップで着実にスタートします。回り道をしましたが、リファインに通ったことが大きな節目になったことは確実です。もうメンタルダウンすることはなく、そして何よりも笑顔でいたいものです。

I.Kさん(50代:男性)

リファイン就労移行支援センター(以下リファイン)では認知行動療法の座学やグループワークを通じて自ら考え、自分の課題に気付き、自らの過去の課題や現在の不安、将来のビジョンについて向き合い、考える機会を提供して下さいます。

自分が考える機会は十分に与えて下さいますが、リファインは決して「答え」を提供してくれるわけではありません。自らが1日1日を積み重ねていく中で解決策を導き出していくことになります。

特に日々の座学やグループワークとは別に「自分取扱い説明書」という「自分史」を作成します。
1度書き上げたものを何度も何度もスタッフと面談を重ねながらブラッシュアップし、自分の過去や現在から自分の資質や特性、また課題を浮き彫りにし、再発防止策を徹底的に抽出します。

この「自分取扱い説明書」を作る過程でとても多くのことに気付き、今まで気づかなかった自分の弱点に対する解決策が導き出され、入所した頃に比べて自分に自信が持てるようになります。

先にも述べたとおり、リファインは解決策は提示してくれません。当然ですが、自分の課題は自ら解決しなくてはいけません。
リファインは解決策を導くために多くのスタッフやワークでサポートして下さいます。

私のリファインでの最大の収穫は「仲間」の存在です。
皆が同じメンタル不全で集っている安心感から、困った時に様々な相談ができ、お互いの想いを共有することで「自分は独りではないんだ」ととても励みになり、通所するモチベーションになりました。
リファインの中も風通しが良く、フラットな雰囲気で気構える必要もありません。
皆さんも是非1度立ち寄ってみて下さい。

T.Sさん(40代:男性)

私は10年ほど前から苦手な上司にあたる度にメンタル不調に陥り、良くなったり悪く
なったりを繰り返した結果、昨年6月に休職をしました。

主治医に「パワハラに強くなるトレーニングを受けたい」と相談したところ、リファ
インを勧められ、休職直後に見学に行きました。

そこで通所している方がみなとても活発に議論を行っている姿を見て、思わず、

「この人たちは本当に鬱病患者なのですか?」
「私もこんな風になれるのですか?」
と質問したことを覚えています。

また、家で一人療養生活しているのも精神的にきつく、つながりを求めるための一心
で通所をすることにしました。

通所当初は身支度をするのが億劫で、休みたいと思ったこともたくさんありました
が、スタッフの方の励ましと、通所者の皆さんとワークをすることに意義を感じ、
「まずは通うこと」を目標にしていました。

通所して3か月ほど経ち、自分取扱説明書の作成を開始しました。

メンタル不調に二度とかからないためには、自分を知り、受け止め、今後の生き方を
定める必要があり、そのためにリファインでの最大の学びが「自分取扱説明書」
の作成です。

自分を振り返る作業というのは簡単ではありませんでしたが、体調が悪いときはマイ
ペースで進めるようにとスタッフの皆さんにアドバイスをいただきながら、何とか取
扱説明書を作成し、自分らしく今後生き生きと働くための羅針盤ができました。

取扱説明書を作成し終えた頃から体調も回復し、就労トレーニングも行いました。

限りなく復帰する職場に近い環境でトレーニングをさせていただき。現場感覚と就労
意欲を取り戻しました。

また、就労トレーニングを通してさらに私の課題が明らかになり、職場復帰をする上
で重要な方向性を出すことができました。

そんな私の回復には通所者の皆さんとの助け合いとスタッフの皆さんの支えが多く寄
与していました。

バックグラウンドや生い立ちが様々な通所者の皆さんと、同じ悩みを共有し、支え合
うことで私は気力を取り戻すことができました。

目から鱗が落ちる出会いもたくさんありました。

自分一人ではわからない自分の課題、可能性について気づかせてくれたのも通所者の
皆さんとのワークを通してでした。

目の前の課題に逡巡する私の背中を押してくれたのも皆さんでした。

また、スタッフの皆さんは私の体調が悪いとき、不安に駆られた時、生き方が分から
なくなったとき声をかけてくださいました。

皆さん豊富な経験と知識があり、適切なアドバイスにより、様々な気づきを頂きまし
た。
どんな時でも私を見守り、味方になって下さる安心感がありました。

皆さんの支えをいただいて、自信をもって社会復帰する事ができました。

休職期間をかけがえのない有意義な時間とすることができたのは、リファインで過ごせ
たからだと感じております。

これから働く中で、迷い悩む事も起こるかもしれませんが、自分が作った取扱説明書を読み返し、スタッフの皆さんに助言を頂きながら自分らしく働いていきたいと思っております。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ