社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

M.Tさん(40代:男性)

「今はリファインに通いなさい。」
長時間労働とパワハラによるうつ病から離職することが決まっていた当時、ブランクを作りたくない思いで無理矢理転職活動をしていた時に、知り合いから言われた言葉でした。

病気を抱えた状態では当然面接もうまくいかなかったことから、体調回復を兼ねて人生で初めてブランクを設けて、思い切って通ってみることにしました。

体験初日からいきなりグループワークに参加することになりました。皆さん本当に病気で苦しんでいるとは思えない程活発に話し合いが行われ、戸惑っている私にも声をかけて親切・丁寧に教えて頂きました。

スタッフの方からも「病気をする前よりも充実した人生を目指しますよ」とのお話があり、ここならば何とかなると思い、体験初日で是非通ってみたいと思いました。

年齢・経験も一人ひとり違う利用者の方とグループワークをする中、自分が当たり前と思っていたスキルでも、他の方から見たら強みになることなど、多くの「気づき」を頂くことが出来ました。

自分取扱説明書を通して、これまで性格を変えようとして生きづらさを感じていたことに気づき、今後は性格を活かして生きていることを決めました。

 通所一年後で挑んだ就職活動は、六ヶ月にもわたる長期戦でした。その中で企業からの「不採用」の評価に一喜一憂したり、初めて内定をもらった企業によく確認せずに飛び付こうとしたり、取扱説明書で決めたはずの「自分の生き方」から外れてしまうような考え・行動が頻発しました。その度に井田代表から父親のように厳しくも真剣に軌道修正をして頂きました。最終的に、私にとって最良の環境が用意されている企業に内定を頂きました。

 リファインの通所は一年半費やしました。世間的にはブランクと思われるかもしれませんが、真剣に自分自身と向き合う貴重な経験でした。この経験を、今後の人生にも活かして行きたいと思います。

M.Kさん(30代:男性)

私が感じたリファインの良い点を3点お伝えします。
社会復帰に向けて一人で悩まれている方の一助となることを願っております。

①スタッフが親身
スタッフの方々が社会復帰に向けて大変親身になって取り組んで下さいます。
そのため絶対に再発しないよう万全の状態を目指すので簡単には卒業出来ませんが、その分卒業の際には自信をもって復帰することが出来ます。
また、卒業後も定期的にフォローしていただけるので、相談出来る方々と繋がっている安心感もあります。

②通所者さん達との腹を割ったディスカッション
通所者同士のディスカッションでは家族以上に自己開示が求められることもあるため、その分得られる気付きも多いですし、互いの信頼関係も構築されます。
社会に戻ると諸々のしがらみでなかなかこのような関係は得られないと思いますので、卒業後も大事にしていきたいです。

③就業トレーニング
復帰が近づくと、必要に応じて、知らない会社で一定期間仕事させてもらう就業トレーニングなるものを受ける場合があります。
トレーニング先では単なるお客様扱いではなく、ノルマも与えられますし、厳しい指摘をいただくこともありますが、復帰を見据えたよりプラクティカルな訓練としては大変ありがたい機会です。
また、転職でもしない限り自社以外でお仕事させてもらう機会自体なかなか得られないため、貴重な人生経験にもなります。

A.Tさん(20代:男性)

私は大学を卒業して社会人になり数ヶ月でメンタル不全を起こしました。

社会人として40年程働かなければならないのに数ヶ月でメンタル不全を起こし、
人生終わってしまったと今までの人生に対する激しい後悔、そしてこの先の人生に対する絶望と恐怖に感情が支配されました。

休職になりしばらく自宅療養をしていた時に会社にリファインを紹介され見学に行った時にメンタル不全を起こした人達が集まる場所とは思えないほど和気藹々とした環境を見て自分もここにいたらこの人達の様に元気になれるのかと思い通所を始めました。

通所開始してから数ヶ月。満足に通えない状態が続きこんな自分が社会復帰なんてできるのか
それ以上に社会復帰なんてしていいのかと自己嫌悪し全て放り出して実家に逃げようと思った事が何度もありました。

普通だったら見捨てられてもおかしくないくらい私はダメなやつだったと思います。しかし、リファインのスタッフはそんな私でも決して見捨てず支えて下さいました。

次第に少しずつ通えるよになり取扱説明書の作成に入りました。取扱説明書では、私の今までの人生を全て振り返り、なぜメンタル不全を起こしたのかを考えました。

すると、自分のメンタル不全の原因に気づき考え方を改め、だんだん気持ちが楽になっていきました。その後も体調を何度か崩しましたが時間を重ねるごとに体調も心も元気になり社会復帰に対して不安と恐怖ばかり感じていた私が社会復帰を楽しみにまでするようになり、結果一年半と長い時間が掛かってしまいましたが復職出来るようになりました。

リファインでの認知行動学を利用したグループワーク、取扱説明書の作成により自分の考え方や気の持ち方が極端だった事、そして自分の長所短所を改めて理解しました。

その上で改善しなければならない点伸ばす点を整理し就業トレーニングで実践することにより社会復帰に向けた自信につながりました。

リファインを卒業する今、生まれて初めて自分が自分でいられることに喜びを感じています。

井田代表を始めとするスタッフの皆様の献身的なサポート、同じ悩みを持ちいつも相談にのってもらった通所者の皆様のおかげでここまで来ることが出来ました。私一人の力では決してここまでたどり着くことはできませんでした。

これからの人生を自分らしく生きていくことで社会と私の会社に対して恩返しをしていきます。

本当にありがとうございました。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ