社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

H.Sさん(30代:男性)

私は転勤した職場の人間関係や、仕事のプレッシャーなどが原因で職場に行くことができなくなり、休職することになりました。
クリニックに通院し、自分としては十分元気になり復職できるだろうと感じていたときに主治医から勧められたのがリワークの施設に通うことでした。当初は通所する必要を感じていなかったのですが、リワークを行うかどうかによって再発の可能性が変わるという説明を聞いて、どこかの施設に通所することを考えました。

主治医はいくつかの施設を挙げてくれましたが、中でも一番強く勧められたのがリファイン就労支援センターでした。

リファインに電話で問い合わせてみたところ、まずは気軽に見学・体験をしてみたらどうかと勧められ、さっそくリファインに見学・体験に行きました。

リファインのワークに参加してまず感じたのが、利用者の皆さんがとても元気で、いきいきとワークに取り組んでいたことでした。自分と同じ、メンタル不全を起こした方とはとても信じられませんでした。また、利用者の方が私のことを大変温かく迎えてくださり、ワークの進め方が分からない時にはフォローしてくれたり、メンタル不全や復職に関して不安に思っていることの相談に乗ってくれるなど、同じメンタル不全を起こした仲間として親身になって話を聞いてくれました。

 それまで、自分は十分元気になっていると思っていましたが、利用者の方を見て、自分はまだまだ回復していないということ、また、リファインに通うことによって今までの自分以上に元気でいきいきと毎日を過ごすことができるようになるのではないか、ということを感じ、リファインに通所することを決めました。

 通所を開始して驚かされたのは、通所し始めたばかりの方も、長く通所している方も同じワークを受けているということでした。同じテーマが講師から投げかけられても、通所歴の違いなどによってそれぞれ感じることや考えることの深さや着眼点が違いますが、グループワークで意見を発表しあう中でお互いに気づいていなかった点に気づいたり、新たな発見をしたりすることができていました。

また、通所歴の長い方がグループワークの司会的な役割を自然に果たしたり、過去のワークで気づいたことを他の利用者の方にアドバイスしたりしていました。私は通所歴の長い方を見て、早くこの方たちのように成長したい、という気持ちを持てました。また、数ヶ月後、実際に自分が通所歴を重ねたときには、他の通所歴の浅い方とワークをする際に司会役を務めたり、色々なアドバイスをすることができるようになりました。

私は今まで、あまりリーダー的な役割をしたり、人にアドバイスをしたり、短時間で自分の意見をまとめて発表するような経験がなかったのですが、リファインのワークを通じてそのような経験を積むことができました。これは復職後に今まで以上の活躍ができるのではないかという自信の一つになりました。

リファインの特徴の一つとして、利用者の方の多くが企業で働いていてメンタル不全を起こした方だ、という点があります。グループワークをしていても、実際の職場ではどうなのかという意見が出ることが多く、他の企業や職種の方の考え方を聞くことができ、その中で普遍的な部分を探すことなどができ、社会人としても大いに勉強になったと感じています。

リファインのプログラムには様々なものがあり、毎日新たな気づきや発見がありました。ヨガや課外散策のような楽しいものや、企業で一定期間働く「就業トレーニング」など様々なものがありましたが、中でも大きく自分に影響を与えたものとして、「自分の取扱説明書」を作るというものがありました。
自分の過去を振り返り、自分の特徴や考え方の癖などを整理し、今後どういう風に生きていきたいかを考えるという、なかなか大変なプログラムでしたが、出来上がった「取扱説明書」は私が今後生きていく道しるべとして、迷ったときにはいつでも見られるように常にかばんの中に入れて持ち歩いています。

私はリファインに通所して、自分が変われた、と思っています。メンタル不全を起こして失ったものもありましたが、それ以上のものをリファインで手に入れたと思っています。リファインで身につけたことを生かしながら、これから先の人生を元気でいきいきと過ごして生きたい、と思っています。

この文章を読んでリファインに通所しようか迷っている方がいらっしゃったら、ぜひリファインに見学・体験に行ってみることをおすすめします。ワークに参加して利用者と話をしてみれば、元気でいきいきとした姿に驚かされ、自分もこうなりたいと感じられるのではないかと思います。

T.Mさん(40代:女性)

もう体力は回復してきたけど、このまま復職したらまた同じように休むことになりそう…。

長期欠勤を始めて2ヶ月ほど経った頃、そんなことを考えていました。そのときに主治医に紹介されたのがリファインでした。

思い切ってリファインに電話をしてみると、まずは体験に来ませんかと言われました。

緊張しましたが、説明を受けた後、グループワークに参加してみました。グループワークでの議論の活発さにとても驚きました。

ここなら復職に向けて自信がつけられそうだと思い、その日のうちにリファインに通うことを決めました。

最初は、体力的には万全なので数ヶ月通所すればメンタル面が鍛えられて復職出来る、と思っていました。

しかし、いざ通所を始めると、出来ると思っていた毎日の通所もなかなか出来ませんでした。まずは安定して通所することが当面の目標でした。 安定通所を目指すと同時にグループワークにも取り組みました。

人によって物事の認知の仕方が違うことを初めて知りました。年齢も経験も異なる利用者の方とたくさん議論を交わすことを通して、自分の認知の仕方を徐々に理解していきました。

通所も安定しはじめ自己理解も進んできたころに、自分の取扱説明書の作成に取り掛かりました。幼少期からの自分を振り返り、自分の気質や性格を見つめ直し、休職に至った原因を探り、まとめていきました。時間はかかりましたが、これによってさらに自己理解を深めることができました。

今は自信をもって職場復帰できると思っています。結局リファインには1年半通所しました。当初思っていたよりも長期間になりましたが、リファインに通うことができて、私の人生にとってはとてもよかったことだと思っています。

M.Tさん(40代:男性)

「今はリファインに通いなさい。」
長時間労働とパワハラによるうつ病から離職することが決まっていた当時、ブランクを作りたくない思いで無理矢理転職活動をしていた時に、知り合いから言われた言葉でした。

病気を抱えた状態では当然面接もうまくいかなかったことから、体調回復を兼ねて人生で初めてブランクを設けて、思い切って通ってみることにしました。

体験初日からいきなりグループワークに参加することになりました。皆さん本当に病気で苦しんでいるとは思えない程活発に話し合いが行われ、戸惑っている私にも声をかけて親切・丁寧に教えて頂きました。

スタッフの方からも「病気をする前よりも充実した人生を目指しますよ」とのお話があり、ここならば何とかなると思い、体験初日で是非通ってみたいと思いました。

年齢・経験も一人ひとり違う利用者の方とグループワークをする中、自分が当たり前と思っていたスキルでも、他の方から見たら強みになることなど、多くの「気づき」を頂くことが出来ました。

自分取扱説明書を通して、これまで性格を変えようとして生きづらさを感じていたことに気づき、今後は性格を活かして生きていることを決めました。

 通所一年後で挑んだ就職活動は、六ヶ月にもわたる長期戦でした。その中で企業からの「不採用」の評価に一喜一憂したり、初めて内定をもらった企業によく確認せずに飛び付こうとしたり、取扱説明書で決めたはずの「自分の生き方」から外れてしまうような考え・行動が頻発しました。その度に井田代表から父親のように厳しくも真剣に軌道修正をして頂きました。最終的に、私にとって最良の環境が用意されている企業に内定を頂きました。

 リファインの通所は一年半費やしました。世間的にはブランクと思われるかもしれませんが、真剣に自分自身と向き合う貴重な経験でした。この経験を、今後の人生にも活かして行きたいと思います。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ