社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

S.Sさん(40代:男性)

私は、リファインを卒業しました。

とても晴れやかな気分でこの文章を書いています。

 

しかし昨年会社を休職することになった時の私は、暗闇のどん底にいました。

 

ある日より仕事中に動悸が止まらなくなったのです。内科と心療内科を受信した

結果、自律神経失調症と診断を受けました。

 

それまでの喧騒な社会人生活から一変し、週一回の通院以外は家に引き籠る毎日

を過ごすこととなり、社会からの乖離に不安を覚えていました。

 

そんな時、心療内科医から紹介されたのがリファインでした。

就労支援施設というのがどういう場所か、全く知識のなかった私は

大きな不安を抱えながら恐る恐る体験入所を申し込みました。

するとそこには、思い描いていたイメージとは全く別の世界がありました。

 

利用者の方々はとても生き生きと生活されており、やる気に満ちあふれて

おりました。

それを支えるスタッフの方も大変親切で、かつ真剣に利用者と向き合って

いました。

そう、そこにいる全員が真剣そのものなのです。

 

私は迷わず正式入所を選びました。

しかし正式入所するには、公共団体に必要な書類を提出しなければ

なりません。役所とのやり取りに慣れておらず、手続きに戸惑い

ました。

しかし、スタッフの方から手厚いサポートを頂いたお陰で、スムーズ

に書類を揃えることが出来ました。

 

リファインでの1日はラジオ体操と視覚機能トレーニングから始まります。

その日の担当者(利用者内で持ち回り)が皆の前に立ち、

体操とトレーニングを先導します。実際に自分が担当を体験すると、

緊張もありますが、人前で話をすることの訓練になります。

 

さて実際のワークですが、大きなテーマに沿って個人の意見をまとめ、

それをグループ内で発表します。これは自分の意見を相手に話す事と、

他人の意見を聞き、それを尊重する事の訓練です。

 

そんな毎日を過ごしていた私ですが、ある日「自分の取扱説明書」

(トリセツ)を作成するよう言われました。

トリセツとは自分の過去を振り返り、自分がどのような気質、性格かを自己

分析し、何故自分はメンタルダウンに至ったのか、再発防止するには

どうすればよいかを考え、文書にまとめたものです。

 

自分と真剣に向き合い長い時間を掛け対話するという、今まで経験し

たことがなかったことで、始めは全く筆が進みませんでした。

 

自分という人間が分からなくなり、進むべき道を失いかけていた私を

支えてくれたのは、やはりスタッフ及び同じ利用者の方々でした。

スタッフの方はいつでも相談にのって頂きましたし、利用者の方から

は自分達のトリセツ作成経験を聞かせて頂きました。

 

大勢の強い味方に支えられ、トリセツを完成させた私を次に待っていた

のは就労トレーニングでした。

これは実際に、とある企業に一定期間通い、実際の業務を通じて精神面、

身体面が就労に耐えられるかを確認するというプログラムです。

長期間仕事から離れていた私はこのトレーニング前、「長時間の労働

に耐えられるだろうか」、「相手の企業の方とうまくコミュニケーション

が取れるだろうか」と不安ばかりでした。

しかし実際にトレーニングに入ると、これらの不安は自分でも驚くほどに

解消されていきました。働くこと、人と話す事が楽しいと思えたのです。

リファインでの日々のワーク、悩みに悩んだ末に完成させたトリセツが

私を強くしていたのです。

 

正直な話、リファインに通所しなければもっと早く会社に復帰すること

が出来たと思います。

しかしそれでは自分自身何も変わらず、すぐにまた疾病を繰り返していたか

も知れません。

 

リファインという寄り道をしたことで新たな自分を発見し、様々な角度で

自分を見つめ直す機会を得たからこそ、大きな自信をもって復帰する覚悟

が出来たのです。

 

身体はスポーツジム等で鍛えることが出来ますが、自分の本質を鍛える場所は

中々ありません。その一つがリファインだと私は思います。

M.A.さん(30代:男性)

リファインにきて、自分の病気に対する理解が深まりました。病気の理解とは、病気の一般的なメカニズムを理解することや、自分が病気になった理由や本質的な原因を探り理解することなどです。自分の病気の理解が深まることで、自己理解が深まり、自分なりの対策を考えることができました。

リファインでは、こうした病気の理解や自己理解を促す講義やグループワークなどのプログラムが充実しており、毎日通い続け、プログラムを繰り返すことで、十分理解できるまでに至りました。

 

当初私が、なぜリファインに通うことを決断できたのかは分かりません。深く考えず、とりあえず何かやらないといけないという思いだけで、踏み出したような気がします。それでもリファインは、私のそういう漠然とした思いを尊重し、適切なプログラムによって、最終的に復職へと導いてくれました。

病気改善のために必要な時間やプログラム内容は、初めから明確になっているわけではありませんので、リファインを信頼するしかありませんでした。私は、自信を持って自分で納得した上で社会復帰したいという思いが強くありましたので、そのためにリファインを自分なりに活用することだけを考えることにしました。

 

初めは、自分の体調や生活リズムに合わせて、自主的に休息を設けながら通いましたが、ムリせず自分のペースで、常に自分の状態や気持ちに素直に向き合いながらリファインプログラムに取り組めたことが重要だったと思います。リファインには、自分を偽らず、強がらず、労わり、究極的に自分中心になれる環境がありました。そんな環境だからこそ、多くの気づきや学びが得られたのだと思います。

今後も、リファインで身につけたことを活かして、人生を歩んでいきたいと思います。

S.M.さん(30代:男性)

双極性障害を発症し、休職期間満了を経て転職をしました。

リファインに通うことができて良かったと考えています。卒業までは簡単な道のりではありませんでしたが、それに見合うだけのものを得ました。

リファインの門を叩くきっかけになったのは、主治医の勧めでした。再発を防ぐために、認知行動療法に取り組むようにとのことでした。

メンタル不全の方々が集まる場所ということで、正直なところ怖さがあったのですが、スタッフさんの丁寧な説明と、面倒をみてくれた利用者さんの優しさに安心感を得ました。グループワーク・カウンセリング・就労支援をまとめて受けられるとのことで、入所を決めました。

始めのうちは病状が悪く、通所することもままなりませんでしたが、「まずは来るだけでもい良い」という目標のもと、徐々に通所できる頻度が上がっていきました。何事も小さなことから積み重ねていくことが大事だということに気づきました。

グループワークに参加するようになりましたが、当初は勝手がわからず、人見知りもあってなかなか上手く表現することができませんでした。しかし皆に平等に発言の機会があり、少々外れた意見を言っても寛容に扱ってくれることが分かり、少しずつ自己開示が進んでいきました。いろいろな背景を持った利用者とかかわりを持つことで、たくさんの気づきがありました。

カウンセリングも充実しています。対話することで病状を客観的に整理できます。今時点で抱えている問題をさりげなく気づかせてもらうことができます。事情があってスタッフさんには言えないような悩みでも、秘密厳守で相談に乗ってくださいます。

病気の理解も進みました。今考えると、自分の疾病に対する知識があまりにも欠如していました。利用者さんの中には同じ病名の診断を受けている方もおられ、理解の進んでいる方がいたことで、勉強をすることを始めました。今にして思うと、病気を知ることが怖かったのだと思います。その点、背中を押してもらった形です。数多くの情報源のなかには誤解を招きかねないものも少なからずありましたが、いろいろなことを試して体験してみること、主治医とよく相談することで、自分に合ったやり方をひとつづつ増やしていきました。今では、何よりも入眠時間が大事だということがわかっており、夜型から朝方の生活になることで、かなり改善がみられています。一日のうちの疲れをその日のうちに回復する手順がわかったのです。必要性を理解したことで、自分の甘さがなくなって続いているのだと思います。最終的には1年間無遅刻無欠席を達成することができ、大いに自信を持つことができています。余談ですがこの原稿も朝の時間を使って書いています。

通所が安定し自己理解ができると自分取扱説明書の作成が待っています。これは疾病が再発しないために、自分自身のものの見方のくせや苦手な場面、不具合の原因を文書でまとめるものです。弱みや過去の苦い体験と向き合うことは苦しみを伴いましたが、スタッフの方との対話により、客観的な事実が少しずつ明らかになりました。結果今では対処法が確立されています。一方、強みについても整理がなされ、自己肯定を強める効果もありました。どれも大切な事柄ですので定期的に見返して、忘れないようにしています。

キャリアに関しても、自分自身に強みなどないと感じていましたが、これまでの振り返りを丹念に行うことで、できることをまとめていくことができました。キャリアカウンセリングで職務経歴書をブラッシュアップすることで自信が付き、複数社から内定を頂くことができました。

そして、見事第一志望の会社に就職が決まりました。

以上のように、自らの気づきをまとめて、再発の防止に充てる場所です。簡単ではありませんが、スタッフさんが寄り添って下さいますし、利用者間でのサポートもありました。自分自身のことをゆっくり考える機会というのはそうそうあるものではありませんし、ひとりの力では限界があります。やってみる価値はあると思います。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ