社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

K.Y.さん(30代:女性)

「助けてください」

その一言が言えなかった。言えていたつもりが言えていなかった。

私は責任感が強く、「私が頑張らなくちゃ」「私が何とかしなくちゃ」と自分が苦しいことには目をそらして仕事をするクセがありました。

環境変化をきっかけに、クセが最大に作用し、3か月で、笑うことが出来なくなり、泣いてばかりの日々を過ごし、休職することになりました。

その後、リファインを利用することを決めたのは、休職してから4か月目です。

体調は安定し、職場に戻っても問題ないかもしれない、と考える、そんな頃でした。

「怖い」

この一言が頭をよぎりました。メンタルはどうしても修復が難しかったのです。

そんな時に、主治医にすすめられたリファインにコンタクトを取り、頼ってみようと決めました。

 

リファインでは、とことん自分を見つめてきました。               

何かをみっちり教えてもらうというより、

色々なきっかけ(アプローチ手法)をいただき、まずは自分を見つめ、その後、リファインに一緒に通う年齢・性別・職種などが異なる仲間と分かち合うことを、日々ワークで実施してきました。

 “自分の固定観念に気づき、不要なものは手放す。新しい見方・考え方を身につる“ことを私は学びました。「自信」を見つけ、気づく日々でした。

 

スタッフの方々には、そんな状況や様子を見守っていただき、時には相談しながら、より自分という人間がどんな人間なのかを深堀することを支援いただきました。

ワーク以外にも、自分を深堀する為のプログラム・復職に向けたプログラムがあり、サポートがある中で、復帰に向けて着実にステップを重ねていきました。

 

早く戻らなきゃ、そんな気持ちばかり焦っていたあの頃から、

自分を大切に過ごしていく働き方へシフトしようと、ゆとりのある今に至ります。

一人ではこんな風に変わることはできなかったと思います。

モヤモヤと再発の不安を抱えて復帰するのではなく、スッキリと前を向いて復帰できるのは、リファインのおかげです。

 

代表をはじめとするスタッフの皆様には、ワーク以外でもお声がけをいただきながら、会話をすることが毎日通う励みとなっていました。

一人ではたどり着けないところに、助けを求めてたどり着けた感覚です。

本当にありがとうございました。

ここでの経験を糧に、休職する前以上の最高の状態で、自分らしく働いていきます。

R.Eさん(20代:男性)

私は大学院に通う中でメンタルダウンしました。約半年の休養をしたのち、主治医より紹介を受けリファインに通い始めました。メンバーの中では珍しく、20代前半・社会人経験無しという状態でした。

通い始め当初は社会人経験がないことが言い出せず、他のメンバーを避けるように過ごしていました。居場所を作ることができず、辛い思いで通所をしていた記憶があります。

しかし、通所を続けるうちに声をかけて貰ったり、お昼ご飯に誘って貰えることも増え、徐々に打ち解けていくことができました。暖かく受け入れてくれたスタッフとメンバーにはただただ感謝しております。
体調も安定しだし就職を意識し始めた頃、2回の就業トレーニングを経験させて貰いました。実際の企業で1週間仕事をする中で、実際の職場で人間関係を作ることの難しさ(特に雑談すること)を生々しく経験することができました。
その後2ヶ月の就職活動を経て、リファインを卒業しました。

リファインに通う中で意識したことは、素直に話すことです。スタッフやメンバーはどのような話も受け止めてくれました。そのように過ごす中で信頼感を持つことができたことはかけがえのない財産になっています。
とても不安が強い私ですが、初めて社会に出ようとしている今、不安はありません。なぜならば、困った時や辛い時はスタッフやメンバーを頼ればいいと思えるからです。

H.M.さん(40代:男性)

(起)
双極性感情障害による抑うつで会社を休職中、大分回復した頃に主治医から就労支援事業所への通所を勧められ、いくつか紹介してもらいました。
とりあえず見学しようと思い、最初にリファインを訪問しました。そうしたらいきなりワークに参加させられて戸惑いましたが、「ここなら続けていけそう」と感じ、通うことを決心しました。

(承)
初めは安定した通所ができず、何か理由をつけて休むことが時々ありました。また、グループワークに慣れず、緊張してほとんど意見を出すことができませんでした。
しかし、ワーク毎に配られるシートを自分なりに記入したり、その内容を話すことを続けていくうちに、自分の内面を少しづつオープンにできるようになりました。そこにグループワークのメンバーから問いなどを受け、それを考えることにより今まで認識していなかった自分の別の内面を少しづつ知ることができました。
また、自分は他者とコミュニケーションを取るのが苦手で、上司とのコミュニケーション不調がメンタルダウンした大きな要因でした。それが、ワークに参加したり、ワーク外の時間に利用者同士で雑談することで大きく改善しました。
これは、リファインが自分と同様の苦しみを経験した人が集まる場であったからできたことで、ただ医者のところへ通院するだけではなしえなかったことだと思います。
やがて重要なプログラムの一つである自分取扱説明書(以下取説)の作成に着手することになりました。ここで壁にぶち当たりました。
自分にはどう考えてもネガティブにしか思えない過去の出来事がいくつかあり、これらをどうにかしない限り自分を否定する気持ちを消すことができないと思っていましたし、形だけで実を伴わない取説にしかならないと思っていたからです。
自分で考えてみても他者の意見を聞いてみても、納得できる答えを見つけられず、ずっと迷走し、もがき、半ば諦めていました。

(転)
解決に向かって大きく進んだのは、8月に受講したリファインビジネスカレッジと9月(?)に取り組んだあるワークのグループセッション、そして取説未完成時の1月(?)に代表と面談したのがきっかけです。
8月のビジネスカレッジでは、「無条件の『I’m OK!』」という自己肯定の真髄を教わりました。
9月のグループセッションでは、周りから「できている」という評価をもらっているのに対し、「できていない」理由ばかり考えては返すことをしていたところ、その内「自分は復職に向けて良い状態を目指しているはずなのに、何故わざわざ自分を貶める理由ばかり考えているんだろう」と思うようになり、ネガティブな捉え方を減らし、自己効力感を上げるヒントを得ました。
1月の代表面談では、『報酬系・懲罰系』という脳の機能について知るきっかけを与えていただき、自分の問題行動の理解につながりました。
もちろんこれらの気付きは、それまでにリファインで培った下地があったから掴めたものです。

(結)
復職期限が迫る中、何とか卒業の運びとなりました。
代表を始めとするリファインの方々には感謝して止みません。
また、共にワークをした利用者の仲間たちにも多くの宝物をもらい、感謝しています。
復職後も定着支援などでお世話になりますが、今後もこの繋がりを大切にしていきたいと思います。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ