社会復帰された方の声

社会復帰された方の声

H.Kさん(20代:男性)

私がメンタル不全で休職して半年ほどたった後、主治医の何気ない一言からリファインを知りました。

「就労支援センターに通ってみれば?」

特に共用されたわけでもなく、パンフレットを渡されただけです。

私は復職までの繋ぎとして通ってみてもいいかなくらいの気持ちで体験に行きました。

そのときの体験での驚きは今でも覚えています。

ドアを開けた瞬間の利用者全員がのびのびとラジオ体操をしている姿です。

この人たちは本当にメンタル不全なのか?そう思いながら体験者としてグループワークに参加しました。

かなり緊張していましたが、利用者の方が丁寧に進め方を教えてくださったことでなんとか話すことが出来ました。

体験が終わったとき、リファインでの訓練を続けていけば私の苦手も克服出来るかな?と少し希望をもつことが出来たので、正式通所を決意しました。

通所して数ヶ月が経ち、プログラムを受け続けていると、メンタル不全の原因が単にオーバーワークだけでなく、

考え方のクセや思い込みが行動を制限していると気付きました。

そして、私の過去や現在と向き合い、自分はどのような特徴があり、どう接していけばいいのか、

これから先そう生きていきたいのか、いわゆる「自分取扱説明書」を作成しました。

その結果、私は、当初の予定だった復職ではなく、転職の道を選びました。

転職活動では自分の生き方に合う企業を探すということで非常に時間をかけました。

途中、意向に沿わない結果が続き難航したときもありましたが、

「自分取扱説明書」を作成したことで自分の生き方を客観視することができ、ぶれずに冷静になることが出来ました。

また、なによりスタッフの方が支えてくださったことで毎日気持ちをリセットして臨むことが出来ました。最終的に自分の第一志望に入社が決まりました。

私はメンタル不全で休職し、メンタル不全になった自分をいつも責めていました。

しかし、現在ではメンタル不全になってよかったとさえ思っています。

なぜなら、メンタル不全をきっかけにリファインという場所で、自分自身と向き合う時間を設けることが出来たからです。

スタッフの方々、私とワークをしてくださった利用者の方々に改めて感謝致します。どうもありがとうございました。

Y.Eさん(30代:男性)

大学院生時代、研究上の困難に直面した私は、メンタルヘルス不全を発症し、ダウンと復帰を繰り返していました。
また、対人緊張が強く、人前で話したり作業したりするような、人から注目を浴びるような状況を避けてしまうという問題も抱えていました。

最終的に大学院を退学するに至り、就職活動を始めたものの、内定を取れる自信がまったくなく、就職したとしてもまたダウンしてしまうのではないかと不安で一杯でした。

ふとそれまでの数年間を振り返った時、自身のメンタルが普通ではなかったと気づきました。そこでメンタルヘルスに不安のある人の就職活動を支援してくれるサービスはないかと探していたところ、リファインを始め数カ所の施設を見つけました。

リファインへ見学の申込みのために電話した折の電話裏での笑い声に、雰囲気の良い場所なんだと直感し、リファインに通所を決めました。メンタルヘルス不全から回復し、自信をつけ、社会に出ることを目的として、リファインへ通い始めました。

リファインのプログラムの中心は利用者同士のグループワークです。

始めはどのような発言をすべきなのかわからず、戸惑いながら参加していました。しかし、グループワークに正解はなく、他者の意見を尊重しつつ、自分の意見も率直に語っていくことが大切なのだと次第に学んでいきました。

始めは自己開示することに抵抗がありましたが、利用者の皆様に受け入れてもらえていると感じ、自己受容できるようになり、自尊感情が高まっていきました。

通所開始からしばらくして、自分取扱説明書の作成を開始しました。自分取扱説明書の作成とは、私の解釈では、自分自身への理解を深め、再発を防ぐための実行可能で有効な、自分のための対策を作ることであり、これからいきいきと元気に働いていくために大切なことを明らかにすることです。

自分自身への理解を深める作業は非常に困難でストレスのかかるものでした。ですが、渡辺センター長や井田代表と何十回もの面談を通して、ダウンにつながる思考や行動のクセが分かっていき、さらにその原因である、私の気質・性格、欲求、価値観、思い込みが明らかになっていきました。それによって真に有効な対策を立てることができました。

しかし、リファインは自分取扱説明書を完成させれば卒業できるような場所ではありません。
自分の課題に取り組み、自分取扱説明書に書いたことを実際に使えるようにトレーニングしていく場所でもあります。

自分取扱説明書の作成はメンタルヘルス不全のきっかけになった状況と共通する部分が多々あり、その作成を通じてどのような対策をとっていったらいいか考える機会となりました。
自分取扱説明書の作成自体が社会復帰に向けたトレーニングそのものとなりました。

また、対人緊張という課題を乗り越えるために毎日のように人前で話す機会を作りました。

通所当初は、人前で話すと手脚が震え、声が上ずっていたような私でしたが、数ヶ月も経つと緊張感が大部分軽減され、むしろ自分の意見を前で話したいとと思うまでになりました。

リファインのプログラムに主体的に一生懸命取り組んだことにより、社会に出れる自信を得られ、対人緊張も問題なくなりました。このように通所の目的を果たしただけではなく、ここでは書ききれないほど多くの気づき、学びも得られました。

このような変化・成長は、ともにプログラムに励む利用者の皆様とスタッフの方々がいなければなし得なかったことです。リファインには感謝の気持ちしかありません。

リファインで学び、身につけたことを最大限に活かし、志望の会社・仕事内容に就職しました。
これから社会で活躍していきたいと思います。

T.Yさん(40代:女性)

リファインを知ったのは主治医からの紹介でした。
うつ病になってからの期間は長く、離職後一番ひどい時期は過ぎたものの就労にはまだまだ不安のある状態の時です。

実は以前にも別のリワーク施設を紹介されたことがあるのですが、「どうもここは違う」という思いが立ち決めることができず、そのままになっていたのです。

まず生活リズムを整えるために通おう、それが私の最初の動機でした。
グループワークの有用性については皆さんもお書きになっていることですが、同じようにメンタルヘルス不全を起こしている方々と一緒に何かをするということは、私にとっては今までに無い経験でした。

リファインでは様々な自己理解ワーク、そして自分取扱説明書の作成などを通して、これまでの人生の中で「初めてと言って良いほど」自分をみつめ直します。また、そのための貴重な時間をいただいたとも思っています。

お医者さんは治療はしてくれますが大抵病気の経験はなく、知識として知ってはいても「気持ち」を理解してくれるかは難しいことだと思います。
ここには同じような経験を共有した仲間がたくさんいて、心からの共感が得られることがあります。わかってもらえるということは、それだけでも大きな力になります。
ただ学びや気付きを得るだけの場ではなく、心を開ける場所にもなり得ると私は思います。

スタッフの方々の親身な対応や、利用者の方々に支えられ、第一志望の会社に就職が決まり、卒業の日を迎えることができました。
リファインで得られた最も大事なものは「ご縁」ではないかなと思います。それはこれからも末長く続いて行くものなので、引き続き大事にして行きたいと思っています。

うつ病などのメンタルヘルス不全の回復・改善や、就職・復職の就労支援は、リファイン就労支援センターへ