卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

M.K.さん(40代:女性)

私はストレスや疲れが溜まると体に不調が出て体調が悪くなる病気で会社を休職しました。
自分的にはまだまだ働けると思っていたので、なぜ?という悔しい思いでした。

産業医にリファインに通ってと言われ見学に行ったのですが、なかなか通いたくなく3か月間渋り悩みましたが通ってみる事にしました。

想像していた雰囲気とは違い皆明るく元気で、グループワークも学びが多く楽しく、毎日の通所が楽しくなっていきました。

自分取扱説明書は自分と向き合い、自分の短所や長所を見つめ直す事でなぜ体調不良が起きて休職したのかの原因も分かり、自分と向き合う事の大切さを痛感しました。

復職するにあたっても職場の上司と産業医が、なかなかOKを出してくれませんでしたが、
復職出来るよう代表とスタッフの方々が親身になって面談やアドバイスをして下さり無事に復職する事が出来ました。

あんなに通いたくなかったリファインですが、今となっては通って本当に良かったと思っています。

リファインの代表・スタッフの方々・通所者の皆様に感謝です。

リファインに通った事は偶然ではなく必然だっと思っています。

あの時体調を崩してリファインに通って良かった。

だからこそ今の生まれ変わった自分があると思えるようになりました。

これからも自分らしく、自信を持ってしなやかに働いていきたいです。

S.A.さん(30代:男性)

メンタルダウンのキッカケ
・『まだまだ足りない』と自ら追込み続ける自分。
・『わからない』ことが人に聞けず、奔走し続ける自分。
・『自分が我慢すれば…』と思い、意見を言わずにいる自分。
一つ一つは大きな出来事ではなくても、何度も繰り返されることで自己肯定感、自己効力感を失い、メンタルダウンしていました。

リファイン就労支援センターで見つけられたこと
結論から言うと
「自分にしかない人生を自分らしく生きるためのコンパス」を見つけられた場所です。

メンタルダウンした理由や、自分にフィットする価値観。そして大切にしていきたいことなど。

リファイン就労支援センターのスタッフの方々との面談や、同じく通われている方々と考え方をシェアしていくことで少しずつ見つけていきました。
見つけられた大きな理由に
・温かくわたしの言葉を受け入れてくれたこと
・考え方に「正解」はないと気づかせてくれたこと
・幼少期まで振返るキッカケをもらい、今の自分に繋がっていることを気づかせてくれたこと
があります。
そうして「自分にしかない人生を自分らしく生きるためのコンパス」を見つけられました。
スタートはメンタルダウンという形でしたが、
「立ち止まり、自分のことを振り返られた時間を持てて良かった。」
と心から感じられる時間をリファイン就労支援センターで過ごせました。

T.O.さん(40代:女性)

頑張っているのに何がいけないのだろう?
どうしてわかって貰えないのだろう?
なんで会社を休まないといけないのだろう?
頭の中は、ごちゃごちゃ、ぐるぐる。
自信がなくなり、人が怖くなり信じられなくなりました。
そんな私は、通所を始めた頃、プログラムに参加する事も、周りの人と話すのも無理でした。
私の歩幅に合わせてスタッフさん始め、周囲の方々は徐々に接してくださり、今では私自身、リファインが安心できる場所になりました。
休職しリファインに通い始める時、通うことに抵抗や不安がありました。
しかし、直ぐにその考えは無くなりました。
すしろ、これまでの人生で学べなかった事を、今、学んでいるのだと気が付いた時に、ここに来れて良かったと思えるようになりました。
人生でここまで自分自身に向き合い考えた事はありません。
私に向き合って貰えたのも初めてだと思います。
復職した今でも、感情の浮き沈みは少しありますが、
以前より楽になり、変わった自分を感じ、人と話すことが自分のモチベーションを維持する1つとなりました。

M.S.さん(30代:女性)

  • メンタルダウン

私は約7年間教育関係の分野で仕事をしていました。その仕事はマルチタスクが求められる業務内容で、マルチタスクが苦手な私には適しておらず、一人で仕事を抱え込み残業が毎日続きました。その結果メンタルダウンし、休職という形になりました。

初めてリファインに電話をした時は正直行きたくない気持ちが強くありました。しかし体験に行き、その気持ちは変わりました。「ここは本当にメンタルダウンした人達がいるところなのか?」と驚く程、明るく自然体で過ごしている利用者の方達の様子を見て、私もここでグループワーク受けてみようという思いになりました。

  • 通所中のこと

休職をきっかけに、仕事をしていた時よりも生活水準を低くしなければならない事を苦しく感じていました。理由は、好きな時に好きな服を買ったりカフェでお茶をしたりする姿がキラキラしていて、そこまでお金をかけている自分が幸せだと思いこんでいたからでした。

しかし、渡辺センター長とトリセツを進めていく中で、「happy探し」をするようになり、お金をかけなくても幸せな事ってそこら中にあるんだなと気づく事が出来ました。

  • 私にとっての財産

リファインに入って、私には大切な財産が出来ました。3つあります。

1つ目は、家族にも友人にも言いづらい事でも、相談したり話したりできる仲間が出来た事です。いわゆるサードプレイスの事です。

2つ目は、私の見える世界を広げてもらった事です。

自分の見えていたものは、世の中のごくごく1つのカテゴリーの中のものであって、すごく狭かった事に気づかされました。もっと色んな職業・業界があり、まだまだ知らない事が多くあった事を感じました。これは、トリセツでの代表面談と就トレや就活をした経験からです。

3つ目は、感情日記です。

感情日記を毎日続け、世代や性別や社会的立場等がバラバラの方たちと接しそれぞれが違う考えを伝え理解し合うことで、人によって捉え方は違うという事を知りました。感情日記ではその様々な捉え方に触れる事ができ、通所前に比べ、私の考えの視野はとても広くなりました。

感情日記は自分のモヤモヤした気持ちを整理したり明確化することができるので、モヤモヤをそのままにしてしまいがちな私には大事なストレス対策になっています。

そして、感情日記を財産だと思った一番の理由は、リフレーミングする力がついたからです。リフレーミングする力がついたことで、通所する前よりも感情の揺れ動きが小さくなり、プラスの感情でいる時間が増えました。そして前よりも少しだけ気楽に生きる事ができるようになってきました。

  • 今後社会復帰して続けていきたい事・将来・使用前と後

・今後社会復帰して続けていきたい事は感情日記と、モニタリングです。

・使用前と後で変わったことは、前よりも少しだけ自分を大切にして生活できている事です。自分を大切にすることは私の大事な人たちを大切にすることだと気づく事ができました。

Y.Y.さん(30代:男性)

私は、前職と今回とで二度メンタルダウンに陥ったのですが、リファインについて知ったのは二度目のダウンの時でした。二度目ということもあり、もう二度と倒れたくないという思いと、一方で家族のためにも早く復職したいという複雑な思いを持ちながら通所を開始しました。

 

リファインの良いところは3つあると思っており、1つ目は「どんな意見も否定されない・受け入れてくれる」

2つ目は「徹底的な自己分析」

最後にこれらをたくさん経験した後に完成する「自分取扱説明書」だと思っています。

1つ目に関しては、ダウンからある程度持ち直すまでに最も効果的だったと感じています。自分の意見・発言が受け入れてもらえることで、少しずつ自信を取り戻すきっかけが出来ました。

2つ目はただ分析するだけでなく、「社会復帰後も実現可能か」という視点を持って分析のサポートをしてもらえるところだと思っています。そしてこの視点も含めて、自分とは?やダウン前の対策などがたくさん詰まった、3つ目の「自分取扱説明書」が完成します。

 

上記のことを通して、私は私らしさや自信を取り戻すだけでなく、以前よりもパワーアップ出来たのではないかと感じています。

ただ自信を持ってひたすら突き進むのではなく、「自然体」「リラックス」、これらと自信との良いバランス・共存の仕方を学ぶことが出来ました。

 

長くなってしまいましたが、この内容を読んで少しでも興味を持っていただいたり、自分もそんな風になれるかな?など、読んでいる皆さんが前に進むためのきっかけになれると幸いです。

W.T.さん(30代:男性)

私は会社で異動先の部署に適応できず、メンタルダウンし、休職しました。その後主治医からリファインへの通所を勧められました。
リファインでは認知行動療法を軸とした各種トレーニングを受けられ、自己を振り返り、自分の認知を客観的に認識し、行動へ生かす一連の内容を行います。私の場合、これまでの人生において自分を振り返り見つめ直す機会がありませんでしたが、これによって改めて立ち止まり、自分を見つめ直せました。そしてそれに対しどの様に考え、行動したらよいか、把握できるようになってきました。
また、このプログラムを受けるに当たり、代表、センター長、スタッフや通所者の方々と多くのやり取りを行い、様々な知識、気付き、価値観等を得ることができました。
これまでの自分であれば、自分の固執性の強さから他人から享受するものを生かしにくいことが多く有りましたが、通所によって認知行動療法に特化したプログラムを受けたことで、この固執性の強さに気付き、それを踏まえた上で人から享受したものを自分に生かすことができるようになってきました。
改めて思えば、休職したのはある意味不幸ですが、リファインと出会ったことでこれが私の転機になったように思います。もしこの出会いが無ければ、自分の本質がわからず、そこから来る不安に対処できないままだったと思います。それが、自分の理解が進み対処方法がわかったことで、不安が減り明るい見通しが立つようになったと思います。
リファインを卒業して復職しますが、学んだことを定着させつつ、また試行と改善を図りつつ、この先の人生をより良いものにしていきたいと思います。
リファインには本当にお世話になりました。ありがとうございました。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 32