卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

M.T.さん(30代:女性)

リファインに通所する前の私は、転職をしたばかりの会社で色々なプレッシャーから2度目の体調不良とメンタルダウンを起こし休職をしていました。

 

仕事から離れ時間が経つと症状は回復したかに見えましたが、周囲へ迷惑をかけたことへの罪悪感、将来への焦りで頭の中はいっぱいでした。時間があると書籍やネットで鬱から回復した方の体験談や関連書籍を読み、自分で取り入れられそうな事柄・習慣を試したりもしましたが、それでも漠然とした不安が消えることはありませんでした。

そんなときに、主治医からリファインを紹介いただきました。

リワークに通うことへの抵抗感から、見学から体験通所までに時間がかかりましたが、体験通所で参加したグループワークで利用者の方とディスカッションした時に「自分に必要なものが得られそう」だと直感的に感じ通所を決めました。

 

私がリファインで自己理解を深めたことで変わったと実感したことは2つあります。

 

1つは自分に対する認知力が上がりました。

 

私は周囲から嫌われたくないという気持ちが根本にあり、周囲から好意的に見られるために無意識的に必要以上の負荷を背負う行動をしていました。

そのため他者からの依頼に対し、自分の状態や感情を考えず二つ返事をすることも多く、結果キャパシティをオーバーしてしまうこともありました。

リファインからの課題や『自分の取扱説明書』を作成中にこの傾向や癖に気づけたことで、

注意しなければいけない行動・場面を想定でき、対策を具体的に作ることができました。

 

また自分に思考の癖があることを自覚したことで、癖の発生にも気づきやすくなりました。

自分の性質の理解が深まったことで、自分をメタ認知しやすくなり、

状態の変化に応じて自発的に対処行動を取れるようになれたと思います。

 

もう1つはありのままの自分を自然と受け入れられるようになりました。

 

これまでは、仕事で自分と同僚を比較し、自分の出来ないことを見つけては焦り、

仕事の幅を増やすためと自分に言い聞かせ背伸びをして1人で勉強をするのが日常でした。

 

ただリファインの講師やキャリアの違う他の利用者さんと交流をし、互いに自己開示をしていく中で、

等身大の自分を認めてくれる人たちがいることや、そういった場があることを実感し気持ちが楽になりました。

また自己理解の中で自身の強み・弱みを納得感をもち整理できたことで、

苦手なことやできないことに対しても「しかたない」と割り切り、人に頼ろうと思えるようになりました。

他者比較の癖は日常で発生しますが、今は自分に足りない点を炙り出す便利な癖と捉えることにしています。

 

 

自己理解と自己受容が進んだことで、第一志望の会社に就職出来ました。

 

卒業を迎えた今は以前と違い社会に出ても大丈夫だろうという安心感があります。

 

リファインの代表やスタッフさんには体調を崩して通所ができなかった時期から、転職先を決めるまで長い間親身に相談に乗っていただきました。

ここでの時間や経験は、私の人生のために必要だったと振り返って感じますし、

そう思い続けられるように、これから元気に働き続けたいと思います。

 

H.Y.さん(40代:男性)

リファインへ入所するまで、『自分と向き合う』『自己理解、自己受容』ということ
に取り組むことがほぼありませんでした。
そのため、メンタルダウンの原因もよく分からぬまま休職し、症状が治まったから復
職する、ということを繰り返していました。
リファインへ在籍していた期間で、様々なワークを通じて自己理解と自己受容を進
め、自分の気質や性格、行動特性に対する受容を基に『自分の取扱説明書(以下、取
説)』を作成したことで、メンタルダウンを繰り返してしまった原因に納得できまし
た。
そして、その原因に対する対策は、取説作成のための面談を通して「実際に自分に出
来る対策になっているか?」を考慮に入れたものにすることが出来ました。

13 年ほど前に初めて心療内科に通院、会社を休んでから、今回で 8 回目の休職とな
る私にとって、『メンタルダウンの原因に納得し、もう繰り返さないように対策を立
てる』ことは最重要課題になっていました。
コロナ禍の昨今、就労トレーニングの受け入れ先を探していただき、その際に取説で
立てた対策を実践、実証することが出来て、取説の内容が間違えていなかったと自信
が持てました。

加えて、会社の産業医面談等で発覚した問題点に関しても、井田代表、吉田センター
長と共に向き合い、対策を立て、取説に盛り込むことが出来て、有効性が高く実行で
きる取説を完成させることが出来ました。

相談することがあまり得意ではありませんでしたが、井田代表、吉田センター長をは
じめとしたスタッフの方々に、自分の状況を開示して相談することが訓練出来まし
た。
その他、自分があまり得意でないことにもフォーカスし、対処するトレーニングを積
むことで、不快を減らした生活が送れるようになりました。
ワークを通じて、多くのかけがえのない仲間(通所者の皆さん)と出会えたことが、
自分の財産になっています。

自分の中でリファインは、『大切な場所、だけど、もう通所したくない場所』になっ
ています。

復職まで面倒見ていただき、ありがとうございました。

Y.A.さん(30代:男性)

私は転職後の職場で怒鳴る上司との関係に悩み、うつ病になりました。一睡もできない日があったり、職場に向かう駅で嘔吐を繰り返したり、動悸や立ち眩みに悩まされたり、だんだんと悪化していく自分の身体と心にとにかく翻弄されていました。

当時は職場の方々へ迷惑をかけてしまうことや、新婚の妻やその家族に心配をかけてしまうことに対してひどく焦りや恐怖を感じていました。病状が悪化してついに休職に追い込まれた際は早く元の通りに働かなければという焦りの気持ちと、これで上司から離れられるという安堵感を同時に感じていたことを覚えています。

しばらくは療養生活を送っていましたが、医師の紹介でリファインにて社会適応トレーニングを受けることを勧められました。職場で役立つ様々なスキルを得ることができたり、いろいろな業界の有識者を呼んでの講習会にも参加できるとの医師の話に興味を持ち、ある日実際にリファインに足を運ぶことになりました。体験入所をしてみて、ここなら何か掴めるものがあるかもしれないと感じたので本入所することを決断しました。

リファインの特色として、①メンタルダウンの根本原因の理解、②実践型トレーニング、③豊富な知識を持つ専門家による各種のカウンセリングが挙げられると思います。私の場合は怒鳴る上司がメンタルダウンの直接的な原因であると思っていましたが、実はそれは表面的なトリガーに過ぎず、他に根本的な原因が存在することにリファインのプログラムの中で気付くことができました。具体的には、なぜこれまでの人生で人から責められことが苦しく感じていたのか、なぜ人と話すことに対して不安を感じていたのか、なぜ常に孤独感を感じていたのか、なぜ自分だけがこんなにだらしのない人間だと感じていたのか等々がわかりました。

この根本原因に対しての対策を実践型トレーニングを通して身に着けていきました。私は実践を繰り返す中で再発防止だけではなく、リワークに通っているにもかかわらずむしろスキルアップできたのではないかと感じています。

またサポート面でもお世話になりました。私は復職か転職かを決断する際に人材ビジネスのプロとのカウンセリングを不安が無くなるまで受けることができたので悔いのない意思決定ができました。会社を退職したり、無職になる期間の各種手続きについても手厚くサポートを受けることができ安心してトレーニングに集中できました。
こうしてリファインでトレーニングを受ける中で私は自己肯定感が上がり、対人スキルやビジネススキルが身に着き、チームビルディングに自信を持ち、明るい未来を思い描けるようになりました。毎日をより良く生きるための術を手に入れました。つらい時期を共に過ごした仲間のビジネスパーソン達との絆を得ることができました。身の回りの世界は変わらないはずなのに自分が成長して視野が変わることで景色が美しく見えるようになりました。
以上を踏まえ、今の私には再発しない自信があります。もしもコンディションが悪化してきても立て直すだけのしなやかさがあります。あの時うつ病になって、あの時リファインに入所すると決めて、私は幸運だったと感じています。

I.H.さん(40代:男性)

私は、35歳のときと45歳のときの2度うつ病にかかり、2度目のうつが発症から2年たっても改善しないことからHPで就労支援施設について調べ、そしてリファインのことを知り、丸1年間通所をしました。

私の1度目のうつは一般的に「昇進うつ」と言われるものでした。当時勤めていた会社で執行役員兼営業部長に昇進したのですが、社員40名強の小さな外資系企業だったため、実はこのときが部下をはじめてもつときでもありました。そして私は1人のヒステリックな部下にあからさまに嫌われてしまい、かなり心をすり減らされてしまいました。悪いことは重なるもので、私の昇進と同時に会社の業績が悪化し、そのプレッシャーにも悩まされました。結局私は、執行役員・部長・管理職(部下マネジメントをはじめとしたチームマネジメント)の3つの役割を果たすことが出来ず、昇進後半年で休職し、そしてその半年後に退職をしました。

2度目は別の外資系企業に転職して5年目のことでした。原因は社長自らによるパワハラでした。そのときも私は営業部に所属していたのですが、私が率いるチームは戦略立案と売上予測を行う部署で、最前線の営業チームは他にあるにも関わらず、社長は業績が悪化すると彼らのことは全く責めずに、私のことだけを悪しざまに会議の場で責めるのです。そのため私はせっかく寛解していたにも関わらず、2度目のうつになってしまいました。私はその会社を逃げるように退社したのですが、うつが治っていない中転職してしまったせいで、次の会社を4か月、そしてその次の会社も3か月で辞めてしまい、藁にもすがる思いでリファインに駆け込んだのでした。

世の中に多々ある就労支援施設の中でリファインを選んだのは「ビジネスパーソンに特化した施設だったから」というのが私にとっての理由でした。他の施設であるようなパソコン訓練や卓球などのプログラムはなく、ひたすら『ワーク』と呼ばれる4~6名が1つのグループになって討論をする形式で、自己理解や他者理解、認知と行動の乖離についてやビジネスコミュニケーションなど、多種多様のテーマについて討論を行なうものでした。ビジネスパーソンに特化した施設だけあって通所されている方のレベルもかなり高く(高学歴な方や有名な会社で管理職を勤められた方はもとより、弁護士や会計士の方もいらっしゃいました)大変刺激的な毎日を過ごすことができました。

そしてリファイン通所の集大成と言えるものが自分取扱説明書、通称『トリセツ』と言われるものです。これは自分の人生を幼少期から振り返り、自分の気質や性格、行動のくせなどへの自己理解を深め、なぜうつになってしまったのかを根本原因から探り“再発しない”ように自身の認知のゆがみをどう変えていくのか、自分の気質とうまく折り合いをつけて生きていくのかを書くもので、人によってはパワポ100枚以上の大作になるものです(ちなみに私は70枚弱でした。ワードで書かれる方もいらっしゃるのでパワポに苦手意識がある方もご安心ください)

トリセツを書く中で私が「神経質」な気質を持っていること、ゆえに他人との関係の中に葛藤を生じやすいことに気づき、上記私のうつの要因となった『ヒステリックな人』『パワハラな人』にどう対処すればよいかの対策を練り上げました。また自分がこれからどのような価値観を大切にし人生を歩んでいきたいかや、自分の心身がどのような状態になったらストレスが危険レベルまで上がっているかの判断基準、それを和らげるコーピングと言われるストレス解消法までつくり上げていきました。これから社会復帰をするにあたり、半年強の時間を掛け、センター長や代表と散々討議させていただきながらつくりあげていったトリセツは、私の一生のバイブルになることと思います。

トリセツが完成すると、離職組は就職活動、復職組(会社を休職しリファインに通われている方々)は就労トレーニングに入ります。私は離職組だったので、キャリア開発の先生と『羅針盤』と呼ばれる再就職にあたり自分が行きたい業界、会社(日系か外資か、歴史ある会社かベンチャーかなど)、譲れない定性・定量的条件(人によっては年収だったり、残業時間の長短だったり色々あると思います)などについての指標を整理し、それから就活に入るのです。しかしながら、就活は羅針盤に書いた希望通りに進むほど甘いものではありません。特に私の様な40代後半、直近2社を3~4か月で辞めている、無職期間が1年近くある人間には大変厳しいもので、私は羅針盤を途中で修正する必要性に迫られました。

その際にも指標となったのはやはりトリセツです。繰り返しになりますが、2度と“再発せずに”自分にとって幸せな人生を過ごすためには何を変更し、何を貫けばよいかをトリセツを見返し、ここでもキャリアの先生や代表と討議させていただきながら、修正した羅針盤に見合った会社を選ぶことができました。結局私はこれまでとは違うキャリアに進むことになり、年収は大幅にダウンしましたが、上記の過程を踏んだおかげで、自身が納得できる就職先を選ぶことができた、と思っています。

私はリファインに通うまで、2度うつになってしまったことを「運悪く、ひどい部下や上司(社長)にあたってしまったせいだ」と自分の不幸を嘆いてばかりいました。でも今ではそれは私の対応次第で、彼らはひどい部下にもひどい上司にもなっていなかったことに気づいています。彼らは確かに極端な性格の人だったかもしれませんが、自分の関わり方次第で、自分がうつになってしまうほどこじれた関係にならずにすむことが理解できているからです。

長くなってしまいましたが、最後にこれまでに挙げた以外のリファインの良さをお伝えします。それは、共に通所する仲間です。皆うつという苦しい経験をしてきているからか、皆さんとても親切で、優しく、そして優秀です。しかも皆さん「本当にうつなの?」と思ってしまうくらい明るく元気です。40代後半になってこんなにも素晴らしい仲間に出会えたのは、私にとってかけがえのない財産です。彼らとは今後もよいお付き合いを続けさせていただければ、と心から思っています。

最後の最後になりますが、この体験談を読まれた皆さんが、ファインに通われ、元気になられて社会復帰できることを、心よりお祈りします。

そして私を1年間の長きに渡り支えて下さった代表、センター長はじめリファインの職員の皆様への感謝の言葉を記し、私の体験記を終わらせていただきます。

本当にありがとうございました。

H.Y.さん(30代:女性)

私は、職場でのメンタルダウンにより退職後、リファイン就労支援センターに1年半通所しました。

通所にあたってはじめは、何をする場所かよくわからないし、体調が回復しつつあってから自由に過ごしていた生活が制限されることに抵抗感がありました。

それによって、通所開始まで時間が掛かりましたが、自分を活かしながら、もう二度とメンタルダウンせずに社会適応したかった為、この機会に自分を変えようと、思い切って通所することに決めました。

卒業を目前に控えた今、リファインに通所して本当に良かったと思っています。

その理由は、4つあります。

1つ目の理由は、自己理解が深まったことです。

リファインでの生活や、グループワーク、取扱説明書の作成を通じて、自身の得意・苦手、特性、考え方や行動のクセ、対処法を理解しました。

また、取説作成の為に、自分を観察する習慣が出来て、体調の変化に気を配ることが出来るようになりました。

自己理解が深まったことで、意識して行動を選択出来るようになり、「なぜかうまくいかない」と思うことが減り、とても生きやすくなりました。

今は自分をハンドリングしている感覚があります。

2つ目は、出来ることが増えたことです。

特に大きな変化は、SOSを出したり、相談することを含め、自分の気持ちや考えを人に伝えることが出来るようになりました。

これまでは、人との関わりの中で違和感や不快感があっても、それを表現する方法が分からなかった為、過度に気を遣い受け入れるか、溜めた後に爆発するしか出来ませんでした。

トレーニングで「アサーション」というコミュニケーションの方法を知り、リファインの場で検証と実践を繰り返しました。

その結果、自分の気持ちを表現したり、言うべきことを伝えられるようになり、人との対話が楽になっています。

3つ目は、様々な職業や背景の方々と出会えたことです。

リファインでは、これまで出会わなかったような方々と関わりが持て、刺激的でしたし、大変勉強になりました。

メンタルダウンの経験や生きづらさを抱えていた過去の共通点もあり、職業や年齢を超えて共感して話せる方と多く出会いました。

リファインでの生活をより充実したものにして下さった通所者の皆さんに感謝しています。

4つ目は、就職が出来たことです。

キャリア面談や取説面談、カウンセリングなどのプログラムを通じて自己理解が深まりました。

それによって、自分にとって安定して働き続けられそうな職場を選ぶことが出来ました。

ブランク期間や年齢のこともあり、自分1人での活動だったらもっと苦戦していたと思います。

今とても落ち着いた気持ちで入社日を待っていますが、手厚いキャリア面談やリファインの皆様のサポートのお陰です。

「自分の特性を活かして、安定して働き続けること」。

1年半の通所を通じて、そのスタートラインに立てました。

数年ぶりの会社勤めなので多少の不安はありますが、リファインのトレーニングで様々な「武器」を手に入れたので、穏やかな気持ちで社会復帰します。

最後になりましたが、これまで大変お世話になりましたリファインの皆様、通所者の皆様、本当にありがとうございました。

リファインの皆様には、お手間をお掛け致しましたが、いつも親身にご対応下さったこと、感謝申し上げます。

これからも引き続き宜しくお願い致します。

I.R.さん(40代:女性)

私はこれまで、働くこと=(イコール)人生であり、責任ある大きな案件を複数バリバリこなすことに重く価値を置いて超過労働を長期間続けていました。

そんな中体力の限界を感じ転職した先で、比較的ラクで簡易な作業を任されてプライベートの時間を多く持つようになった時、ふと自分の人生を振り返り「いったいなんのために生きているんだろう」と空虚感に襲われ、うつ病を発症しました。

働くこと=(イコール)人生だった私にとって、働く自分を肯定できないことは、自分の人生を否定することに繋がったのです。うつ病は重く、2年ほどクリニックと自宅を往復する以外引きこもる毎日でしたが、主治医の勧めでリファイン就労支援センターに通うことにしました。

 

リファインで学んだことは数多くありますが、一番大きかったのは「生きる意味」を再定義できたことだと思っています。

仕事をするために生きてきたこれまでの価値観から離れ、生きるために働き、プライベートでは「絵本をつくる!」という目標を置くことで、毎日を楽しもう、楽しんで良いんだと思えるようになりました。

 

これまでは会社で大きな成果を出すことを幸せと考えていましたが、今では日常の中で、職場でもプライベートでも、例えば周囲にいる人が少しでも笑顔になってくれるようなちょっとしたことを幸せだと考えられるようになりました。そうすると自分にも他人にも優しくできるようになった気がします。何よりも、笑顔でいる時間が増えました。

 

こういった気付き・学び・変化は、約1年半のリファインでのグループワークでのディスカッションや他愛ない雑談、スタッフの方々・センター長との対話、代表面談で得ることができました。

 

また、コロナ禍中の生活の変化をリファイン通所時に味わえたのも私にとっては大きな意味がありました。毎日通所するという常識が崩れ混乱しながらも、慣れない環境下でオンライン・グループワークや自宅での課題をこなせたことは、新しい会社で働く前段階の良い訓練になったと思っています。

 

これまで見えなかった自分の可能性を探ることができたのは、すべてのリファイン関係者のみなさまのおかげです。気付きのきっかけをくださってありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 30