卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

Y.Y.さん(30代:男性)

私は、前職と今回とで二度メンタルダウンに陥ったのですが、リファインについて知ったのは二度目のダウンの時でした。二度目ということもあり、もう二度と倒れたくないという思いと、一方で家族のためにも早く復職したいという複雑な思いを持ちながら通所を開始しました。

 

リファインの良いところは3つあると思っており、1つ目は「どんな意見も否定されない・受け入れてくれる」

2つ目は「徹底的な自己分析」

最後にこれらをたくさん経験した後に完成する「自分取扱説明書」だと思っています。

1つ目に関しては、ダウンからある程度持ち直すまでに最も効果的だったと感じています。自分の意見・発言が受け入れてもらえることで、少しずつ自信を取り戻すきっかけが出来ました。

2つ目はただ分析するだけでなく、「社会復帰後も実現可能か」という視点を持って分析のサポートをしてもらえるところだと思っています。そしてこの視点も含めて、自分とは?やダウン前の対策などがたくさん詰まった、3つ目の「自分取扱説明書」が完成します。

 

上記のことを通して、私は私らしさや自信を取り戻すだけでなく、以前よりもパワーアップ出来たのではないかと感じています。

ただ自信を持ってひたすら突き進むのではなく、「自然体」「リラックス」、これらと自信との良いバランス・共存の仕方を学ぶことが出来ました。

 

長くなってしまいましたが、この内容を読んで少しでも興味を持っていただいたり、自分もそんな風になれるかな?など、読んでいる皆さんが前に進むためのきっかけになれると幸いです。

W.T.さん(30代:男性)

私は会社で異動先の部署に適応できず、メンタルダウンし、休職しました。その後主治医からリファインへの通所を勧められました。
リファインでは認知行動療法を軸とした各種トレーニングを受けられ、自己を振り返り、自分の認知を客観的に認識し、行動へ生かす一連の内容を行います。私の場合、これまでの人生において自分を振り返り見つめ直す機会がありませんでしたが、これによって改めて立ち止まり、自分を見つめ直せました。そしてそれに対しどの様に考え、行動したらよいか、把握できるようになってきました。
また、このプログラムを受けるに当たり、代表、センター長、スタッフや通所者の方々と多くのやり取りを行い、様々な知識、気付き、価値観等を得ることができました。
これまでの自分であれば、自分の固執性の強さから他人から享受するものを生かしにくいことが多く有りましたが、通所によって認知行動療法に特化したプログラムを受けたことで、この固執性の強さに気付き、それを踏まえた上で人から享受したものを自分に生かすことができるようになってきました。
改めて思えば、休職したのはある意味不幸ですが、リファインと出会ったことでこれが私の転機になったように思います。もしこの出会いが無ければ、自分の本質がわからず、そこから来る不安に対処できないままだったと思います。それが、自分の理解が進み対処方法がわかったことで、不安が減り明るい見通しが立つようになったと思います。
リファインを卒業して復職しますが、学んだことを定着させつつ、また試行と改善を図りつつ、この先の人生をより良いものにしていきたいと思います。
リファインには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

Y.H.さん(40代:女性)

20代後半に抑うつと診断され、それから10年以上、数回にわたって休職・復職を繰り返しました。症状の特徴から、主治医から「うつ」ではなく「Ⅱ型双極性障害」だと言われ、気を付けるべき生活面での注意などを受けましたが、自分ひとりで躁鬱の波をコントロールするのは大変難しく、すっかり疲れ果て再度大きなダウンをしたときにリファインへの通所を進められました。

見学前は、就労支援センターというのは、OA機器の操作練習や新入社員が受けるようなビジネスマナーのトレーニング、情操教育みたいなことをするといったイメージでしたので、行く意味を感じられずにいました。

実際に、リファイン以外の就労支援センターなどでは、職業訓練のようなプログラムがメインになったりすることもあるようです。

もちろん、ビジネススキルの向上もトレーニングとしてはありましたが、基本的なことよりは、より高度なコミュニケーションが必要な業務の進め方、取り組み方、考え方、気持ちの持ち様などがメインで大変ためになりました。

実際に私は他の方に比べかなり長く通うことになりましたが、その時その時で自分と向き合い、他の方の意見を聞き、少しずつ自分を変えることができ、また働くことができるようになりました。

私が最も自分が変わったと思った学びは「自分の思考のクセを知る自己理解とそれを受け入れる自己受容」「他人を尊重して理解する他者理解」という、自分と周りを取り巻く様々なことをどう捉えてどういう感情を持つかを考え直すこと。

それにより、独りよがりの劣等感や誰かに嫌われている、攻撃されている、などの被害意識が薄れ、先入観の無いコミュニケーションを取れるようになり、ストレスが激減しました。

ストレスなく落ち着いてコミュニケーションを取れるようになったので、仕事上だけでなく、友人関係などもかなり改善したと思います。もちろん、受信側だけでなく自分が発信する側として、どのような伝え方をしたら誤解無く相手に嫌な思いをさせることなく自分の考えを主張できるかということもトレーニングします。なかなか難しいですし、相手が攻撃的だとつい反撃したくなったり委縮したりしますが、「自分がストレスを感じないために、相手にもストレスを与えない。怒らせない。」と自分主体で考えて落ち着くようにしています。

また、自分の特性についての理解を深め、その対策を行動面に具体的に落とし込み訓練することで、双極性障害の気分の波をコントロールすることができるようになりました。これもなかなか難しいことでたまに失敗しそうになったりしますが、自分の状態を客観的にみる習慣がついたことで、以前のように大きな波に翻弄されてダウンするようなことなく、事前に対策を取れるようになりました。

他にも色々学びはありましたが、私にとってはこれらの学びが一番自分が楽に生きられるようになったきっかけだと思っています。

まずは、扉を叩いてみてください。体験・見学で合わないと思ったらやめればいいし、自分の気持ち次第で受け止め方も吸収のスピードも変わりますので、自分のペースで自分を改革できればいいと思います。これを読んでいる方は今メンタルダウンをして、辛くてやる気も起きない状態だと思います。無理はせず、自分に合っていると思ったら自分のタイミングでサポートを受けながら元気になっていければいいと思います。私はやる気がなかったりなかなか通えなかったりもしましたが、卒業して再就職して、以前より格段に楽に生きられるようになり、行ってよかったなと実感しています。

S.K.さん(30代:男性)

私にとっては、一度立ち止まり、人生を振り返り、自分自身を正確に理解できたことが最も大きな成果だったと振り返れます。

これまでの人生は、自分自身という現在地がわからないまま、ただ何となくその日その日を生きてきた人生でした。
一般的には、子どもから大人への成長過程で多くのことを経験し、学びながら自分自身とは何者かを理解していくのでしょうが、私は自分の中で内省していくということをしてきませんでした。
この1年は、人生を振り返りながら、改めて過去を紐とき、紡ぎだすという作業を行ってきた期間でした。

リワークしてから少し、時間が経つのですが、今は楽しく業務に励んでいます。

それは、自分自身を理解できたことで、しっかりと着実に地に足をつけながら、人生を歩んでいるからです。目標も持ちながら、健康的に日々を過ごすことが出来ています。

リファイン就労支援センターに通所して良かったのは、「人を頼る」という手段を身につけられたことだと思います。
バカだったと今では笑い話に出来るのですが、独りで我慢して、何とか解決してやるという傾向がとても強かったので、人に相談するとか、助けてもらうとかが極端に出来ない人物でした。

そういう意味で代表を始め、センターの方々、メンバーの方々とコミュニケーションを通して、人に頼ることの重要さに気付けたことはリワークした現在でも大きな資産と感じています。変わりたいという強い意志があれば、強力な味方がたくさんいる場と言えます。

正直言うと、1年間紆余曲折ありました。全てが100点かというと、そうではありません。ただ、そうした紆余曲折の波を受け容れ、良いこともあったけど、悪いこともあったなと振り返ることが出来ている自分自身に今では大きな成長を感じています。

Y.K.さん(30代:男性)

リファインに来る前、私はメンタル不調に陥り休職しました。原因は部署異動により業務内容や周囲の環境が一変し、うまく適応できなかったためでした。

リファインを知ったきっかけは主治医からの紹介でした。再発防止や社会復帰といった将来のことを考えると通所する価値は十分にあると感じ、通所を決意しました。
 リファインで他の通所メンバーと交流していくうちに自己開示することの重要性を知りました。
自分は内向的な人間だと思って生きてきましたが、実は他者と交流することが自分にとって大きなモチベーションとなることがわかりました。

通所開始直後は一刻も早く社会復帰したいという焦りに駆られていましたが、しっかりと腰を据えて社会復帰を目指そうと気持ちが変わっていきました。
 また、リファインへ通い始めた当初は復職を目指していましたが、通所を続けるうちに自分の強みと会社で求められるスキルがマッチングしていないことに気づきました。
コツコツ地道に取り組むことが得意である自分の強みを生かせる会社で働く方が望ましいと思い、休職していた会社の同意を得たうえで退職に至りました。

 再就職を目指すにあたって、就業トレーニングが私の中で大きなターニングポイントとなりました。
それまでの私は顧客(会社の外側)を大切にすることばかり考えていましたが、トレーニングを通じて職場のメンバー(会社の内側)も大切にすることの重要性を学びました。
これは前の会社で私が見落としていたことであり、職場において人間関係をしっかりと構築することを目指して就職活動へ取り組むことにしました。

 就職活動についてリファインの井田代表は事あるごとに「第一志望の会社に就職先が決まる」と発言されていますが、私自身も例にもれず第一志望の会社に就職先が決まりました。
これは私自身の力ではなくリファインの皆様の手厚いサポートのおかげだと確信しております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 メンタル不調に陥ったことで私は自分の特性に気づき、よりよく働きよりよく生きるための方針を定めることができました。
社会復帰にむけて若干の不安はありますが、今の自分なら柔軟に対処していけるだろうという前向きな気持ちもあります。

H.S.さん(20代:男性)

新卒での就活中から企業で働く⾃分の姿が想像できず、案の定働き始めてすぐに躓くことになりました。学⽣時代からお世話になっていた主治医にリファインを紹介され、焦っていた私はすぐにパンフレットに記載された番号に電話をかけました。

リファインの利⽤者には復職を⽬指している休職中の⽅と、転職を⽬指している⽅がいます。私は後者でしたが、復職を⽬指す⽅々とも⼀緒にワークに取り組みました。 就職という同じ⽬的の⽅々だけではなく、様々な業界で働かれている⽅々の話を聞くこともできたのは、視野を広げる意味でも就職活動おおいに役に⽴ったと感じます。

リファインのカリキュラムでは⾃⼰分析を徹底的に⾏うことを求められます。⾃分の「取扱説明書」(取説)を完成させることがそのゴールになるわけですが、私はかなりこ れに苦戦しました。在籍途中にコロナ禍に⼊ってオンライン中⼼のカリキュラムになったこともあり、新たな課題が次々と浮かび正直どうすればよいのかよくわかりませんでした。スタッフの⽅との⾯談で内容を壁打ちし何とか完成をさせましたが、今でも完成をしたという感覚はありません。きっとこれからも新たな課題がたくさん出てきて、ブラッシュアップをしていく必要があるのだと思います。

ただ、時間をかけて⾃⼰分析をしたおかげで就職活動に⼊るとそこまで⼤きく躓くこともなく、スムーズに事が進んでいきました。コロナ禍もあり、どれくらいの時間が かかるかと不安もあったのですが、転職エージェントに登録してから概ね1 ヶ⽉半ほどで内定を頂けました。

キャリア⾯談で⾯接の対策もしっかりと⾏なっていただいたのですが、 取説等で⾃分の⾔語化を⾏なっていたおかげで、サクサクと進んだ実感があります。
⾃⼰分析・取説を書き終えてしまえば就職活動や復職はスムーズに進むと思うので、これから⼊所される⽅々も、焦らず根を詰めすぎず、社会復帰に向けてリファインで歩を進めていただけたらいいのではないでしょうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 30