卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

T.K.さん(20代:男性)

リファインの通所を通じて1番得られたことは「生きやすさ」だと思います。

 

この生きやすさは、ストレスに対する向き合い方が自分や周囲を過度に傷つけない方向に変わったことで得られたもの、だと思います。

ここでは、私が生きやすさを手に入れるまでの経緯をお伝えしたいと思います。

 

私は転職先で数ヶ月でダウンし、企業人事の方からリファインを紹介頂き、通所することとなりました。

それまでの私は、自分の思い通りにならないことに過剰に反応したり、些細なことで自責に追い込んだりと、受けたストレスを自分で増幅しているような人生を送っていました。

 

しかし、リファインで毎日行う「リフレーミング」を通じて、ストレスを軽減させて消化できるようになったり、逆にチャンスと捉えて前向きな行動を取ることができるようになったりしました。

 

私の場合就活組でしたので、就活中に理想と現実の壁に直面したり、思い通りに行かないことも多々あったのですが、「リフレーミング」の力を得られたからこそ、途中で投げ出さずに最後まで熱量を持ってやり続けた結果、心から第一志望と思える会社に出会うことができました。

 

社会復帰後はワクワクする一方で、色々と苦労をすることもあるだろうなと思っていますが、リファイン通所で学んだことを生かせれば長くイキイキと働き続けることができる、と確信しています。

 

リファインに通所して本当に良かったです。

 

ここで学んだことを活かしつつ、より一層自分を磨き続けて、豊かな人生を送っていきたいと思っています。

 

H.T.さん(30代:男性)

まず、1年半以上もの長い間、ご支援いただいたリファインスタッフ・インストラクタの皆様、そして何より日々のプログラムで共に考え、行動、実践してきた通所者の皆様に感謝とお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

リファインを卒業し、社会復帰を迎えた今ですが、私自身、自分の性格や考え方が大きく変わったという実感は正直あまりありません。

ただ1点、過去の自分と大きく違うと感じるのは、これまで抱いてきた人生における不安感や絶望感が存在しないということです。

なぜこのような状態に自分がなれたのか、それは自分の中に強く、しなやかな芯を持つことができたからだと考えています。

そして、この芯を手にするための最良の場がリファインであったと考えています。

 

メンタルダウン当初、私は日々に疲れ、絶望し、明るい未来を想像することなどできませんでした。

いつも自分と他者を比較し、競い、勝者でなければならない、そうでなければ自分は社会にとって不要、排除されてしまうと考えていた自分は、必然的に他者を敵視し、社会を孤独な戦場のように捉えていたと感じます。

いつも自分ではない誰かのようになろうとし、他者の希望や期待を満たすことを優先し、自分を無視して生きていました。

他者から否定されること、拒絶されることを極端に恐れ、他者の顔色を伺いながら自分の居場所を探す、そんな行動を選んでいたと思います。

 

そのような思考の癖を持った私でしたが、リファインでの日々のプログラム、そして自分取扱説明書の作成を通じ、私は自分というものを徹底的に見つめ直すことができました。

その過程で気づきは、自分が持っていないもの、過去への後悔やこだわり、これらに執着し、現状を悲観していては永遠に幸せにはなれないということでした。

そして、誰かの望む自分ではなく、私が望む自分を生きることの大切さ、自分が自分らしく素直でいても良いという気づきでした。

 

それからは誰かと比べ、評価するのではなく、等身大の自分を理解し、受け入れることを実践してきました。

自分が持っているもの、これからできることを考え、前向きに行動することで、幸せな今、そして未来が得られていると確信しています。

 

リファインでは日々のプログラムでメンタルコントロールやコミュニケーション、ビジネスのスキルを学ぶことができます。そして、自分取扱説明書の作成を通し、自分自身への理解を深めることができます。人生の中で、ここまで集中して自分のことを考えられる機会は貴重なものだと思います。そしてそれ以上に貴重なのは、理解したことをもとにこれからどうしていくのか、それを実践できる場であることです。自分の思考の癖や常識を疑い、失敗を恐れることなく様々なアプローチに挑戦できる。トライ&エラーを通じて自分に合ったスタイルを組み上げていくことができると思います。

 

メンタルダウンは本当に辛い経験でした。

リファインへの通所も全くスムーズにはいきませんでした。

何度かプチメンタルダウンを起こし、退所を考えたこともありました。

そんな時を支えてくれたのもリファインだと思います。

私はこの経験をとても有意義で、必要なものであったと感じています。

これまでの自分を発見、理解し、これからの自分を自らの手で作り上げていく。

この楽しさを味わっていただきたいです。

H.M.さん(20代:女性)

リファインを卒業し、社会復帰をして3ヶ月が経ちます。

私はうつで2回の休職を経験しましたが、2回目の社会復帰となる現在が、これまででいちばん自信を持って働くことができています。

その自信を得ることができたのは、リファインで得た気付きと経験のおかげだと考えています。

そんな私の、リファインでの経験を通してできるようになったことについて。

たくさんあるのですが、ここでは3つお話しさせていただきます。

 

1つ目。

自己理解。自分の価値観、強みや弱み、特徴を知ること。

中でも、リファインのカリキュラムの1つである『自分取扱説明書』の作成を通して自分の思考のクセを理解できたことが、メンタルダウン克服への大きなステップになったと考えています。

自分がどんな時、どういう方向で物を考えるのか。

その考え方は自分に対してどのような影響を及ぼしているのか。

どうしたら、その思考を和らげることができるのか。

日々行われるワークで見つけたヒントをもとに、自分を見つめ直したり。

カウンセリングの場や、センター長や井田代表との面談を通して、専門家のアドバイスを取り入れ、自分に合った形でのメンタルダウン対策を考えたり。

あの手この手で自分と向き合った結果、今では実際に職場で落ち込むような出来事が起こっても、自分で気持ちを立て直したりケアをすることができるようになっています。

「課題に気付きさえすれば、対策を立てることも、実際に行動を起こして変えていくこともできる」

そう思えるようになったことが、私がリファイン通所を通して自分を変えることができた証拠なのだと思います。

 

2つ目。

受容。自分と他者を受け入れること。

私は、自分を認めたり受け止めてやることが苦手でした。

また、自分の理想と外れたことをする人に対して強い苦手意識を感じ、頑なになってしまう部分がありました。

リファインのグループワークを通して、これらの考えや姿勢が少し緩和されたと考えています。

グループワークでは、各々が自分の価値観を語るとともに、相手の価値観についての気付きを伝えます。

否定するのではなく、一旦受け入れた上で、感じたことを伝える。これを繰り返すうちに、少しずつ受け入れる範囲が広がったり、自分なりの受け入れ方を見つけて受容できるようになりました。

 

そして、3つ目。

行動。思い切って、まず実際に動いてみること。

私はとにかく行動を起こすことが苦手で、「もし〇〇だったら」という想像や思い込みで自分を縛り、行動を起こせないまま抱え込んでしまいがちでした。

そんな自分を変えたものが2つあります。

1つは自己理解で、行動するまでの自分の思考のプロセスを認識し、改めること。

そしてもう1つは、リファインで実際に行動することにチャレンジして、成功体験を積むこと。

中でも後者の効果は特に大きかったと感じています。

「私は◯◯が課題なので、今日はそれを練習させてもらってもいいですか?」

この言葉を自分が言う日もあれば、誰かから聞く日もありました。

リファインでは、通所者それぞれが何かしらの課題と向き合っています。

だからこそ、お互いの課題の改善に向けたチャレンジを受容し、応援し合える環境となっています。

仕事の場では試しにくい内容であっても、リファインなら安心して試すことができました。

今の自分は、リファインでのチャレンジを自信に変えて、今までよりも積極的に発言や相談を行っています。

長々と述べてしまいましたが、要するに。

私にとってリファインでの経験は、かけがえのないものでした。

きっとこの先も、リファインでの経験にたくさん助けられていくのだと思います。

素晴らしい出会いと体験をくださった、リファインスタッフの皆様、通所者の皆様、本当にありがとうございました!

T.T.さん(30代:男性)

会社を辞めた後、現在の主治医に診てもらうようになり

まず勧められたのがリファインでソーシャルスキルをつけることでした。

その後、主治医ともよい関係を築けず、

主治医の勧めも信じられず3か月何もせずにしているうちに、

やはり何か行動しないと先に進めないと思い、
リファインに通所することにやっと気持ちが固まりました。

通所したての頃は、周りを窺って行動し、

ワークでは周りを気にした応答をしており、対人緊張、不安もありました。
その根底には、自分の考え、

本音を話すと人との関係が悪くなるという思い込みがあり、

関係悪化を避けるために周りにとって都合の良い意見を受け入れてきた過去がありました。

 

毎日のワークで自分の考え、価値観を手書きで書き出し、

グループで話すことを繰り返すうちに
自分の考え、本音を話すことが自然になり、

この行動が自分のことを相手に伝えることになり、

関係悪化どころか、

人との関係性の構築に繋がると感じるようになってきました。

今から振り返ると、相手に自分の考えを伝えない行動習慣が行き過ぎ、

意思疎通がとれていなかったことにより様々な場面でやりづらさを感じていたのだと思っています。

仕事での先輩、上司との関わり、相談質問が苦手なこと、

かつての主治医との関係等々、多々ありました。

自分の考え、本音を話すことが身に着くまでには時間がかかりました。それでも自分が徐々に変われたのは、
色々なワークを通じて、表現方法、言い回し次第で、相手を尊重しつつ自分も我慢せず本音を伝えられることがわかってきて、

ワークで試行錯誤しながら実践する場があったからだと思っています。

こうしているうちに対人関係構築しやすくなり、周りが開けてような気分で前向きになれたと思っています。

 

自分の大きな変化は、転職活動の時期にもよい行動に結びついたと思っています。

私が転職活動を始めた頃に、コロナウイルスの緊急事態宣言が出て、就活の面接形態、求人などに変化がありました。

自分が心がけたことは、この状況でも今できる必要なことしようということ、

変化をも利用して自己理解に繋げようと前向きでいることでした。

前向きな姿勢で就活を続けられ、

不安な時は自分取り扱い説明書で対策を確認したこと、

それでも辛いときには自分からスタッフ、

カウンセラーに相談できたことは

リファインで学んだ成果だと思います。

納得する転職活動ができました。

最後に、
相談に応じてくださったスタッフ、カウンセラー、交流、

雑談をしてくださった通所メンバーに感謝の気持ちでいっぱいです。

社会へ踏み出す時が来ました。今後色々な変化があっても、
リファインで得たこと、特に自分の場合相談すること、人と話すことのメリットを忘れずに進んでいきたいと思います。

N.H.さん(30代:男性)

「このままでは同じことを繰り返す。」メンタルダウンによる休職の期限を迎えて退職した時に考えていたことでした。根本的な原因は自分の考え方にあることがわかっている。しかし、どうすれば良いかわからない状態でした。

 

そんな時、主治医からリファインを紹介されました。ビジネスマン向けの就労移行でメンタル・キャリア両面でカウンセリングを受けながら社会復帰を目指せる点に魅力に感じてリファインへ通うことに決めました。

 

通所するようになってまず感じたことは、自己開示の大切さを知ったことです。私の場合は考えをアウトプットすることを苦手と感じていました。リファインのワークをはじめ各種カウンセリングでは気持ちを言語化して相手に伝えて、フィードバックを得る。フィードバックの中には自分には無い考え方を得られることもありました。

 

通所が安定して自己理解が深まり『自分の取扱説明書』の作成を開始してからは、なぜメンタルダウンしたのか?同じことを繰り返さないためにどの様に対策するのか?をひたすら考えて相談することを繰り返していたら、辛い記憶でも客観的にみられるようになって、次第にまた働きたいと考えられるようになりました。

 

就職活動ではリファインで訓練した自己開示が役に立ちました。面接では自分がなぜその会社を志望するのか?どういった所で活躍できるのか?これからどの様に働いていきたいか?と言った自己開示の連続でした。キャリアカウンセリングを通して練習していたことが助けになっていたと感じます。

 

もし、私の様に「このままでは同じことを繰り返す。」と動き出せないでいる方ならリファインを頼ってみてください。

I.M.さん(30代:男性)

1.はじめに
私は、リファイン就労支援センターでのカリキュラムを終え、無事、卒業できた者です。
これまでどのような経験をし、どんな変化があったのか、簡単にご紹介いたします。
なお、私の場合は、社会復帰というよりは、人生そのものをやり直す目的で通所していました。
その点を踏まえて読んで頂ければと思います。

2.リファインに来てからの変化
私は、もともとコミュニケーションが苦手で、社会生活そのものが苦痛でした。
生きることだけで精一杯だったので、このまま辛い人生が続いていくのだろうと悲観していました。
しかし、リファイン就労支援センターでの訓練により、今では毎日のびのびと、心穏やかに過ごせるようになりました。
少しずつ、趣味と言えるようなものも出てきていることが、私にとってはとても嬉しい進歩です。

3.リファインだからこそ学べたこと
実は、私が苦労していた原因は、発達障害特性によるものでした。
そして、その特性をしっかり理解できたのは、リファイン就労支援センターでのカリキュラムのおかげだったと思っています。
様々な人とディスカッションを繰り返す機会があるため、自他ともにじっくり違いを観察することができ、自分の特徴を理解することができました。
これは、1人では出来ないことだと思います。
最終的に、障害特性にとどまらず、自分の長所や短所、好き嫌いといった自分らしさを、実感とともに理解することができました。
そのおかげで、プライベートも充実しましたし、社会復帰にも繋がったのだと思っています。

4.最後に
リファイン就労支援センタースタッフの皆様、また、一緒にカリキュラム取り組んできた利用者の皆様、本当にお世話になりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 28