卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

K.K.さん(50代:男性)

私は管理職に昇職した時から常に“生きづらさ”を感じていました。

結果、休職をすること4回を数え自分自身を見失いかけていた時に、産業医から紹介をされてリファイン就労支援センターに通うことを決めました。

それまでは自分の欠点ばかりに目が向いて、今度こそは自分の意識や行動を変えなければ、そうすれば“生きやすく”なると思っていたけれども、結果は何も変わらず“生きにくい”生活を続けていました。

リファインに通い、無事に復職を果たした今になって思うのは、自分自身の性格や気質は変えることはできないけれども、自身の性格や気質の長所と短所を客観的に分析し、自分の弱い部分(気質や性格)を変えるのではなく、自分の弱い部分と折り合いをつけ、上手く付き合っていく対処策を見つけることができたことが一番の成果だと思います。

対処策を見つける為には、先ずは自らの感情や想いを文字や言葉にして自分自身から解き放ってあげることがスタートだと思います。今まで抱え込んでいたもの(良い事も悪い事も)を“話す”“離す”“放す”ことが自分にはとても新鮮でした。

文字や言葉にすることは自分を客観視することになり、自分は今まで何に怯え苦しみ、生きづらさを感じていたのかが明確になり、怯えた原因、苦しんだ原因にどのように対処すれば怯えや苦しみが減るかをある意味システマチックに考えていける。

しかし、“システマチックに考える”とは言葉では簡単だけれども、いざ考えるとなると自分の気質や性格が邪魔をしてしまい、上手くいかなくなってします。

でも、リファインでは井田代表や山本センター長、多くのスタッフの方が話を聞いてくれて適切なアドバイスをもらうことができました。

加えて同じように“生きづらさ”を感じている通所者の仲間が居てくれたことは自分自身の成長に大きな力となりました。

このように、自分、リファイン、仲間の3者がお互いを認め合い、一緒に笑い、一緒に泣くことで前に進むことができたと思っています。

T.E.さん(30代:男性)

リファインに通い始めた頃の私は、自分のことが嫌いで自信を持てず自己肯定感は極めて低かったです。そんな私が卒業を迎えた今、身近にいる妻から「笑顔が増えたね」「前向きになったね」と言われることが多くなりました。

リファインに通所した1年4カ月で私は別人のように変わることができました。

今振り返ると、私が変わることができた一番の要因は「実際に行動した事」だと思います。

スタッフの方との面談で気付かされた課題を、他の通所者さんとのグループワークを通して少しずつ克服することができました。「人前で良いかっこしいをしてしまう(虚勢を張る)」という課題に対しては、過去の辛かった経験や自分のダメな部分を通所さんの前で自己開示することで、少しずつありのままの自分で人と接することができるようになりました。

また、「自分事にこだわり過ぎてしまう」という課題に対しては、グループワークでの皆さんの発言や人となりを傾聴しメモ帳に書き留める訓練を繰り返したことで、相手に対して興味を持てるようになりました。

リファインへの通所を検討されている方、通所を始めて間もない方へは「ぜひ、勇気を持って少しずつ行動してみてください!」とアドバイスがしたいです。リファインのスタッフの方々、通所者さんは全てを受け止めてくれます。安心してください。

新しい環境での生活が間もなく始まりますが、リファインで学んだこと、気付かせてもらったことを大切に、自分なりのペースで一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。

自己理解を深めるうえで様々なヒントを与えてくださり、また、最後の最後まで自分に合う職場を一緒に探してくださったリファインスタッフの方々に対しては感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

M.K.さん(40代:女性)

私はストレスや疲れが溜まると体に不調が出て体調が悪くなる病気で会社を休職しました。
自分的にはまだまだ働けると思っていたので、なぜ?という悔しい思いでした。

産業医にリファインに通ってと言われ見学に行ったのですが、なかなか通いたくなく3か月間渋り悩みましたが通ってみる事にしました。

想像していた雰囲気とは違い皆明るく元気で、グループワークも学びが多く楽しく、毎日の通所が楽しくなっていきました。

自分取扱説明書は自分と向き合い、自分の短所や長所を見つめ直す事でなぜ体調不良が起きて休職したのかの原因も分かり、自分と向き合う事の大切さを痛感しました。

復職するにあたっても職場の上司と産業医が、なかなかOKを出してくれませんでしたが、
復職出来るよう代表とスタッフの方々が親身になって面談やアドバイスをして下さり無事に復職する事が出来ました。

あんなに通いたくなかったリファインですが、今となっては通って本当に良かったと思っています。

リファインの代表・スタッフの方々・通所者の皆様に感謝です。

リファインに通った事は偶然ではなく必然だっと思っています。

あの時体調を崩してリファインに通って良かった。

だからこそ今の生まれ変わった自分があると思えるようになりました。

これからも自分らしく、自信を持ってしなやかに働いていきたいです。

S.A.さん(30代:男性)

メンタルダウンのキッカケ
・『まだまだ足りない』と自ら追込み続ける自分。
・『わからない』ことが人に聞けず、奔走し続ける自分。
・『自分が我慢すれば…』と思い、意見を言わずにいる自分。
一つ一つは大きな出来事ではなくても、何度も繰り返されることで自己肯定感、自己効力感を失い、メンタルダウンしていました。

リファイン就労支援センターで見つけられたこと
結論から言うと
「自分にしかない人生を自分らしく生きるためのコンパス」を見つけられた場所です。

メンタルダウンした理由や、自分にフィットする価値観。そして大切にしていきたいことなど。

リファイン就労支援センターのスタッフの方々との面談や、同じく通われている方々と考え方をシェアしていくことで少しずつ見つけていきました。
見つけられた大きな理由に
・温かくわたしの言葉を受け入れてくれたこと
・考え方に「正解」はないと気づかせてくれたこと
・幼少期まで振返るキッカケをもらい、今の自分に繋がっていることを気づかせてくれたこと
があります。
そうして「自分にしかない人生を自分らしく生きるためのコンパス」を見つけられました。
スタートはメンタルダウンという形でしたが、
「立ち止まり、自分のことを振り返られた時間を持てて良かった。」
と心から感じられる時間をリファイン就労支援センターで過ごせました。

T.O.さん(40代:女性)

頑張っているのに何がいけないのだろう?
どうしてわかって貰えないのだろう?
なんで会社を休まないといけないのだろう?
頭の中は、ごちゃごちゃ、ぐるぐる。
自信がなくなり、人が怖くなり信じられなくなりました。
そんな私は、通所を始めた頃、プログラムに参加する事も、周りの人と話すのも無理でした。
私の歩幅に合わせてスタッフさん始め、周囲の方々は徐々に接してくださり、今では私自身、リファインが安心できる場所になりました。
休職しリファインに通い始める時、通うことに抵抗や不安がありました。
しかし、直ぐにその考えは無くなりました。
すしろ、これまでの人生で学べなかった事を、今、学んでいるのだと気が付いた時に、ここに来れて良かったと思えるようになりました。
人生でここまで自分自身に向き合い考えた事はありません。
私に向き合って貰えたのも初めてだと思います。
復職した今でも、感情の浮き沈みは少しありますが、
以前より楽になり、変わった自分を感じ、人と話すことが自分のモチベーションを維持する1つとなりました。

M.S.さん(30代:女性)

  • メンタルダウン

私は約7年間教育関係の分野で仕事をしていました。その仕事はマルチタスクが求められる業務内容で、マルチタスクが苦手な私には適しておらず、一人で仕事を抱え込み残業が毎日続きました。その結果メンタルダウンし、休職という形になりました。

初めてリファインに電話をした時は正直行きたくない気持ちが強くありました。しかし体験に行き、その気持ちは変わりました。「ここは本当にメンタルダウンした人達がいるところなのか?」と驚く程、明るく自然体で過ごしている利用者の方達の様子を見て、私もここでグループワーク受けてみようという思いになりました。

  • 通所中のこと

休職をきっかけに、仕事をしていた時よりも生活水準を低くしなければならない事を苦しく感じていました。理由は、好きな時に好きな服を買ったりカフェでお茶をしたりする姿がキラキラしていて、そこまでお金をかけている自分が幸せだと思いこんでいたからでした。

しかし、渡辺センター長とトリセツを進めていく中で、「happy探し」をするようになり、お金をかけなくても幸せな事ってそこら中にあるんだなと気づく事が出来ました。

  • 私にとっての財産

リファインに入って、私には大切な財産が出来ました。3つあります。

1つ目は、家族にも友人にも言いづらい事でも、相談したり話したりできる仲間が出来た事です。いわゆるサードプレイスの事です。

2つ目は、私の見える世界を広げてもらった事です。

自分の見えていたものは、世の中のごくごく1つのカテゴリーの中のものであって、すごく狭かった事に気づかされました。もっと色んな職業・業界があり、まだまだ知らない事が多くあった事を感じました。これは、トリセツでの代表面談と就トレや就活をした経験からです。

3つ目は、感情日記です。

感情日記を毎日続け、世代や性別や社会的立場等がバラバラの方たちと接しそれぞれが違う考えを伝え理解し合うことで、人によって捉え方は違うという事を知りました。感情日記ではその様々な捉え方に触れる事ができ、通所前に比べ、私の考えの視野はとても広くなりました。

感情日記は自分のモヤモヤした気持ちを整理したり明確化することができるので、モヤモヤをそのままにしてしまいがちな私には大事なストレス対策になっています。

そして、感情日記を財産だと思った一番の理由は、リフレーミングする力がついたからです。リフレーミングする力がついたことで、通所する前よりも感情の揺れ動きが小さくなり、プラスの感情でいる時間が増えました。そして前よりも少しだけ気楽に生きる事ができるようになってきました。

  • 今後社会復帰して続けていきたい事・将来・使用前と後

・今後社会復帰して続けていきたい事は感情日記と、モニタリングです。

・使用前と後で変わったことは、前よりも少しだけ自分を大切にして生活できている事です。自分を大切にすることは私の大事な人たちを大切にすることだと気づく事ができました。

1 2 3 4 5 6 7 30