卒業生の声(リワーク/転職)

卒業生の声(リワーク/転職)

S.K.さん(30代:男性)

私にとっては、一度立ち止まり、人生を振り返り、自分自身を正確に理解できたことが最も大きな成果だったと振り返れます。

これまでの人生は、自分自身という現在地がわからないまま、ただ何となくその日その日を生きてきた人生でした。
一般的には、子どもから大人への成長過程で多くのことを経験し、学びながら自分自身とは何者かを理解していくのでしょうが、私は自分の中で内省していくということをしてきませんでした。
この1年は、人生を振り返りながら、改めて過去を紐とき、紡ぎだすという作業を行ってきた期間でした。

リワークしてから少し、時間が経つのですが、今は楽しく業務に励んでいます。

それは、自分自身を理解できたことで、しっかりと着実に地に足をつけながら、人生を歩んでいるからです。目標も持ちながら、健康的に日々を過ごすことが出来ています。

リファイン就労支援センターに通所して良かったのは、「人を頼る」という手段を身につけられたことだと思います。
バカだったと今では笑い話に出来るのですが、独りで我慢して、何とか解決してやるという傾向がとても強かったので、人に相談するとか、助けてもらうとかが極端に出来ない人物でした。

そういう意味で代表を始め、センターの方々、メンバーの方々とコミュニケーションを通して、人に頼ることの重要さに気付けたことはリワークした現在でも大きな資産と感じています。変わりたいという強い意志があれば、強力な味方がたくさんいる場と言えます。

正直言うと、1年間紆余曲折ありました。全てが100点かというと、そうではありません。ただ、そうした紆余曲折の波を受け容れ、良いこともあったけど、悪いこともあったなと振り返ることが出来ている自分自身に今では大きな成長を感じています。

Y.K.さん(30代:男性)

リファインに来る前、私はメンタル不調に陥り休職しました。原因は部署異動により業務内容や周囲の環境が一変し、うまく適応できなかったためでした。

リファインを知ったきっかけは主治医からの紹介でした。再発防止や社会復帰といった将来のことを考えると通所する価値は十分にあると感じ、通所を決意しました。
 リファインで他の通所メンバーと交流していくうちに自己開示することの重要性を知りました。
自分は内向的な人間だと思って生きてきましたが、実は他者と交流することが自分にとって大きなモチベーションとなることがわかりました。

通所開始直後は一刻も早く社会復帰したいという焦りに駆られていましたが、しっかりと腰を据えて社会復帰を目指そうと気持ちが変わっていきました。
 また、リファインへ通い始めた当初は復職を目指していましたが、通所を続けるうちに自分の強みと会社で求められるスキルがマッチングしていないことに気づきました。
コツコツ地道に取り組むことが得意である自分の強みを生かせる会社で働く方が望ましいと思い、休職していた会社の同意を得たうえで退職に至りました。

 再就職を目指すにあたって、就業トレーニングが私の中で大きなターニングポイントとなりました。
それまでの私は顧客(会社の外側)を大切にすることばかり考えていましたが、トレーニングを通じて職場のメンバー(会社の内側)も大切にすることの重要性を学びました。
これは前の会社で私が見落としていたことであり、職場において人間関係をしっかりと構築することを目指して就職活動へ取り組むことにしました。

 就職活動についてリファインの井田代表は事あるごとに「第一志望の会社に就職先が決まる」と発言されていますが、私自身も例にもれず第一志望の会社に就職先が決まりました。
これは私自身の力ではなくリファインの皆様の手厚いサポートのおかげだと確信しております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 メンタル不調に陥ったことで私は自分の特性に気づき、よりよく働きよりよく生きるための方針を定めることができました。
社会復帰にむけて若干の不安はありますが、今の自分なら柔軟に対処していけるだろうという前向きな気持ちもあります。

H.S.さん(20代:男性)

新卒での就活中から企業で働く⾃分の姿が想像できず、案の定働き始めてすぐに躓くことになりました。学⽣時代からお世話になっていた主治医にリファインを紹介され、焦っていた私はすぐにパンフレットに記載された番号に電話をかけました。

リファインの利⽤者には復職を⽬指している休職中の⽅と、転職を⽬指している⽅がいます。私は後者でしたが、復職を⽬指す⽅々とも⼀緒にワークに取り組みました。 就職という同じ⽬的の⽅々だけではなく、様々な業界で働かれている⽅々の話を聞くこともできたのは、視野を広げる意味でも就職活動おおいに役に⽴ったと感じます。

リファインのカリキュラムでは⾃⼰分析を徹底的に⾏うことを求められます。⾃分の「取扱説明書」(取説)を完成させることがそのゴールになるわけですが、私はかなりこ れに苦戦しました。在籍途中にコロナ禍に⼊ってオンライン中⼼のカリキュラムになったこともあり、新たな課題が次々と浮かび正直どうすればよいのかよくわかりませんでした。スタッフの⽅との⾯談で内容を壁打ちし何とか完成をさせましたが、今でも完成をしたという感覚はありません。きっとこれからも新たな課題がたくさん出てきて、ブラッシュアップをしていく必要があるのだと思います。

ただ、時間をかけて⾃⼰分析をしたおかげで就職活動に⼊るとそこまで⼤きく躓くこともなく、スムーズに事が進んでいきました。コロナ禍もあり、どれくらいの時間が かかるかと不安もあったのですが、転職エージェントに登録してから概ね1 ヶ⽉半ほどで内定を頂けました。

キャリア⾯談で⾯接の対策もしっかりと⾏なっていただいたのですが、 取説等で⾃分の⾔語化を⾏なっていたおかげで、サクサクと進んだ実感があります。
⾃⼰分析・取説を書き終えてしまえば就職活動や復職はスムーズに進むと思うので、これから⼊所される⽅々も、焦らず根を詰めすぎず、社会復帰に向けてリファインで歩を進めていただけたらいいのではないでしょうか。

M.T.さん(30代:女性)

リファインに通所する前の私は、転職をしたばかりの会社で色々なプレッシャーから2度目の体調不良とメンタルダウンを起こし休職をしていました。

 

仕事から離れ時間が経つと症状は回復したかに見えましたが、周囲へ迷惑をかけたことへの罪悪感、将来への焦りで頭の中はいっぱいでした。時間があると書籍やネットで鬱から回復した方の体験談や関連書籍を読み、自分で取り入れられそうな事柄・習慣を試したりもしましたが、それでも漠然とした不安が消えることはありませんでした。

そんなときに、主治医からリファインを紹介いただきました。

リワークに通うことへの抵抗感から、見学から体験通所までに時間がかかりましたが、体験通所で参加したグループワークで利用者の方とディスカッションした時に「自分に必要なものが得られそう」だと直感的に感じ通所を決めました。

 

私がリファインで自己理解を深めたことで変わったと実感したことは2つあります。

 

1つは自分に対する認知力が上がりました。

 

私は周囲から嫌われたくないという気持ちが根本にあり、周囲から好意的に見られるために無意識的に必要以上の負荷を背負う行動をしていました。

そのため他者からの依頼に対し、自分の状態や感情を考えず二つ返事をすることも多く、結果キャパシティをオーバーしてしまうこともありました。

リファインからの課題や『自分の取扱説明書』を作成中にこの傾向や癖に気づけたことで、

注意しなければいけない行動・場面を想定でき、対策を具体的に作ることができました。

 

また自分に思考の癖があることを自覚したことで、癖の発生にも気づきやすくなりました。

自分の性質の理解が深まったことで、自分をメタ認知しやすくなり、

状態の変化に応じて自発的に対処行動を取れるようになれたと思います。

 

もう1つはありのままの自分を自然と受け入れられるようになりました。

 

これまでは、仕事で自分と同僚を比較し、自分の出来ないことを見つけては焦り、

仕事の幅を増やすためと自分に言い聞かせ背伸びをして1人で勉強をするのが日常でした。

 

ただリファインの講師やキャリアの違う他の利用者さんと交流をし、互いに自己開示をしていく中で、

等身大の自分を認めてくれる人たちがいることや、そういった場があることを実感し気持ちが楽になりました。

また自己理解の中で自身の強み・弱みを納得感をもち整理できたことで、

苦手なことやできないことに対しても「しかたない」と割り切り、人に頼ろうと思えるようになりました。

他者比較の癖は日常で発生しますが、今は自分に足りない点を炙り出す便利な癖と捉えることにしています。

 

 

自己理解と自己受容が進んだことで、第一志望の会社に就職出来ました。

 

卒業を迎えた今は以前と違い社会に出ても大丈夫だろうという安心感があります。

 

リファインの代表やスタッフさんには体調を崩して通所ができなかった時期から、転職先を決めるまで長い間親身に相談に乗っていただきました。

ここでの時間や経験は、私の人生のために必要だったと振り返って感じますし、

そう思い続けられるように、これから元気に働き続けたいと思います。

 

H.Y.さん(40代:男性)

リファインへ入所するまで、『自分と向き合う』『自己理解、自己受容』ということ
に取り組むことがほぼありませんでした。
そのため、メンタルダウンの原因もよく分からぬまま休職し、症状が治まったから復
職する、ということを繰り返していました。
リファインへ在籍していた期間で、様々なワークを通じて自己理解と自己受容を進
め、自分の気質や性格、行動特性に対する受容を基に『自分の取扱説明書(以下、取
説)』を作成したことで、メンタルダウンを繰り返してしまった原因に納得できまし
た。
そして、その原因に対する対策は、取説作成のための面談を通して「実際に自分に出
来る対策になっているか?」を考慮に入れたものにすることが出来ました。

13 年ほど前に初めて心療内科に通院、会社を休んでから、今回で 8 回目の休職とな
る私にとって、『メンタルダウンの原因に納得し、もう繰り返さないように対策を立
てる』ことは最重要課題になっていました。
コロナ禍の昨今、就労トレーニングの受け入れ先を探していただき、その際に取説で
立てた対策を実践、実証することが出来て、取説の内容が間違えていなかったと自信
が持てました。

加えて、会社の産業医面談等で発覚した問題点に関しても、井田代表、吉田センター
長と共に向き合い、対策を立て、取説に盛り込むことが出来て、有効性が高く実行で
きる取説を完成させることが出来ました。

相談することがあまり得意ではありませんでしたが、井田代表、吉田センター長をは
じめとしたスタッフの方々に、自分の状況を開示して相談することが訓練出来まし
た。
その他、自分があまり得意でないことにもフォーカスし、対処するトレーニングを積
むことで、不快を減らした生活が送れるようになりました。
ワークを通じて、多くのかけがえのない仲間(通所者の皆さん)と出会えたことが、
自分の財産になっています。

自分の中でリファインは、『大切な場所、だけど、もう通所したくない場所』になっ
ています。

復職まで面倒見ていただき、ありがとうございました。

Y.A.さん(30代:男性)

私は転職後の職場で怒鳴る上司との関係に悩み、うつ病になりました。一睡もできない日があったり、職場に向かう駅で嘔吐を繰り返したり、動悸や立ち眩みに悩まされたり、だんだんと悪化していく自分の身体と心にとにかく翻弄されていました。

当時は職場の方々へ迷惑をかけてしまうことや、新婚の妻やその家族に心配をかけてしまうことに対してひどく焦りや恐怖を感じていました。病状が悪化してついに休職に追い込まれた際は早く元の通りに働かなければという焦りの気持ちと、これで上司から離れられるという安堵感を同時に感じていたことを覚えています。

しばらくは療養生活を送っていましたが、医師の紹介でリファインにて社会適応トレーニングを受けることを勧められました。職場で役立つ様々なスキルを得ることができたり、いろいろな業界の有識者を呼んでの講習会にも参加できるとの医師の話に興味を持ち、ある日実際にリファインに足を運ぶことになりました。体験入所をしてみて、ここなら何か掴めるものがあるかもしれないと感じたので本入所することを決断しました。

リファインの特色として、①メンタルダウンの根本原因の理解、②実践型トレーニング、③豊富な知識を持つ専門家による各種のカウンセリングが挙げられると思います。私の場合は怒鳴る上司がメンタルダウンの直接的な原因であると思っていましたが、実はそれは表面的なトリガーに過ぎず、他に根本的な原因が存在することにリファインのプログラムの中で気付くことができました。具体的には、なぜこれまでの人生で人から責められことが苦しく感じていたのか、なぜ人と話すことに対して不安を感じていたのか、なぜ常に孤独感を感じていたのか、なぜ自分だけがこんなにだらしのない人間だと感じていたのか等々がわかりました。

この根本原因に対しての対策を実践型トレーニングを通して身に着けていきました。私は実践を繰り返す中で再発防止だけではなく、リワークに通っているにもかかわらずむしろスキルアップできたのではないかと感じています。

またサポート面でもお世話になりました。私は復職か転職かを決断する際に人材ビジネスのプロとのカウンセリングを不安が無くなるまで受けることができたので悔いのない意思決定ができました。会社を退職したり、無職になる期間の各種手続きについても手厚くサポートを受けることができ安心してトレーニングに集中できました。
こうしてリファインでトレーニングを受ける中で私は自己肯定感が上がり、対人スキルやビジネススキルが身に着き、チームビルディングに自信を持ち、明るい未来を思い描けるようになりました。毎日をより良く生きるための術を手に入れました。つらい時期を共に過ごした仲間のビジネスパーソン達との絆を得ることができました。身の回りの世界は変わらないはずなのに自分が成長して視野が変わることで景色が美しく見えるようになりました。
以上を踏まえ、今の私には再発しない自信があります。もしもコンディションが悪化してきても立て直すだけのしなやかさがあります。あの時うつ病になって、あの時リファインに入所すると決めて、私は幸運だったと感じています。

1 2 3 4 5 6 28